チワワにスイカは大丈夫?リスクはある?

チワワにスイカは大丈夫?リスクはある?

夏が旬のスイカは水分が多く甘みのある食材です。糖分があるため肥満の心配があるかもしれませんが、チワワにとっては適量を与える事で健康に役立つ食材になります。今回はチワワにスイカを与えても大丈夫なのか?リスクはあるのかの疑問を解決していきます。

チワワはスイカを食べても大丈夫?

水分ばかりと思われがちのスイカですが栄養が豊富で抗酸化作用や水分補給には最適です。

スイカは甘みがあるためチワワにとって嗜好性があり、食べ過ぎには注意しなければなりませんが、適量を摂取する事によって体にとても良い効果があります。

瓜科の植物であるスイカは稀にアレルギー反応がある事もあるため、最初は少量を与えて様子を見ましょう。

アレルギー症状は身体の痒み、下痢や嘔吐、フケ、湿疹などでこれらの症状が現れたら与えるのは避けて誤食にも注意してください。

チワワの皮膚病の症状?かさぶた、臭さ、フケがサイン?

チワワの皮膚病の症状?かさぶた、臭さ、フケがサイン?

2019年2月28日
ヨーグルトはチワワの下痢、便秘に効く?子犬はどう?

ヨーグルトはチワワの下痢、便秘に効く?子犬はどう?

2019年1月13日

そもそもスイカの成分とは?

健康に良いとされているスイカは多くの栄養を含んでいる果物です。

チワワの健康に役立つ栄養素が揃っていますが、栄養のバランスが崩れて体調不良の原因につながってしまうため過剰摂取は避けなければなりません。

ここではチワワの身体に役立つスイカの主な成分と役割を説明します。

水分

スイカ全体の90%が水分であるため、夏場の熱中症対策にはぴったりです。

チワワの暑さ対策や健康管理法をご紹介!一緒に夏を乗り越えよう!

2018年12月26日
水分が少なくなると体外に老廃物を排出できなくなり腎臓に負担をかけたり、体温の調節や膀胱炎等の症状が表れる事もあります。

特に水分補給が少なくなる老犬はこういった症状に悩まされるため、積極的に水分を摂取しなければなりません。

ビタミンAとβカロチン

スイカ100gあたりにはビタミンAとβカロチンが含まれています。

主なビタミンAの役割は抗酸化作用で皮膚の健康や目の機能の維持を保つ役割を担います。

犬はβカロチンをビタミンAに変換する事が出来るため、スイカを摂取する事で足りなくなったビタミンAを補給する事が出来ます。

ビタミンC

ビタミンCは犬の体内で合成できる栄養の1つですが、加齢に伴って合成される量は少なくなっていきます。

ビタミンCの主な役割は免疫力の向上、抗酸化作用、コラーゲンの生成によって関節や歯の病気を予防する効果もあります。

また、酸化ストレスによって発生する白内障の予防にも役立ちます。

特に7歳以上のシニア期に入ったチワワがビタミンCを摂取する事で老化を遅らせて健康を維持する事が出来るため、積極的に与えましょう。

カリウム

カリウムにはナトリウムを体外に排出する効果があり、高血圧の予防やむくみの改善に効果がある栄養です。

適量であれば健康に役立ちますが、過剰摂取してしまうと高カリウム血症によって腎臓病の原因になる恐れがあります。

スイカ100gあたりに含まれているカリウムの量は120mgで体重3kgのチワワが1日に必要な摂取量は396mgです。

ドッグフードにもカリウムが含まれているため、スイカを摂取する事でカリウムの摂取量を超えてしまう事もあるため注意が必要です。

リコピン

リコピンは強い抗酸化成分でビタミンEの100倍以上、βカロチンの2倍以上と言われています。

活性酸素を抑える効果があるため、老化の進行を遅らせ悪性腫瘍(癌)の予防にも役に立つためスイカを適量摂取する事で効果を得る事が出来ます。

シトルリン

シトルリンは瓜科の植物に含まれている成分で血流の促進や利尿効果を得られます。

犬の体内で必須アミノ酸のアルギニンに生成される事で体内のアンモニアを尿素として排出できるため、健康の維持には欠かせません。

シトルリンはスイカの可食部分と皮の白い部分に多く含まれています。

スイカのチワワへの効用とは?

栄養が豊富なスイカは水分補給だけではなく様々な効果を与えてくれる果物です。

特に水分補給が少ない老犬にはスイカは豊富な栄養と水分を摂取出来るため、健康の維持には欠かせない食材になります。

ここではスイカを摂取する事でチワワの身体にどんな効用があるのかを説明していきます。

利尿作用によるデトックス

水分が多いスイカは体内で足りなくなった水分を補給することによって、腎臓で濾過した老廃物を体外に排出します。

過剰な塩分をカリウムが排出してくれるため、高血圧や便秘の改善の効果を得る事が出来ます。

チワワの便秘を解消する食べ物、マッサージとは?

チワワの便秘を解消する食べ物、マッサージとは?

2018年12月22日
また、体内のアンモニアを尿素として排出するシトルリンはアルギニンの生成にも重要な役割を持ち腎臓の負担を軽減します。

腸内の水分量が増える事で便秘の改善になりますが、水分の過剰摂取をしてしまうと下痢になってしまうので適量を心掛けましょう。

免疫力の向上

豊富なビタミンを含んでいるスイカは体内の代謝を促進して免疫力を高める事が出来ます。

強い抗酸化作用があるリコピンには癌の予防にも役立つため、アンチエイジングや病気の予防には欠かせない成分になります。

老化を遅らせる事で体内の機能を健康に維持する事が出来るため、チワワの皮膚や被毛の艶を維持する事が出来ます。

チワワにスイカをあげる時の量はどれくらい?皮や種は大丈夫?

スイカは健康に良い果物ですが、与える際には摂取量や可食部分には注意が必要です。

また、水分が多いスイカは夏バテの防止には効果的ですが、与え過ぎてしまうと主食のドッグフードの摂取量が減ってしまい、体力を減らしてしまう原因になるため量をあらかじめ知っておく事が肝心です。

チワワにおやつを与えてもいいの?時期や量、回数は?

2019年1月10日
ここではスイカを与える際にどの部分を与えて良いのか、皮や種は食べても大丈夫なのかを説明します。

可食部分

スイカの果肉の部分には水分と甘みがあるためチワワは好んで食べる傾向があります。

しかし、与えすぎは水分の影響で下痢になりやすく体温を下げ過ぎてしまうので注意しなければなりません。

1日に摂取する量は犬の体重1kgあたり132mgで、3kgのチワワであれば396mgまでに抑えましょう。

糖分が多い部分は好んで食べますが、慣れてしまうと甘い部分しか食べなくなってしまうため、出来るだけ避けて皮に近い可食部分を与えてください。

皮と果肉の間にあるシトルリンが多く含まれているため与えたい部分ですが、甘みが少ないため赤い果肉部分よりも食べてくれません。

食べてはいけない部分

種や皮などのチワワの消化に適していない部分は腸に詰まりやすいため、便秘や腸閉塞の原因になる事があります。

特に体格の小さいチワワに硬い皮や多くの種を飲み込んでしまうと他の犬よりも詰まりやすくなってしまいます。

また、スイカに執着してしまった場合はゴミ箱の中のスイカの皮を誤食してしまう恐れがあるため、必ず手の届かない場所へ捨てる事を忘れてはいけません。

チワワにスイカをあげる時の注意点、リスクとは?

健康に良いスイカですが、与え過ぎは体調不良の原因にもなります。

スイカの栄養には水分やカリウムといった体内の老廃物や過剰な塩分を排出する効果がありますが、過剰摂取によってこれらがチワワの身体に害を与える事もあります。

ここではスイカを与え過ぎた場合にチワワに起こる症状や、飼い主が与える前にすべき事を解説します。

下痢

スイカは全体の90%が水分です。食べ過ぎによって水分を取り過ぎてしまうと下痢になります。糖分はチワワに嗜好性がある魅力的な食材として認識させるため、過剰摂取は避けましょう。

種は少量であれば便と一緒に排出されますが、取り除かないまま与え続けてしまうと体内で種が蓄積して便秘や腸閉塞の原因になるため、必ず取り除いてください。

高カリウム血症

スイカに100gあたりに含まれるカリウムは120mgで1日に3kgのチワワが摂取量する量の396mgは超えることはありませんが、ドッグフードや他のおやつにもカリウムが含まれている事を考慮しなければいけません。

高カリウム血症になることによって、体内のカリウムが腎不全を引き起こし麻痺、吐き気、不整脈などの症状を引き起こし、重症になると尿毒症によって命に関わってしまいます。

腎臓の機能は1度損傷してしまうと修復が出来ないため、病院で治療を受けて進行を遅らせなければなりません。

与える時の注意点

冷やしたスイカは体温を下げるため人は好んで食べますが、体格の小さなチワワには冷えすぎるため、体調を崩してしまったり、下痢になってしまいます。

常温に近い温度にするために薄くスライスしてから与えてください。

また、糖度の高いスイカの場合は肥満になる事も配慮して中心から離れた可食部分を与えましょう。

チワワが食べていい果物とは?

夏場限定のスイカですが、チワワの健康に役立つ果物は多く存在します。

中にはブドウやイチジクなどの危険な果物もあり、誤食してしまうと体調不良や病気の原因にもなってしまいます。

スイカ以外にチワワの身体に良い果物を知り、健康に配慮した果物のおやつを与える事でチワワを喜ばせてあげましょう。

リンゴ、梨

リンゴや梨は食物繊維と水分を多く含む果物で甘みがあり、腸内環境の改善の手助けをします。

皮の部分はチワワには食べずらいので剥いた後にすり下ろすか、薄くスライスして食べやすく加工してください。

市販で販売されているリンゴジュースの場合は糖分が加えられている事があるため、濃縮還元の物を与えずにストレートを選び、原材料を確認してから与えましょう。

中央の周辺の芯の部分は栄養が多い部分ですが、チワワの消化には良くないので与えないようにしましょう。また、種には有害なシアン化合物が含まれているため、必ず取り除いてから与えてください。

チワワにりんごを与えても大丈夫?適切な量や注意点は?

2019年1月22日

チワワに梨を与えても大丈夫?適切な量や注意点は?

2018年12月20日

みかん

冬が旬のみかんはビタミンC、クエン酸、カリウムなどを含む甘く食べやすい食べ物でチワワが好んで食べる果物です。

冬の水分摂取が少なくなる時期にはみかんを与える事で水分補給をする事が出来ますが、糖度が高い場合は肥満になるため過剰摂取は厳禁です。

皮や種の部分には毒性が含まれていませんが、消化に悪いので必ず皮を剥いてから与えてください。

同じ柑橘類ですが、レモンやグレープフルーツの場合ソラレンという毒性の物質が含まれているため与えるのは避けましょう。

チワワにみかんは大丈夫?皮はどう?

チワワにみかんは大丈夫?皮はどう?

2019年2月2日

バナナ

バナナは繊維質でカリウム、ビタミンB群、マグネシウムなどの栄養を含んだ果物で柔らかく甘みがあるため、犬が積極的に食べる傾向がある果物です。

健康に良いバナナですが、カロリーが100gで84kcalと高く与えすぎは肥満につながるため、3kgのチワワであれば1日の摂取量は15gが適量になります。

注意する点はバナナ100gにはカリウムが360mgも含まれているので、与え過ぎてしまうと腎臓に負担をかけてしまいます。

与える際はチワワが飲み込みやすいように小さくカットしたものを与えてください。皮は消化出来ないので剥いてから与えましょう。

チワワにバナナを与えても大丈夫?適切な量や皮の誤飲の危険性は?

2019年1月31日

チワワにスイカを与える時は適量を!

スイカは夏バテ防止に役立ち水分や栄養を同時に摂取出来る優秀な食材ですが、食べ過ぎは身体に悪いため厳禁です。

スイカを好んで食べるチワワはゴミ箱に捨てた皮や種まで食べてしまい、消化不良を起こす事もあるので捨てる際にも気を配るようにしましょう。

夏が旬のスイカは他の季節になると需要が少なくなるため果物や野菜を幅広く活用していく事も重要です。

チワワの身体に合った食材を見つけて喜んで食べてもらう事は飼い主にとっても嬉しい事になりますよ!

チワワにメロンは大丈夫?アレルギーのリスクは?

チワワにメロンは大丈夫?アレルギーのリスクは?

2018年12月31日

当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


チワワにスイカは大丈夫?リスクはある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA