犬の爪切りで暴れないように上手くしつける方法とは

犬のトイレトレーニングで犯しがちなミス!あなたは大丈夫??

犬の爪切りは欠かせない日常のケアになります。室内犬だと1~2ヶ月に一回は必要なケアです。こちらも子犬のうちから、しつけてあげましょう。

犬の爪切りは欠かせない日常のケアになります。室内犬だと1~2ヶ月に一回は必要なケアです。こちらも子犬のうちから、しつけてあげましょう。

爪切りの道具に慣らす

初めはいきなり爪を切るのではなく、爪切りの道具を爪に当てたりして、道具が怖いものではないと教えてあげます。
嫌がったり逃げたりしなければ、よく褒めてあげます。

少しずつ切ってみる

道具に慣れてきたら、一本だけ切ってみます。
犬は、足を触られるのが苦手です。特に前足をいやがるので、後ろ足から切ってみます。一本切れたら、ご褒美をあげて痛くないんだよ。嫌な事ではないよ。と教えてあげます。

失敗しても冷静に

爪切りを失敗してしまっても、どうしよう!血が出ちゃった!等、騒いではいけません。
そうすると、犬は余計に怖いことをされた、大変なことが起きたと思い、そこから爪切りが怖くなってしまいます。
落ち着いて、何事もなかったかのように止血剤で出血を止めてあげます。

爪切りのしつけは、なるべく出血の失敗をしないことです。子犬のうちは長すぎてもいいので、あまり短く切ろうとしない方がいいです。
お店での爪切りはお金がかかりますし、おうちで出来ると犬にとっても安心です。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬のトイレトレーニングで犯しがちなミス!あなたは大丈夫??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA