犬の方がリーダーになっていない?許してはいけない行動とは

犬の方がリーダーになっていない?許してはいけない行動とは

犬は上下関係を非常に重視する動物です。犬は飼い主さんと自分が、どちらが優位な立場であることを判断しています。
犬が飼い主さんよりも優位だと考えていることもあります。犬が飼い主さんより優位な立場であると判断してしまうと、飼い主さんの要望を聞き入れてくれず、お世話に手間と苦労がかかります。それでは、犬が飼い主さんより優位だと判断したとき、犬はどのような行動をとるのでしょうか。

犬にとって上下関係はとても重要なことです。
犬が飼い主さんよりも優位だと考えていることもあります。下位の者に、どのような行動をとるのか、知っておきましょう。

犬が自分の方が優位だと思っている行動

飼い主に飛びついたり吠えたりする

犬の思い通りにさせてはいけません。落ち着かせて、指示をきちんと聞けるようにします。

無視したり、いうことを聞かない

 

散歩中に前を歩き、リードを引っ張る

犬は、上位の者が先頭を歩きます。

ごはんやおもちゃを取ろうとすると怒る

普段から、食事中に食器に触れたり、途中でマテをかけたり、しつけておきます。

飼い主にマウンティングする

マウンティングは、上下関係を決めるためにも行われることがあります。許してはいけません。

こういった、家族に対しての攻撃行動は、若い雄犬に多く見られます。接し方を、もう一度見直してあげましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬の方がリーダーになっていない?許してはいけない行動とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA