正しくやってる?犬のエサの催促をしつける3つの方法

正しくやってる?犬のエサの催促をしつける3つの方法

犬がお腹が空いた時や、ドライフードをお皿に入れる音を聞いた時など、犬が催促していませんか?
犬のごはんの催促はどんな行動なのか、ごはんの催促は何故いけないのか、それをどのようにして、やめさせるのかを紹介します。

どんな催促があるか

大きな声で吠える
こちらは1番困る催促かもしれません。
ごはんを与えるまで吠え続けられては困ります。とくに、ビーグルやダックスフンドなど、声の大きい犬種は近所迷惑にもなりますし、こちらは必ずやめさせたいでしょう。

ジャンプして飛びついてくる
こちらも、「早く早く」という催促の行動になります。そのまますぐに与えてしまうと、ジャンプすればもらえると思ってしまいます。
ジャンプし続けるのは、犬の足腰にも負担がかかります。
お皿の前で、飼い主さんを見つめて待っている
こちらは、大人しくて可愛いのですが、これもごはんちょうだいの、催促になります。

 

催促は何故いけないの?

吠えたり、飛びついたりは、いけない事だと分かりますが、の大人しく待っている犬にも、すぐにごはんを与えてはいけません。
待っている姿が可愛く見えても、犬にとっては、飼い主さんへの指示です。
犬の「ごはんちょうだい」の命令に、飼い主さんが、従った。と学習します。
このように、毎日のご飯の時間が犬主導の生活になってしまうと、犬は家族の中で自分がリーダーであると、考えてしまいます。
このようなことが積み重なると、アルファーシンドロームという、犬が家族のリーダーになったつもりになってしまうという事が起こります。
飼い主さんの言うことを聞かなくなったり、威嚇したり咬むようになっては大変です。
ごはんのタイミングは、必ず飼い主さんの都合で決めましょう。

 

どうやってしつける?

吠える場合は無視

吠えたり、飛びついてくる場合は、とことん無視します。
長い時間吠え続けて、根負けして与えてしまうと、ひたすら吠えていれば貰えると学習してしまいます。
必ず吠えるのをやめ大人しくなってから与えましょう。吠えずに大人しくしていれば、貰えると学習し、吠えなくなります。
ジャンプし続けるのは、足腰によくないので、あまりにもジャンプし続けている場合は、別の部屋にいなくなるか、マテをさせて静かにさせましょう。

 

毎日同じ時間に与えない
毎日同じ時間に与えていると、「そろそろごはんの時間だ」と犬も覚えてしまい、催促するようになります。規則正しくするのも大切ですが、催促がひどい子には、こちらの方法も試してみましょう。

フセやマテをさせてから
オスワリや、フセ、マテをさせて、辛抱させてから与えます。犬の都合では、ごはんは貰えないということを教えます。
マテからヨシの時間も、数分かけたり、我慢をよくさせます。
きちんとマテのできる子は、ごはんの前でマテをさせて、飼い主さんが別の部屋に行ってしまったとしても、マテをし続けることができます。
ごはんの時間の度に、リーダーは飼い主さんであると、必ず認識させてあげます。

ごはん以外の時間も
日頃から、フセやマテをさせて、落ち着いていることが多くなるようにしてあげます。
ストレスが溜まっている場合もありますので、たくさん運動をさせて、たくさん遊んで構ってあげましょう。
精神的に落ち着いていれば、吠え続けたり、ジャンプして飛び続けたりも、少なくなっていくでしょう。

 

毎日ごはんの度に、吠えられたりしては、飼い主さんも大変です。ご飯の催促だけに限らず、「はやく散歩に行こう」「はやく遊んでよ」などの催促にも、すぐに従ってはいけません。日頃から、指示を出すのは飼い主さんからにします。
飼い主さんとの信頼関係を深めるためにも、リーダーは飼い主さんだと、しっかりとしつけてあげましょう。

正しくやってる?犬のエサの催促をしつける3つの方法