犬のオシャレ お洋服を作ってみよう

トイプードルの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

犬も十犬十色。同じ犬種でもサイズも違うし顔つきも違います。
「お洋服を着せたいけど、サイズが無い。」「家の子のイメージに合った服が無い。」など飼い主の悩みは尽きません。
そこで我が家では愛犬のお洋服を手づくりしています。
愛犬の手づくり服の本が売っているので、それを参考に作っていますが最初は失敗しました…。
そこで本に載っていないコツを筆者の失敗からご紹介したいと思います。
1 素材選び
これは断然コットンをおすすめします。通気性も良く、洗っても伸び縮みが少ない、そして縫いやすい。
伸縮性の高いジャージー素材は動きやすく、オススメと本書いていたのですが、その伸縮性により縫いにくい。
これは筆者が無器用なだけかもしれませんが、お裁縫初心者にジャージー素材はオススメしません。
コットンの良いところははぎれが安価でたくさん売っているところです。はぎれ同士を組み合わせて、個性的なデザインを作れます。

2 採寸
採寸は嫌がる犬が多いです。またはメジャーで遊びたがります。おやつまたはオモチャで気を引いて素早く採寸しましょう。
採寸は正確さよりゆとりが合った方が合うお洋服が作れます。長毛種の子は毛を押し潰さないように、毛の分のゆとりを持って採寸しましょう。

3 型紙を作る

これが一番大変です。本の型紙通り作っても、合わない事があります。採寸を参考に家の子に合うサイズを作るのが難しい…。
そこで着なくなったお洋服をパーツ事にバラバラにして体に当てて、採寸したサイズを参考にして型紙を作りました。
愛犬の成長も感じられて、世界で一つの型紙が出来ます。

4 裁断して縫う

これは本の指示通りに。アイロンをかけて折り目をつけるところは丁寧にアイロンをかけると仕上がりが全然違います。また、まち針等は最後の最後まで刺さってないか確認。生地と違う色のまち針を使うとわかりやすいです。

5 試着させて様子を見る

愛犬が動きにくくないか?。愛犬が痒がっていないか?。どこかに引っ掛かる危険はないか?。など愛犬の様子を注意深く見守って下さい。
気になるところが合ったら脱がせて改良出来るのが手づくり服の利点です。

作るとなるとちょっと敷居が高いかもしれませんが、愛犬にぴったりの世界で一つのお洋服はきっと愛情世界一。
みなさんも世界一の愛情で愛犬をオシャレさせてはいかがですか。

トイプードルの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて