【ショック、、】犬に布団におしっこをされた、、もうされたくない

【ショック、、】犬に布団におしっこをされた、、もうされたくない

犬が、布団におしっこしてしまった!ということは、ありますか?
すぐ気がつけばいいですが、時間がたって、下の布団全部にまで染み込んでいたりしたら、片付けも大変です。お留守番中に、カーペットやクッション、マットなどでしてしまう癖がついてしまっても大変です。
こちらでは、布団でおしっこをしていまう原因や、おしっこをさせないためのしつけ方を紹介します。

なぜ布団でするの?

飼い主さんの対応

前回、布団でおしっこをしてしまったとき、「あー!ダメダメ!」など、大きな声を出したり、騒いだりしてしまいませんでしたか?
犬は、おしっこをしたおかげて飼い主さんが自分に注目してくれた、自分を構ってくれた。と学習してしまいます。
そのため、犬は、また構って欲しくて、わざと布団でおしっこをするようになります。

トイレが汚れている

犬は、綺麗なトイレでおしっこやうんちをしたがります。おしっこで汚れているトイレに入りたくありません。
トイレが汚れている場合、シーツの上のような柔らかい感触の布団やカーペットでおしっこをしてしまうことがあります。
神経質な犬であれば、少量のおしっこでしか汚れていなくても、その状態のトイレには入りません。
どれくらいの汚れで、もう汚れているからここではしないと認識するかは、犬によって差がありますし、トイレの広さでも変わってきます。

 

布団で粗相をさせないために

冷静に落ち着いて対応する

もし、おしっこをしてしまったら、怒ったりせず、冷静に片付けます。
怒ってしまうと、犬は、「おしっこをすること自体が、いけない事なの?」と思ってしまい、限界まで我慢するようになってしまったり、余計に隠れておしっこをしたりするようになります。
特に、トイレをした瞬間ではなく、時間が経ってから叱るのは、全く意味がありません。
犬は、自分の行動から時間が経ってしまうと何を叱られているのか理解できないのです。

トイレはいつも清潔に

トイレは、汚れたらすぐに取り替えてあげましょう。綺麗なトイレは気持ちがいいですよね。
犬も同じです。
シーツだけでなく、トイレについたおしっこも、時間が経つと黄色く固まってしまい不衛生です。汚いトイレは膀胱炎などの原因にもなりますし、定期的に洗ってあげましょう。

布団も綺麗に洗う

犬は、自分のおしっこの臭いが残っているところをトイレだと認識してしまいます。
臭いが残っていると、またそこでおしっこをしてしまいます。
ですから、布団に粗相をしてしまった時は、綺麗に洗い、臭いを消してあげましょう。

トイレが成功したら褒める

トイレのトレーニングは、失敗した時には怒ってはいけませんが、出来た時にたくさん褒めてあげると、とても効果があります。
犬が、うまくトイレでおしっこやうんちが出来た時に、大袈裟なくらいよく褒めてあげましょう。

たくさん構ってあげる
トイレ以外の場所での粗相は、飼い主さんに構って欲しいからしている場合もあります。
そんな寂しい思いをさせないように、日頃からよく遊んであげましょう。

本当に粗相なのか?

 

犬がお布団でおしっこをしてしまうようになったら、1つ考えておかなければいけないのが、泌尿器系の疾患の心配です。
膀胱炎や、尿路結石など泌尿器系の疾患になると、頻尿の症状が出て、トイレまでおしっこを我慢することができずに、トイレ以外の場所で漏らしてしまっている可能性もあります。
急におしっこを漏らすようになったり、何度もおしっこをしたりするようであれば、泌尿器系の疾患を疑います。動物病院へ行き、尿検査や診察をしてもらいましょう。

布団でのおしっこが、くせになってしまっては大変です。トイレでのおしっことうんちが確実にできるようにしつけてあげましょう。

【ショック、、】犬に布団におしっこをされた、、もうされたくない