ウェルシュコーギー・ペンブロークの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

ウェルシュコーギー・ペンブロークの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

大きな耳に、フリフリの桃尻が特徴的なウェルシュコーギー・ペンブロークは、長年人気のある犬種です。
そんなコーギーの歴史や特徴、かかりやすい病気などをお話しします。

大きな耳に、フリフリの桃尻が特徴的なウェルシュコーギー・ペンブロークは、長年人気のある犬種です。
そんなコーギーの歴史や特徴、かかりやすい病気などをお話しします。

ウェルシュコーギー・ペンブロークは、昔から牧畜犬として農家で働いていて、11世紀の本にはすでにこの種類の犬が描かれていたそうです。
ウェルシュコーギー・ペンブロークは、牧畜犬として、とても仕事が出来て、牛だけではなく、馬や羊なども誘導していました。
その後、ウェルシュコーギー・ペンブロークが、初めてドックショーに出たことがきっかけで、本格的に繁殖が始まりました。

コーギーは、長い胴体と短い足が特徴的です。ウェルシュコーギー・ペンブロークも、がっしりとした体で、力強い歩き方をします。
しっぽは生まれた時に、断尾されて短くなっていますが、コーギーの中には生まれつきしっぽのない子もいます。
日本では、断尾が禁止されていませんが、法律で断尾が禁止されている国もあります。
日本では、しっぽが短いウェルシュコーギー・ペンブロークがほとんどですが、国によっては、しっぽの長いウェルシュコーギー・ペンブロークばかりの国もあるのです。

コーギーの被毛はダブルコートで二重構造になっていて、密に被毛が生えています。
換毛期のコーギーは、ものすごい量の毛が抜けますので、それを理解して飼わなければいけません。

ウェルシュコーギー・ペンブロークの性格

好奇心旺盛でやんちゃ、賢くて飼い主に忠実です。
人を喜ばせることが大好きで、社交的です。
好奇心旺盛なので、イタズラをしてしまうことも多くあります。

ウェルシュコーギー・ペンブロークのかかりやすい病気

①てんかん

脳の異常が原因で、突然倒れてしまい、四肢が硬直して、発作が起こります。
失禁してしまったり、泡を吹いてしまうこともあります。
発作を起こしたワンちゃんの多くは、発作が終わると元の状態に戻り、歩き出します。
発作が起きたてしまった場合は、周りのものを避けて、ワンちゃんがぶつからないようにしてあげます。
発作を起こすと、舌を噛んで出血してしまったり、ぶつかって怪我をしてしまうこともあります。
発作がいつ、何分くらい続いたかを記録し、出来れば
動画を撮影し、動物病院で獣医師にみてもらいましょう。

②股関節形成不全

股関節形成不全は遺伝的なものが多く、カルシウムの過剰摂取や、体重増加が原因と言われています。
股関節の発育不全をおこしたり、大腿骨が変形してしまいます。
歩く時に腰が左右に振れたり、歩幅が小さくなってしまいます。
多くは両側の股関節とも発症して、うまく座ることが出来なかったり、うさぎ跳びのように走る、階段の昇り降りを嫌がる、などの症状がみられます。
重症になると、元の位置に戻らなくなり、股関節脱臼をおこしてしまいます。

③椎間板ヘルニア

コーギーは、足が短く胴が長く、腰に負担がかかりやすい体型をしています。
椎間板ヘルニアは、急に首や背中、腰などを痛がってしまい、動かなくなったり、抱き上げるときにキャンと鳴いたり、背中を丸めて震えたりします。
痛みがひどい場合は、食欲もなくなってしまうこともあります。
椎間板ヘルニアになると、強い痛みがあるので、早急に動物病院へ連れて行ってあげましょう。
症状が重い場合、排尿排便障害や、下半身麻痺になってしまうこともあります。

④進行性網膜萎縮症

進行性網膜萎縮症は、網膜の細胞が萎縮して、最後には失明してしまう先天性の病気です。
はじめは、暗い場所で、見えにくくなくなります。壁や物にぶつかるようになったりしたら、動物病院で検査を受けましょう。
ワンちゃんは、失明してしまったとしても、嗅覚や聴覚が優れているので、家の中では不便なく、生活出来ることが多いです。
障害物をなくして、部屋の模様替えをしなければ、ワンちゃんはきちんと覚えていて、失明しても生活出来ます。

ウェルシュコーギー・ペンブロークの気をつけること

①熱中症に気をつける

コーギーは、足が短く、アスファルトから体までの距離が近く、照り返しに注意が必要です。
熱中症になると、命を落としてしまうこともあります。
夏の暑い日の散歩は、朝早い時間や、夕方の涼しい時間帯に連れて言ってあげましょう。

②子犬の頃から甘噛みを許さない

コーギーは、噛み癖がおこりやすい犬種です。癖にならないように、子犬のころから、甘噛みを許してはいけません。
思いっきり噛んでもいいおもちゃを与えて、ストレス発散させてあげます。
人や、他のワンちゃんを怪我させてしまってはいけないので、しっかりとしつけましょう。

ウェルシュコーギー・ペンブロークの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA