トイプードルは一人暮らしでも飼える?

トイプードルは一人暮らしでも飼える?

愛くるしい姿で人気となっている犬種、トイプードル。家族に迎えたいと思う方も多いと思います。一人暮らしで飼いたいと考えている方はお留守番ができるのか気になるところですね。飼うときに必要な物、初期費用など気になる点について説明します。

トイプードルは一人暮らしでも飼える?向いている犬種とは?

一人暮らしの場合、必須となってくるのがお留守番ですよね。仕事に行っている間など長い時間のお留守番が必要になってきます。トイプードルはお留守番に向いているのでしょうか?

犬種によって性格の違いがあるようです。トイプードルはどんな性格をしているのかというと、温厚で優しい性格のようです。とても賢く飼い主の言う事をよく聞いてくれる子が多いです。優しくて寂しがり屋な一面も…。

お留守番に向く犬種として紹介されている事が多いのが、トイプードル、シーズー、チワワです。性格としては飼い主に忠実という事が共通点です。

チワワに留守番は平気?一人暮らしで飼う時の限度は1泊?12時間?

2019年1月7日
お留守番は、犬にとっては最初は不安だったり寂しかったりするでしょう。飼い主さんへの思いから訓練して、きちんとお留守番のできる子になっていく為には、飼い主さんへの忠誠心が大事なポイントとなってきます。

おすすめ犬種に含まれている、トイプードルは一人暮らしでも飼えると考えてよいでしょう。犬種としての性格だけではなく、その子自身の性格もあるのでしっかりしたしつけと訓練が必要となりますね。

トイプードルを飼う時に毎日必要なお世話とは?

トイプードルは抜け毛も少なく、とても飼いやすい犬種と言えます。

ですが、毎日のブラッシングは必要です。毎日、ブラッシングをしてあげることで皮膚のトラブルなどにも気付くことができます。スキンシップの一環としてブラッシングをしてあげましょう。

また、食事は決まった時間に与える事が理想です。主従関係を理解してもらう為にも飼い主さんの食事が済んでから与えるのがおすすめですが、生活スタイルなどで決めていけば良いと思います。

健康状態をしっかり把握するために、外出の際に食事を置いて出かけるなどという事はせずに食事を出したら、食べ終わるのを確認して食器を下げましょう。また、与えてから20分ほど置いても食べない時は下げましょう。

トイプードルは運動も得意な犬種です。室内飼育向けの犬なので、適度な運動をさせる為にも、毎日のお散歩は必要です。1日2回、15分から30分のお散歩ができるといいですね。

仔犬のうちは少しずつお散歩に慣らしていきましょう。距離や時間も少しずつ伸ばしていけば大丈夫です。生後半年くらいまでは体も完全ではないので、激しい運動は避けてあげてください。

また、必要な予防接種前に他の犬と接触することは、病気をもらってしまう危険があるので、最初は抱っこで外の空気を感じさせてあげる抱っこお散歩がおすすめです。

お散歩の際にはリードを付けて、持ち物は500mlなどの小さなペットボトルにお水を入れたものと、ナイロン袋(スーパーなどの袋でも)とティッシュなどを持って出かけましょう。

折りたためるフードボウルなどを持って行くと、途中でお水を与える事もできます。また、お散歩の途中でおしっこをしたらペットボトルのお水で流しましょう。うんちをしたときには、ナイロン袋に入れて持ち帰ります。

一人暮らしでトイプードルを飼う注意点を解説!

一人暮らしのおうちにトイプードルを迎えようと思ったら、まずはお部屋のチェックをしましょう。犬の目の届くところに、危険なものはありませんか?

仔犬は好奇心旺盛です。噛んでしまうと危険な電気コードや壊されてしまうと困るものを片付けたりガードするなどしましょう。

また、月齢によっては食事の回数が多かったりなど、長時間のお留守番が無理な子もいます。家族に迎えたい子が決まっているならば、ペットショップやブリーダーさんとスケジュールを相談しましょう。

お留守番の際に、どのように過ごしてもらうのかも決めておきましょう。例えば、部屋の中を自由にさせてお留守番をさせても安全なのか?キッチンなどは食べ物のゴミなどもあるので、留守中には入れない方が良いですね。

安全に過ごせるか不安がある場合はケージ(サークル)を用意することをおすすめします。長い時間を過ごす場所になるので、サイズはなるべく大き目の物を用意してあげてください。

お部屋の設置場所にもよるので、置ける範囲でかまいませんが、トイレとベッドが入れられると安心して過ごせると思います。

トイプードルを飼う初期費用、必要なものとは?ケージは買うべき?

初期費用についてご説明します。ここではトイプードルの購入費用は別にします。ペットショップやブリーダーさんなど、仔犬を迎えるルートはそれぞれですが、現在トイプードルの価格は15~30万と価格差もあります。

購入するお店によって違ってしまうので、初期費用からは除外して、飼育に必要な事にかかる分として初期費用をご紹介したいと思います。

最初に必要になる医療費

仔犬を家族に迎えたら、必要になってくるのが『狂犬病の予防接種』です。生後90日以上の犬に法令で義務付けられています。これは獣医さんで接種可能です。費用は約3,000円です。

注射を受けると証明書を出してもらえるので、市役所や保健所で『畜犬登録』を行います。登録費用は地域によって異なるようですが、3,000円前後のようです。予防接種は毎年必要ですが、登録は1度のみです。

混合ワクチン(任意)も接種が必要です。可愛い子犬を病気から守るために受ける予防接種で5種などの混合ワクチンです。生後1ヶ月頃に1回目、そこから1ヶ月程度の間隔をおいて2回目、3回目の接種を行います。

獣医さんによっては2回目だけで終了する場合もあるようです。迎える子が何回目までのワクチン接種がすんでいるのか、迎える前に確認しましょう。このワクチンは1回の費用が5,000円から10,000円です。

このように、最初にかかる医療費は約20,000円~25,000円です。接種を受ける獣医さんによっても変わってくるので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

最初のワクチン接種の際に健康診断を受ける人もいるようですが、ペットショップなどによっては健康診断を済ませて引き渡しをしてくれるところもあります。

予防接種などに行くことで近所の獣医さんを知る事ができますし、これから体調が悪い時にお世話になる獣医さんとのお付き合いスタートになりますね。

用意するグッズ類

必要最低限のグッズを購入して約25,000円必要になると思います。

  • フードボウル(エサ入れ、水飲み)
  • サークル、ケージ
  • トイレ、トイレシーツ
  • ブラシなどお手入れ用品
  • 犬用ベッド
  • リード、首輪など

金額はあくまで目安です。ネットなどで安いものもあれば、こだわって高額なものを選んだりすると金額が変わってきます。

この他に、仔犬の慣れているフードや、おもちゃなどを購入すると初期費用の総額は犬の購入費とは別に、50,000円~60,000円、必要になります。

飼い主に何かあった時はどうする?

一人暮らしをしていると、一番心配なのが、自分に何かあったときですよね。急に家に帰れない状況になったとき、犬の事をお願いできる人はいますか?

賃貸物件にお住いの場合は、管理会社などに事前にお願いしておきます。管理会社は部屋の鍵を持っています。

自分に何かあった時の事を考えて、友人に犬の事をお願いしていたとして、自分が部屋の鍵を渡せる状況ではなかった場合に、部屋の鍵を開けて欲しいことを管理会社に伝えておくと、対応してくれる場合もあります。

預け先として、ペットホテルや獣医さんなどの情報も事前に把握しておくと安心ですね。

家族でも友人でも、預け先に送り届けてもらえるだけでも助かるので、お願いしておきましょう。

留守番が可能な時間の長さとは?

お留守番については初めから長時間できる子はいないでしょう。少しずつ練習して長くしていく必要があります。

お留番のしつけで大切な事

お留守番や生活スタイルを仔犬に教えていく為に大切な事があります。可愛いとついつい見過ごしてしまいがちですが、しっかりしつける事は愛犬の幸せを守る事でもあります。。

甘やかし過ぎない

仔犬は可愛くて、ついつい構ってあげたくなってしまいますよね。でも、甘えん坊に育ててしまうと飼い主さんへの依存度が高くなり、お留守番の寂しさが増します。適度な距離感を保ちましょう。

もちろん、可愛がって構いません。ただ、少し放って置く時間も必要です。ひとりで遊べる時間も持ちましょう。

お留守番は怖くないと感じてもらう

家にいる時間にサークルなどに入れて、自分の姿が見えない時間を作りましょう。それで不安にならないように、飼い主さんが見えない事に慣らします。

お留守番を好きになってもらう

サークルに一人でいるときにだけ、あげるおもちゃなどを用意します。サークルで一人で遊べる時だけ貰える…お留守番は悪くないと感じてもらいましょう。

飼い主さんは必ず帰ってくると教える

短い時間から練習して、帰ってくるを繰り返すことで、留守をしていても戻ってくるという事を覚えてもらいます。不安が減ればお留守番への恐怖も減るでしょう。

『行ってくるね』は言わない

可愛いと思うと、つい声をかけてあげたくなりますが、これからお留守番だって思う事で寂しくて騒いでしまう事も…さりげなくスーッと消えましょう。

訓練は少しずつ

大切な事に気をつけながら、少しずつ時間を延ばしていきましょう。最初は同じ部屋にいない。次は玄関の外へ…と距離も少しずつ進めてみてください。

その時に、飼い主の不在に気付いて吠えたり鳴いたりしていないかチェックします。練習する際にはご近所に慣れるまでご迷惑をおかけすることを予めご挨拶しておくと温かく見守ってもらえるかもしれませんね。

飼い主さんの命令はきちんと聞ける子にしつける事と、お留守番を特別な事と犬が感じずに夢中で遊んだり、お昼寝してる間に飼い主さんが帰ってきたと気付く形でお留守番スタートできる事が望ましいです。

最初の訓練さえ、進めてしまえば、お留守番は当たり前にできるようになります。頑張ってくださいね。

共働きでトイプードルは飼える?

一人暮らしで飼えるとお話したトイプードル、同じようにお留守番をクリアできれば共働きのご家庭でも家族として迎える事はできますね。

ご夫婦で飼う際に気を付ける事は、犬への接し方やしつけのルールを予め、良く話し合って決めておく事です。お互いが違う事をしてしまうと犬が混乱してしまいます。

してはいけない事、褒めてあげる事など、しっかり話し合って決めておきましょう。お子さんがいる場合にはお子さんにも伝えておきます。

そして、これは一人暮らしの場合も共通ですが、家族に迎えてすぐは、毎日してあげられない事はしないというのが大切です。

暮らしに馴染んでいく段階の時に、普段はお留守番で寂しいからとついつい休みの日にかまってあげ過ぎてしまうと、いない日のひとりぼっちの寂しさを強く感じてしまう事になります。

甘えて飼い主さんに依存しすぎるようになると、お留守番が苦痛となり難しい物になってしまいます。気をつけましょうね。

トイプードルは一人暮らしや共働き家庭で飼える犬種

飼い主に忠実で人が大好きな性格のトイプードルは一人暮らしや共働きのご家庭でも飼う事が可能であると言えるでしょう。

健康管理やしつけをしっかりすれば、貴方の留守をしっかり守って帰りを待ってくれる可愛い存在となってくれるはずです。

トイプードルの平均寿命は15~16歳とも言われています。フードや医療の発展で犬の寿命は長くなってきました。

これから長く過ごす時間を幸せに過ごすためにも、最初のしつけは大切です。

お留守番はかわいそうな事ではなく、生活スタイルと捉えて、飼い主さんも過度な反応をせず、家族となった犬にも受け入れてもらえるといいですね。

帰宅した時には、たくさん褒めてあげてください。お留守番をしていた先には大好きな飼い主さんの笑顔といい子いい子が待っていると知った子は、それを楽しみに待っていてくれると思います。

1歳のトイプードルのしつけの仕方は?適切な運動量やトイレ回数は?

1歳のトイプードルのしつけの仕方は?適切な運動量やトイレ回数は?

2019年2月26日
10ヶ月目のトイプードルのしつけ方は?適切なエサの量や運動量は?

10ヶ月目のトイプードルのしつけ方は?適切なエサの量や運動量は?

2019年2月17日

生後7ヶ月のトイプードルの適正体重や食事量とは?反抗期にも注意?

2019年1月30日
犬のマダニの予防ってしてる?マダニに咬まれるとどうなるの?

9ヶ月目のトイプードルのしつけ方とは?適切なエサの量や運動量は?

2019年1月8日

当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


トイプードルは一人暮らしでも飼える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA