”おすわり”をしつけたい!犬のおすわりのしつけ方を教えて

”おすわり”をしつけたい!犬のおすわりのしつけ方を教えて

犬のしつけの中で最初に教えて覚えて欲しいのが、「おすわり」です。このおすわりのコマンドを覚えていればいろいろ便利ですが、なかなか覚えてくれないで苦労をすることもあります。今回はそんな悩みを解消するためのおすわりのしつけ方法をご紹介します。

なぜおすわりをしつけ必要があるの?

そもそも犬におすわりのしつけは本当に必要なのでしょうか?答えはもちろん必要です。まず最初におすわりのしつけが必要な理由を見ていきましょう。

突発的に動いたりすることを落ち着かせるため

犬におすわりを教えることが必要な本能的に動いたり突然走り回ったりして、犬自身も自分で止めることができません。このような行動を止めなければ思わぬ事故につながります。

このようなことを防止するためにおすわりをきちんとしつけると、犬が行動をする前に一旦停止して、犬自身も精神的な落ち着きを取り戻すことができる体制なのです。

犬が散歩時や遊ぶときにリラックスできるため

おすわりは、興奮した状況の時に指示を出すと良いことは説明しましたが、お散歩の時や遊びをする前に指示を出すと犬はよりリラックスした状態になります。また、おすわりの指示を出すことにより、飼い主自身に集中することができるので、犬にとっても飼い主にとってもより一層お散歩や遊びが楽しいものになります。

おすわりのしつけ方を教えて!

では次に、おすわりができるようになるしつけ方を見ていきましょう。

その前に、おすわりを覚えることはトレーニングの一環でもあります。できなくて叱ったりすると「トレーニングは怖いもの」と犬は認識してしまい、いつまでも覚えることができません。

まず飼い主がしつけそのものを楽しみ、そして犬がしつけをできた時に思い切り褒めてあげることによって、「トレーニングは楽しいもの」と犬は認識します。

また、おすわりのしつけの際には、ご褒美として犬にとってのおやつをあげると効果的です。特にお腹が空いている時におやつを使ってしつけを行い、難易度に合わせておやつの種類を変えてみるとよいでしょう。

おすわりのしつけ方

① おやつを持ち、犬に匂いをかがせたり舐めさせたりして興味を引きつけます
② 引きつけたら、「おすわり」と言って、おやつを少しずつ犬の頭上に移動をさせます。
③ 犬の鼻先は上を向き、自然と腰が落ちるように誘導をします。
④ 犬のお尻が地面についたらすぐに褒めておやつを与えます。

上記を繰り返し、おやつを食べ終わっても動かなくなるまで繰り返し練習をします。

おすわりをうまく覚えてくれない・・何が原因?

おやつを使って何度もおすわりを教えているけどうまく覚えてくれない場合、一体どんな原因があるのでしょうか。

犬のテンションが下がった時にしつけをしている

犬が眠い時や気分が乗らない時にしつけを行っていることが原因として考えられます。
しつけをする時期はだいたい生後3ヶ月以降からですが、子犬の時は集中力が5分から
10分ほどしか続きません。

もし何度もしつけをしても覚えない場合はご飯を食べる前の5分間だけやってみるなどの工夫をしてみましょう。

まとめ

今回は犬のおすわりのしつけ方法についてをご紹介しました。座ることは自然の動作なので、難しくはありませんが、「おすわり=座ること」をしっかりと覚えさせるようにしましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


”おすわり”をしつけたい!犬のおすわりのしつけ方を教えて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA