犬を飼う初心者が知るべき5つのポイント

犬を飼う初心者が知るべき5つのポイント

立派な飼い主になろう!

ドックラン、犬と入れるオシャレカフェ・・・今の世の中は、「犬を飼いなさい」という誘惑で溢れかえっています。さらには、ペットホテル、ペット保険等、昔よりもサポートが充実してきているため、より犬を迎え入れやすくなりました。素敵なことですね。

ところが、弊害もあるのです。以前より気軽に迎え入れられるようになったことで、残念なことに、なにも知らない飼い主が増えてしまいました。しつけの仕方云々ではありません。「飼い主としての心得」的なことです。すぐには立派な飼い主にはなれません。試行錯誤が必要です。しかしながら、最低限知っておかなければいけないこと、は存在します。
立派な飼い主になるための第一歩です。立派に踏み出してください!

知らなかったからじゃ済みません

ここでいう飼い主としての心得は、基本中の基本と言われる事柄です。犬との共同生活が長い人に聞くと、「何を当たり前のことを・・・。」と言われてしまうようなことです。しかし、「知らなかったわ~。」という人も意外と多いのです。知らなかったじゃ済まされないんですけどね・・・。

体中謎の虫刺され被害にあった友人がいます。ノミです。当然犬も被害に遭っていました。散歩に行かないので、ノミ対策をしていなかったようです。対策をしていれば、犬への被害は防げたはず・・・ものすごく痒いですし、知らなかったじゃ済まされませんね。

基本中の基本を押さえておかないと、飼い主も犬も甚大な被害を被ることになります。犬を迎える前に、「知らなければいけないこと」しっかり確認してください。

立派な飼い主になるための第5歩!

その1:食べ物
与えてはいけない食物はたくさんあります。きちんと覚えましょう。人間の食べ物は、犬にとっては塩分糖分過多です。食事をシェアするのはやめましょう。

その2:時にはクールに
毎日構いすぎると、飼い主への依存度は上がってしまいます。同じ部屋にいても時にはクールに接することで、1人でのんびり出来るコになるようです。

その3:吠えるのは飼い主の責任
吠えやすい犬種はいます。でも、しつけできちんとコントロールできます。吠えなくても大丈夫ということを教えてあげてください。

その4:粗相の始末
散歩での粗相、きちんと処理してください。未だにそのままにしている人がいておどろきます。飼い主の責任ですよ。

その5:伝染病・フィラリア・ノミ・ダニ対策
「外に出さないから大丈夫」と思っていませんか?虫は外から簡単に入り込みます。きちんと対策しましょう。

犬を迎え入れる際の基本事項ですね。立派な犬に育てるには、立派な飼い主にならなければいけません。立派になれば快適なワンワンライフが待っていますよ!

犬を飼う初心者が知るべき5つのポイント