犬のしつけっていつからやればいい?しつけの時期と方法を教えて!!

犬のしつけっていつからやればいい?しつけの時期と方法を教えて!!

犬のしつけをしたいと思っても、「どうやっていいの?」「何をしたらちゃんとわかってくれるの?」と疑問に思うことってありますよね?大切だからこそ知りたい、効果的なしつけの時期や、しつけができると犬との関係性はどう変わるのかなどを、徹底解説します。

犬のしつけっていつからやればいいの?

犬のしつけを始めるのは、お家に迎えてすぐに始めることをおすすめします。しつけを始める時期が早ければ早いほど身に付くのが早いので、今すぐはじめましょう。

もし里親で迎えた犬などで、年齢をある程度重ねてしまった犬でも、しつけることは可能です。

そしてしつけを始めるうえで、飼い主さんの心の準備も大切です。犬がかわいそうと思ってしまうと効果がありません。犬は頭がいいので、飼い主さんの気持ちを読み、「今悲しい顔したら、言うこと聞いてくれる」と思います。

どんなことがあっても、犬の気持ちに同情しない!と強い気持ちを持つことがポイントです。

犬のしつけってなんで重要なの?

しつけが必要なのはわかるけれど、どうしてしつけが重要なのか疑問ですよね?しつけをすることで、人間社会で一緒に生活していくルールを身につけることができるので、問題行動を起こしにくくなります。

犬の問題行動ってなに?

問題行動とは、来客が来ると吠える、無駄吠えをする、人に噛みつくなど、ご近所トラブルになる可能性がある行動です。犬の吠える声がうるさいとクレームが入って、気まずい思いをすることもあります。

しつけをすることで、これらの問題行動を起こしにくくすることができるので、正しいしつけで犬に人間社会のルールを身につけさせる必要があるわけです。

犬のしつけ、何をすればいい?

犬のしつけは具体的に何をしたらいいのか解説します。飼い主さんがしつけで悩む問題を挙げていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

吠え癖がある場合

インターホンに吠えてしまう、外の車の音に吠えるなど、犬が吠えてしまう場面はとても多いです。昼間ならまだしも、夜に吠えてしまうと、吠えた声が響いて「近所迷惑になっていないかな?」と焦りますよね。

吠え癖のある犬の場合は、「天罰方式」でしつけをします。天罰方式とは、吠えると嫌なことが起きると犬に覚えさせることです。嫌なことがおきる行動はしなくなるので、効果があるしつけ方法です。

準備するものは空のペットボトルとビー玉10個です。ビー玉は100均に売っているので、すぐに手に入ります。空のペットボトルにビー玉を入れて蓋をして、道具は完成です。

犬が吠えたら、飼い主さんが見えない状態にして、ペットボトルを犬に投げます。そうすると、大きな音がしてびっくりして、何が起こったのか分からないパニック状態になるのです。

そうすると、「吠える=怖いことが起きる」方程式が犬の中でできあがります。1回で吠え癖が治るのは難しいので、根気よく同じことを繰り返します。そうすると、ビー玉の音を聞くだけでビクッとします。

ここまでくると、他のしつけにも応用できるので、よりしつけがしやすくなります。ぜひ試してみてくださいね。

犬のしつけをしたら楽しいわんこライフが送れる?

犬のしつけをしたら、飼い主と犬の上下関係がしっかり完成するので、いい子な犬になって楽しいわんこライフを送ることができます。問題行動ばかりでは、安心して生活することができません。

しつけは飼い主さんと一緒に暮らすうえで大切なことです。人間と生活するルールを身につけることで、犬も安心して生活ができるので、しつけをすることは、飼い主さんと犬の関係をよりよくしてくれますよ。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬のしつけっていつからやればいい?しつけの時期と方法を教えて!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA