犬に寝床をしつけよう!自由気ままな犬でも大丈夫な3つのコツ

犬に寝床をしつけよう!自由気ままな犬でも大丈夫な3つのコツ

飼い主さんと同じベッドや布団で寝る習慣にしてしまうと、何かあって入院したり、ペットホテルに預けることがあった場合、ケージに入れられると1人で眠れなくなってしまいます。ほかにも、一緒に眠ることでデメリットもあります。これからは犬に寝床でねさせるしつけのコツをご紹介します。

犬に寝床をしつけよう!自由気ままな犬でも大丈夫な3つのコツ

同じ布団で寝てはいけない

飼い主さんと同じベッドや布団で寝る習慣にしてしまうと、何かあって入院したり、ペットホテルに預けることがあった場合、ケージに入れられると1人で眠れなくなってしまいます。
眠れないだけなら、まだ良いのですが、夜中から朝にかけて、ずっと鳴き続けてしまう子もいます。
そうなってしまうと、次回から、ペットホテルを断られてしまい、どこにも預けられなくなってしまいますし、鳴き続けていると体温も上がり続け、体にもよくありません。

しつけやすい寝床の場所は

家の中の寝床の場所を決めるときに注意しなければいけないことは、トイレから離れた場所に作ってあげるということです。
犬は、綺麗な場所で寝たいので、トイレの近くは、おしっこの臭いもするので、そんなところでは寝たくないのです。

ハウスのしつけと共に

ハウスを寝床にすると、ハウスのトレーニングにもなりますし、ハウス=安心する場所=寝床になります。初めはケージの中にベッドや布団を入れ、トレーニングしていくとしつけがしやすいです。

一晩でも一緒に寝てしまうと、いままでの苦労が水の泡になってしまうこともあります。
かわいそうと思っても、一緒に寝てはいけません。
入院やペットホテルのときに、1人でも眠れるように、別々の寝床でしつけてあげましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬に寝床をしつけよう!自由気ままな犬でも大丈夫な3つのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA