スタンダードダックスフントとは?ミニチュアとの違いは?

スタンダードダックスフントとは?ミニチュアとの違いは?

短足胴長で有名な犬種のダックスフントは、現在小型のミニチュアダックスフントが人気ですが、原型は中型犬クラスのスタンダードダックスフントです。ここではスタンダードダックスフントの特徴、魅力と、なぜ小型化していったのかを解説していきます。

ダックスフントはサイズ別に3種類?ミニチュアとの違いは?

ダックスフントはジャパンケネルクラブ(JKC)という、日本で純粋犬種の犬籍登録(血統登録)している国際的愛犬団体によって血統が認定されています。

2017年の血統登録数で、ダックスフントは全体の犬種中3位と絶大な人気を誇ります。またダックスフントはサイズによってスタンダード、ミニチュア、カニンヘンと3種類に分かれ、どの種も血統登録されています。

2017年のダックスフントの血統登録数25,156件中、スタンダードが57件、ミニチュアが19,345件、カニンヘンが5,754件とミニチュアダックスフントが断然トップなのです。この3種類の特徴、人気の差について解説していきます。

ミニチュアなどダックスフント各種類の違いとは?

2018年12月8日
ダックスフントのサイズ、体重、種類による違いとは?

ダックスフントのサイズ、体重、種類による違いとは?

2018年12月5日

ダックスフントの分類

ダックスフントの区分や違いは他犬種に比べ特殊であり、体長・体重で分けるというより、胸囲で分類します。

ダックスフントの種類分け

種類胸囲(生後15ヶ月目)理想体重
スタンダード35cm超え9~12kg
ミニチュア30~35cm4.5~4.8kg
カニンヘン30cm以下3.2~3.5kg

成犬になり15ヶ月目が経過して、心身ともに落ち着いたころに測定した胸囲によって種類が正式に決まります。
ブリーダーさんも、生後2~3ヶ月を経過したあたりから子犬を紹介し始めますが、1年未満の子犬を販売する上で、「父親がカニンヘン」、「ミニチュアサイズの子です」、「極小」としか記載していません。

両親のかけ合わせがカニンヘン同士なら小さい子が、スタンダード同士なら大きい子が生まれる傾向にあります。

スタンダードダックスフント

ダックスフントの中で一番大きなサイズとなります。生後15ヶ月目の胸囲が35cm越えで理想体重がミニチュアの倍の9kg前後で中型犬クラスになります。柴犬や小さなコーギー、ビーグルと同じくらいの体型になります。

ミニチュアダックスフント

ミニチュアダックスフントは、生後15ヶ月目の胸囲が30~35cm、理想体重が4.5~4.8kg巷でよく見るダックスフントのサイズで、ミニチュアピンシャーや小さいパグ、シーズー位の大きさになります。

カニンヘンダックスフント

ダックスフントの中で一番小さいサイズになります。生後15ヶ月目の胸囲が30cm以下、理想体重が3.2~3.5kgと超小型犬種で、トイプードルと同じくらいの体型になります。

ダックスフントのサイズで人気の差はあるの?

日本では住居が外国と比べて狭く、マンションで飼われることも多いです。しかしマンションで「ペット可」は多くなりましたが、「小型犬が可能」ということが多く、「中型犬以上が可能」という所はあまりありません。

ブリーダーさんもその傾向をつかんでいるのか、小さいサイズの種類を繁殖、紹介することが多いです。

そのせいか、スタンダードになりそうな大きい子犬を販売しているブリーダーさんが少なく、スタンダードダックスフントを飼いたいと言っても探すのが一苦労です。

どうしてダックスフントの体型に改良されたの?

ダックスフントはどうして短足胴長に改良されたのでしょうか。決してかわいい、飼いやすいという理由でだけではありません。ダックスフントの歴史を紐解いていきましょう。

昔ヨーロッパの貴族にとって狩猟が長けているということは、武芸やダンス、器楽が得意であることと同じくらい社交生活において必須要素とされていました。そのため、狩猟において、自分の手足となる犬の存在は不可欠でした。

狩猟対象は、穴を掘り、その中を巣とする動物、特に害獣とされていたアナグマは格好の狩猟の的でした。

アナグマの体型は足が短く体長は50~80cmで、素早く獰猛であり、穴を掘る習性のため前足の爪は長く鋭いので、それに打ち勝てる犬が必要でした。

狭い穴の巣に逃げ込んだアナグマを追いこむためにアナグマと同様短い足に、獰猛なアナグマに対し、果敢に追い詰めることができる性格に作り上げた結果がダックスフントです。

ダックスフントの基となったのは、ドイツ産のジャーマンピンシャーという足が短くない14~20kgと中型犬の体重である犬と言われています。その犬を狩猟の目的で改良しました。

スタンダードダックスフントのサイズが小型化していったのはなぜ?

狩猟の対象は、アナグマだけではなくキツネ、イタチ、ウサギまで及びます。ヨーロッパのアナグマは約12kgで、スタンダードダックスフントとほぼ同じ体型なので、ちょうどよく相対することができます。

しかしキツネ、イタチ、ウサギのような小動物となると、小回りがきき、巣穴が小さいので、スタンダードダックスフントは体格や機敏性が合わなくなってきます。よってダックスフントを小型化することになったのです。

日本では狩猟はほぼ行っておらず、愛玩犬としての需要が多く、ミニチュアやカニーヘンのような小さなサイズのダックスフントがかわいいし飼いやすいからという理由で血統登録数が伸びています。

しかし実際の小型化の理由は、狩猟の対象によってサイズを選ぶのが主目的ということがわかると思います。

スタンダードダックスフントの性格や体格は?

スタンダードダックスフントは胸囲が35cm、理想体重9~12kgと、大きさは小さいコーギーやビーグルのような体重で、中型犬に分類されています。

性格はとにかく活発、好奇心が旺盛、陽気で度胸があるので、ちょっとやそっとじゃ怖がりません。体型が小さくなればなるほどその傾向は強まるので、スタンダードダックスフントはダックスフントの中ではおとなしい方です。

昔から狩猟犬として人間に従ってきたので、自分が主人と思う飼い主とその家族に対しては忠実に付き従い、愛情を注げば注ぐほど懐きます。

ただし、狩猟犬としての訓練を受けてきた文化があるので、子犬の時からしつけをしたら人間にはきちんと従いますが、しつけを行わないと吠えたり、感情を抑制できない子になってしまいます。

ダックスフントは人間の指示はすぐ理解し行動できるので、しつけはしやすい犬種です。子犬の頃から社会性を身につけると、一生良いパートナーとなるでしょう。

また負けん気が強い一面もあり、犬の多頭飼い、他動物、飼い主やその家族以外の人間が自分のテリトリーに入ってくるのを嫌がり、威嚇をする場合があります。

他犬種、動物と共に飼う、預かる場合は相性をきちんと見極める必要があります。

スタンダードダックスフントの特徴や魅力は?

とにかく良く動きます。しつけさえすれば人間、ましてや赤ちゃんまでも大好きなので人間にきちんと寄り添ってくれます。

子犬の時は黙っていることはほぼなく、散歩に行きたがったり、飼い主が帰ってくると尻尾をぶんぶんと振りくるくると回りながらお出迎えしてくれたりします。おもちゃで遊ぶことも大好きで見ていて飽きません。

またダックスフントの中で体格が一番大きいので、散歩量も多くなります。散歩好き、一緒にジョギングするというような飼い主さんには最適です。

しつけを一番理解し従う犬種なので、しつけが苦にならないでしょう。むしろ教えていくものはどんどん覚えていくので、教える方も楽しいですし、信頼関係が深まります。

スタンダードダックスフントを飼う上での注意点は?

スタンダードダックスフントを飼う上での注意点はありますが、ポイントさえ押さえれば、寿命も長くなり、お互いを支えあう存在になるはずです。

行動力

元々狩猟犬なので、運動量はたくさん確保する必要があります。スタンダードは最低1時間確保してあげたいです。また遊びも大好きなのでおもちゃ等を使用して遊んであげましょう。

散歩や遊ぶ量が少ないとストレスになるので時々ドッグランで思いっきり走らせるのも良いでしょう。

しつけ

昔から狩猟犬としてしつけられて、人間に従ってきました。甘やかしてばかりだと、ただでさえ、体力が有り余るので、吠えたり、家のものを何でも噛んでボロボロにしたりします。

きちんとやっていいこと、駄目なことを区別させるためにも子犬の頃からきちんとしつけておきましょう。

ダックスフントが吠える原因、しつけの方法とは?

ダックスフントが吠える原因、しつけの方法とは?

2019年2月3日

ダックスフントの特性

好奇心が旺盛で運動量も多いので、リードを必ずつけるようにしましょう。興味のあるものにどんどん走っていくので、周りを見ずに自動車にぶつかったり、飼い主が追いつけないほど遠くに行き迷子になったりします。

また穴の中の動物を狩猟する特性があるので、狭いところ、穴のようなところに好んで入っていきます。狭いところに入っていって出てこれなくなったりしますので、狭いところ、穴のある所は注意が必要です。

狩猟犬なだけに吠える声が大きいので、無駄吠えさせないよう十分な運動やしつけが必要です。

体型が短足胴長であり散歩量の多いダックスフントなので、夏の炎天下の中でアスファルト道路の熱気は危険です。他犬種より熱中症になりやすいので朝晩の涼しい時を選んで散歩させましょう。

毛並みに関して、ダックスフントはダブルコートという2種類の被毛があり、外側の堅い毛は外部の刺激(紫外線、直射日光等)を遮り、内側のアンダーコートは保温効果を発揮します。

アンダーコートは季節、温度によって抜けるので、ブラッシングは必須です。また、大きく分けて3種類の毛質に分かれます。毛質によってブラッシング方法を変えてあげましょう。ブラッシングにより毛の光沢が増します。

毛質の種類特徴ブラッシング方法
ロングヘアード柔らかな長毛、抜け毛、毛玉が多い普段は埃、毛玉除去のためのブラッシング
換毛期は毛玉含めた抜け毛を除去
ワイヤーヘアードごわごわした短く堅い毛、比較的抜け毛が多い普段は埃除去のためのブラッシング
換毛期は抜け毛を除去
毛が固いのでブラッシングには堅い素材(獣毛ブラシ等)で行う
スムースヘアード滑らかで光沢のある短毛だが、被毛は詰まっている、抜け毛は比較的少ない普段は埃除去、マッサージのためのブラッシング、換毛期は抜け毛を除去
毛が短くすぐ皮膚となるので、獣毛ブラシで愛護的にブラッシング

獣毛ブラシは静電気が起きづらく、程よい刺激となるためお勧めします。ブラシの堅さは毛並みによって変化させてください。

特有の病気

ダックスフント特有の病気を紹介します。

椎間板ヘルニア

短足胴長の犬種特有で発症しやすい病気です。胴長の部分を背骨で支えるので、他犬種より負担がかかり、椎間板がすりへって変形し、背骨の中の神経を触ってしまうのでしびれや痛みが出ます。

ひどくなると足が麻痺して動かなくなったり、排尿排便障害まで出てくるので、まず肥満になることを避けましょう

糖尿病・肥満

ダックスフントは、胃腸が丈夫で食いしん坊です。おやつをたくさんあげたり、散歩量が少なかったりするとあっという間に糖尿病や肥満になってしまいます。糖尿病が悪化すると神経障害、腎障害等を併発します。

肥満になると胴長の体を支えるのに負担がかかります。スタンダードダックスフントは9~12kgと言いますが、犬の骨格、体格によって9kgちょうどでも肥満の子もいます。

目安として、BCS(ボディコンディションスコア)を参考にして、常に体型を観察しましょう。上から犬を見下ろすと、胴のくびれは無く、卵型に膨らんでいるようであれば肥満体型です。

目の病気

目の病気が多い犬種です。先天性と後天性があります。

先天性

目の病気症状・治療
進行性網膜萎縮症(PRA)視神経が萎縮する。子犬時、成犬後も発症する可能性あり
失明に陥りやすい。明らかな治療法は無し
角膜異栄養症(角膜ジストロフィー)角膜や角膜近辺に白っぽいものが出てくる。他犬種よりダックスフントは進行が早く失明に陥りやすい明らかな治療法は無し
視覚障害聴覚障害、不妊も伴うこともある。両親がダップルの場合に多い。明らかな治療法は無し

後天性

目の病気症状・治療
白内障目の水晶体が白く濁り視力が低下
緑内障眼圧が高くなり、視神経を圧迫する。見えにくい、痛みがでてくる

その他

他にも様々な病気があります。

疾患名症状・治療
甲状腺機能低下体重減少、動かなくなる、皮膚病等
甲状腺ホルモン剤の投与
膀胱結石オスに多い、血尿、頻尿(少量を頻回)、痛み
大きな結石だと手術のこともあり
外耳炎耳が垂れているので蒸れる、汚れが溜まることにより起こる
普段から耳のチェック、汚れている場合は耳掃除を行う

甲状腺機能低下については、ダックスフントは発症しやすい犬種の1つになっていますので、元気、食欲が無くなったら注意しましょう。

膀胱結石はシスチン結石と言って稀な結石ですが、ダックスフントによく見られる病気です。飲水量不足によって引き起こされることもあるので、水分は十分に摂らせましょう。

外耳炎は耳垂れ犬なので、湿気やほこりがこもりやすく耳ダニがつくこともあります。耳を掻くことが多い、耳の中が赤く炎症を起こしてるときは要注意です。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


スタンダードダックスフントとは?ミニチュアとの違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA