トイプードルの爪切りは大変?適切な爪の長さや切り方を解説!

犬の爪は猫と違い、研ぐ事はないため定期的にカットしなければなりません。爪が伸びすぎると肉球に刺さったり、歩きづらくなったり怪我やストレスの原因にもなってしまいます。今回はトイプードルの適切な爪の長さや切り方を紹介します。

トイプードルの爪切りの手順は?

普段から運動や散歩が好きな犬の場合はコンクリートや地面によって爪が自然にすり減りますが、運動量が少なかったり、室内飼育している事が多いトイプードルは爪切りが必要になります。

爪の伸びすぎによって起こる怪我を防ぐためにも歩く際のフローリングの音の変化や、コミュニケーションを取る際に肉球の状態や爪の長さも見ておきましょう。

まずはトイプードルの爪切りの手順について紹介します。

脇の下でトイプードルの身体を挟んで固定した状態で、後足の爪から切り始めます。狼爪は高い位置にあるので忘れずに切りましょう。この際に前足から切らない理由は恐怖を感じてしまいやすいので、後足から爪切りを行い前足に移る事を推奨しています。

爪を切るのは数回に分けて角を切るようにして行い、血管の手前で止めます。切った後はヤスリで尖った部分が無いように仕上げをします。

前足が仕上がり終わったら、ご褒美をあげて喜ばせてください。爪切りを良い事と認識させてあげると次に行う際にお手入れがスムーズになります。

トイプードルの爪切りの際に気をつけるべきこととは?

爪切りの際には血管の位置を確認する事の他にも気をつけなければならない事があります。爪切りを始める前から嫌がってしまうとお手入れが難しくなるので、身体に触られる事に慣れるのも必要です。

爪が長くなると神経も先端に広がってしまうので切りすぎは厳禁です。深爪してしまった時のために止血剤も用意しておきましょう。

爪の長さに決まった数字はありませんが、フローリングに「カシャカシャ」と爪の当たる音がしたら爪を切る必要があります。適切な爪の長さの場合は肉球が爪より先にフローリングに当たるので、爪の当たるような引っ掻く音は鳴りません。

ここでは爪切りの際に気をつけるべきことについて説明します。

身体に触れられることに慣れるためにはハンドリングが必要

長時間身体に触られる事が不安だったり、負担だと感じさせないためには子犬の頃からのハンドリングが必要になります。

生後4~13週齢頃に社会化期と呼ばれる時期に、1日あたり5〜15分程時間をかけて身体の各部位に触ってトレーニングをしてください。ハンドリングを行なう事で爪切りだけではなく、ブラッシング、シャンプーなどに対する抵抗を軽減する事ができます。

電動ヤスリは爪切りになれていない犬にとってモーター音と嫌なものと結びつける事があるので、クリッカートレーニング(クリック音とご褒美を結びつけるトレーニング)で色々な音に慣れさせるとお手入れが楽になります。

ハンドリングやクリッカートレーニングなどは犬にとって飼い主が何をしているのか理解出来ないので、ご褒美を忘れずに与える事で良い事をしてると結びつける事が出来ます。

どうしても爪切りができない場合は動物病院に任せましょう

爪切り初心者や爪切りが苦手なトイプードルの飼い主は専門家に任せてアドバイスをもらいましょう。

愛犬が暴れている状態で無理に行う事は爪切りがやりにくくなるだけではなく、信頼関係にも影響が出てしまうことになり生活に影響が出る事が考えられます。

トイプードルの爪切りの頻度はどれくらいが適切?

爪を切る頻度は個体差がありますが、月に1回を目安に行なってください。爪を長いまま放置してしまうと、爪の先端に神経が伸びてしまい切る際に出血や痛みの原因になります。

また、ストレスを感じて爪を噛んでしまうと爪が剥がれやすくなってしまうので、痛んでいたら爪を早めに切り、ストレスの原因を調べて負担を減らしてあげてください。

月に1回の定期的な爪切りの他にも日頃の健康状態や爪が欠けていないかなどのチェックが必要です。

トイプードルの爪切りはいつ頃からはじめるべき?

爪切りを始めるタイミングに決まった時期はありませんが、室内で飼育するトイプードルの子犬は爪が伸びやすく、ワクチン接種後の1週間は散歩をさせられない日が続きます。

子犬の爪は柔らかく先端が鋭い事から、元気に動き回っていると絨毯やカーペットに引っかかって爪が剥がれる事もあります。生後1〜2ヶ月以降は運動量も少しずつ増えて来るので、爪の長さには注意が必要です。

身体に触られる事を慣れるためにはハンドリングを行い、肉球を触りながら爪の長さを確認しましょう。

トイプードルの爪切りを動物病院でやってもらえるの?

自宅で愛犬が爪を切らせてくれない時や、自分で爪を切る事が心配な飼い主は動物病院で任せる方法もおすすめです。爪切りの料金の相場は500〜1000円程で安価に済ませられる事ができます。

また、場所によっては診察料に爪切りの料金が含まれている場合もあり無料でお願いできる動物病院もあります。

爪切り自体は高額になる心配はないので、定期的な健康診断やワクチン接種などのタイミングで爪切りをお願いすると、動物病院に何回も足を運ぶ手間が省けます。

室内で過ごす事が多いトイプードルには爪切りが必要です

犬の爪は散歩をする事で自然にすり減りますが、怪我や病気などで散歩が出来ない時期は飼い主が爪の管理をする必要があります。

トイプードルは運動を好みますが、爪が伸びすぎていると根元から折れたり剥がれてしまい、傷口から雑菌の侵入を許してしまいます。このような怪我を未然に防ぐためにも自分で爪を切る練習をするか、動物病院でお願いするかを先に対策を考えておきましょう。

日頃からコミュニケーションを取ったり、フローリングを歩く際の爪の音などの変化に気付く事も健康を守るために必要です。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA