暑い夏!ワンちゃんのサマーカットは必要?

暑い夏!ワンちゃんのサマーカットは必要?

夏の暑い日おうちのワンちゃんをサマーカットにしたいと思ったことはありませんか?
サマーカットは、ワンちゃん自身が涼しくなり、ワンちゃんの身体にとって本当にいい事ばかりなのでしょうか?
こちらでは、被毛の役割や、サマーカットのメリットやデメリットをお話しします。

 

 

●ワンちゃんのサマーカットは本当に必要なの?

 

 

長毛のワンちゃんの飼い主さんは、真夏の暑い季節にモコモコの毛を身にまとったワンちゃんを見て、暑苦しく思うでしょう。
ワンちゃんの日頃のブラッシングも大変ですし、サマーカットにしたいと言う飼い主さんもたくさんいると思います。
サマーカットにすると、かなりの量の被毛がなくなります。
被毛には、さまざまな役割があるのは知っていますか?

 

 

●ワンちゃんの被毛には、どんな役割があるの?

 

 

◎体が濡れること、乾燥からも守っている
ワンちゃんの被毛は、水を弾く性質もあり、体が濡れてしまわないように守ってくれています。

◎体温調整している
多くの被毛があることで、ワンちゃんの体のまわりには、空気の層がいつもあるのです。その層のおかげで、まわりの気温にあまり影響されずに、体温が保たれているのです。

◎直射日光や紫外線を直接浴びないように守っている
夏の暑い日差しから、被毛の厚みがあることで、体を守ってくれています。
真夏のアスファルトの照り返しからも、守ってくれています。

◎病原体や寄生虫から守っている
寄生虫が皮膚に寄生することや、病原体が体に進入することから、守っています。

ワンちゃんの被毛には、こんなにたくさんの役割があったのです。
被毛が短く、少なくなってしまうと、この役割が果たせなくなってしまいます。

 

 

●ワンちゃんをサマーカットにするメリット

 

 

①シャンプーやブラッシングの手入れが楽になる
毛がかなり短くなるので、バリカンをかけたところのブラッシングが必要なくなります。
シャンプーも早く終わりますし、ドライングも短時間で済みます。
シャンプーの時間が短縮されるので、飼い主さんの負担も軽減されます。

②抜け毛が短くなるので、部屋の掃除が楽になる
抜け毛自体が短くなるので、いままでのように、部屋に抜け毛が落ちて、何度も掃除機をかけたりする必要がなくなります。

③毛玉があまり出来なくなる
5mmや3mmのバリカンの刃で、サマーカットをした場合は、かけた部分の毛が毛玉になりにくくなります。
シーズーや、パピヨン、マルチーズなど長い毛のワンちゃんは、脇や、お腹、しっぽなどによく毛玉が出来ますが、短くすると出来にくくなります。
しっぽも、ライオンしっぽにしたり、バリカンで

④涼しく見えるし、可愛くなる
真夏に、毛むくじゃらのワンちゃんを撫でたり抱っこするのは、飼い主さんの方も暑苦しくなってしまいます。すっきり短くしたワンちゃんを抱っこしたり、見ていても暑苦しくありません。

 

 

●ワンちゃんをサマーカットにするデメリット

 

 

①体温の調整が出来なくなってしまう
少しでも涼しくしてあげようと行うサマーカットですが、被毛がなくなると同時に、ワンちゃんの体のまわりの空気の層がなくなってしまい
、うまく体温調整が出来なくなってしまうこともあります。それが原因で熱中症になってしまうこともあるのです。

②いままでと同じような毛が生えてこないことがある。
バリカンで毛を短く刈ってしまうと、いままで生えていた毛と同じ毛が生えてくるとは限りません。
毛の生え方にムラが出来てしまったり、ボサボサした毛や、ふわふわの白い毛が生えてきたりしてしまうこともあります。
サマーカットにするためにバリカンをかけてしまうと、二度と元に戻らないこともあるのです。

③バリカン負けを起こすワンちゃんもいる
サマーカットにする時には、ほぼ全身にバリカンの刃をあてて毛を刈ります。
バリカンをかけることで、バリカン負けを起こして赤くなってしまうこともあるのです。

サマーカットのメリットとデメリットを考えると、サマーカットをしたことにより、ワンちゃんが今まで以上に暑い思いをしていることもあるかもしれません。
もしも、ワンちゃんをサマーカットにした場合は、散歩の時は洋服を着せてあげる、日中は外には出さないなどの注意が必要です。
全身にバリカンをかけなくても、飾り気をすっきりハサミでカットしたり、お腹の毛を短くしてあげたりするだけでも、ワンちゃんが涼しく感じるかもしれません。

サマーカットにした後は、具合が悪くなってしまうワンちゃんもいるので、暑い時期というのもありますから、何か変わったことがないか、よく観察してあげるといいでしょう。

暑い夏!ワンちゃんのサマーカットは必要?