こんなのあったらいいな!犬も飼い主さんも満足のいくサービス!

こんなのあったらいいな!犬も飼い主さんも満足のいくサービス!

犬を家族のよう思ってお世話しているけれど、どうしても人間側の事情で、十分なお世話ができなかったり、満足のいかないことがたくさんあります。

ドッグカフェやペットも一緒に泊まれるホテルは増えつつありますが、まだまだ十分ではありません。
細々としたことでも「困ったなあ」と飼い主さんが悩むこともあります。

実際にすでに日本で徐々に実現されていっているサービスはあります。
実現されているにも関わらず、知られていないサービスもあるし、個人的にあればいいのにと思うサービスがありますから、紹介しますね。

 

【ドッグシッター】

 

家を留守にする場合、日帰りなら家に置いていくケースが多いでしょう。
家に犬を置いていくと、犬にも個々に性格がありますから、寂しがって、家具などをぐちゃぐちゃにしてしまう子もいます。

日本では、一時預かりということで預かってくれるところはありますが、環境の変化に慣れない子は、大変ストレスがたまるので、
飼い主さんの自宅に専門のシッターが来て、面倒を見るというサービスが始まっています。
もともと欧米で始まったサービスですが、日本でも徐々に増えています。

 

 

【出張個別しつけ教室】

 

しつけ教室は、動物病院やNPO団体が集団で実施していて、それなりに覚えて帰る子が多いのですが、中には環境が変わった影響で、忘れてしまう子もいます。

中には、ペットショップでは何にも問題がなかった子が、連れて帰ってきてから、しつけをしても全く覚えなくて、しつけ教室に連れて行っても覚えない子も
います。

そういう子への個別指導というものがあれば、環境に亜優されることなく、いつもの環境でしつけを受けることができるのでいいでしょう。

 

 

【里親サービス】

 

老犬ホームは浸透していますが、マンションなどへの転居で愛犬を連れていくことができずに困って入る飼い主さんは非常に多いのです。

住宅事情で飼えなくなった子を引き取る「里親サービス」をする団体が増えています
新しい飼い主さんに出会うことにもなるので、徐々に増えて来ています。

 

 

【まだまだたくさん叶えて欲しい】

 

日本の住宅事情や飼い主さんの生活の影響で、まだまだ犬が自由に気楽に生活できるという環境ではないと見ています。
今回は代表的なものを取り上げましたが、もっと増えて欲しいですね。

 

 

 

犬のヘルスケア全般の管理について、まだまだ始まったばかりですが、ハイテク化されています。

まだまだ利用地域は狭いもののどんどん広がるでしょう。

 

【ペットのヘルケアがIoTサービスになっている!】

 

ここで「IoTサービス」と出て来ましたが、いわゆる遠隔管理システムを導入することで、遠くの獣医師や専門家とネットで相談をすることや、webカメラを設置して、問題行動を起こしていないかを見守るなどを行なって、飼い主さんに
メールや専用アプリで逐一報告するというものです。

 

【フードへのこだわり、給水サービスなどこだわりが満載!】

 

遠隔管理サービスですけれども、契約時にフードの希望は聞かれますが、こだわりのフードということで、サービス利用の中に含まれて入ることが多いです。
給水は専用の給水機で決まった時間に交換がされて、いつでも新鮮なお水が飲めます。
家で問題行動を起こさないかという心配もあるでしょうから、WEBカメラを設置してもらって、スマホのメール機能や専用アプリで様子をライブ中継で見ることができます。

 

【契約している獣医師に時間を問わずに相談ができる】

 

ヘルスケアサービスの中に、必ずといっていいほどですけれども、会社が契約している獣医師とインターネットで、犬の様子をカメラで見せながら
相談することができます。
カメラ越しなので、見えにくい部分はあるかもしれませんが、飼い主さんからの心配ごとについて回答した上で、受診が必要な場合も詳しく説明をしてくれます。

 

【遠隔管理サービスにも弱点はあります】

 

ヘルスケアを遠隔管理でしてもらうというのはいいのですが、最近困ったことは、人間と同じ病気が増えていることです。

それは、メタボ・花粉症・アレルギーです。
これらは、遠隔管理のヘルスケアサービスでも管理が難しいのです。
飼い主さんが実際に動物病院へ早急に連れていって、遠隔管理ではないことで
ヘルスケアをしてあげてくださいね。

こんなのあったらいいな!犬も飼い主さんも満足のいくサービス!