犬のトイレトレーニング第三弾

犬が、飲み込んじゃった!誤飲してはいけない危険なものとは

トイレトレーニング第三弾は、いよいよ実践編です。本、ネット等でよく見かけるのが、「犬をよく観察して、おしっこをしそうだったらトイレに連れていく。」です。しかし、これが難しい。一日中べったり犬を観察することがまずほぼ不可能です。さらに、結局どれがトイレサインなのかわからないという話も聞きます。

犬のトイレトレーニング実践編

トイレトレーニング第三弾は、いよいよ実践編です。
本、ネット等でよく見かけるのが、「犬をよく観察して、おしっこをしそうだったらトイレに連れていく。」です。
しかし、これが難しい。一日中べったり犬を観察することがまずほぼ不可能です。
さらに、結局どれがトイレサインなのかわからないという話も聞きます。

寝起き・食後・運動後を狙ったトイレのしつけ方法

犬がトイレをするタイミングで多いのが、寝起き・食後・運動後です。これを利用します。
朝起きたらまずはトイレスポットに連れて行きます。オシッコが出るまで外には出しません。
切なく鳴いても心を鬼にしましょう。どうしてもダメだったら、朝ごはんをあげてもう一度チャレンジ。
犬は見られていると緊張してしまうので、トイレスポットに入れたら、見ないふりを続けてください。
上手に出来たときは、沢山褒めてあげてください。朝、晩これを繰り返します。
慣れてきたかなと思ったら、トイレスポットのドアを開けてみてください。それでもトイレを中でできたらほぼ合格です。
外に出ておしっこしてしまう場合は、閉じ込める方法を繰り返してください。
トイレスポットでするようになったら、最終的に一枚分になるまで、敷き詰めていたトイレシートを少しずつ減らしていきます。
トイレトレーニングは根気よくイライラしない!これが大切なポイントですね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬が、飲み込んじゃった!誤飲してはいけない危険なものとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA