犬と楽しいレジャー 海編 潮の香りを楽しむ

犬の欲求には、どんなものがあるの?本能って?

ペットとのレジャーはペットが行ける場所が限られてくるため、毎回同じような場所になって味気なく感じる飼い主さんも多いようです。

そこで今回ご提案するのは海での注意点。海が住居に近い方も、そうでない方もペットとの海の注意点を知っていつもとは違う体験をペットにさせてあげましょう。

1 海水浴シーズンは避ける

海水浴シーズンの海は夏真っ盛り。賑やかで一見最高のロケーションですが、ペットとのレジャーにはあまりおすすめしません。
当然の事ですが、真夏のビーチはペットにとって暑すぎます。
暑くなったら海に入ればいい。と思いがちですが、海に入ると細胞内の水分がぬけで脱水症状をひき起こしやすくなります。
そこに暑さが加わると脱水症状、熱中症を起こしてせっかく遊びに来たのに病院に行くような事や場合によっては死に至る事も…。
ペットの事を考えたら、涼しいオフシーズンを選ぶのがベストな選択です。
どうしても海水浴シーズンに連れ行きたい方はしっかり日陰を確保し、こまめな水分補給と体温調整を怠らないで下さい。ペットの様子をしっかり観察し、少しでもおかしいと思ったら、すぐその場を切り上げ、病院に連れていく判断を。

2 誤飲に気を付ける

これはペットのいるご家庭では日常で気を配っていると思いますが、海では特に注意が必要です。
海辺では様々な生物がいます。中には毒のある生物も…。
毒のある生物と遊んでいて知らず知らずの家に中毒になることも。海辺の生物と遊んでいたらすぐに止めさせましょう。
また、海のゴミも危険がいっぱい。流れてきたペットボトルに危険な薬品が入っていたケースもあります。空だからと言って投げて遊ぶのはやめましょう。
万が一誤飲してしまったらすぐに病院へ。誤飲した物は可能な限り現物をもって行き、吐瀉物や便も持って行きましょう。

3 海はプールではない

海はプールと違い深さが一定ではありません。泳ぎが得意な子も遠くまで行って流されてしまう危険があります。浅瀬で遊びましょう。
また、海は時間や日よって波の高さや、強さが違います。海を見て場合よっては遊ばない判断を。ライフジャケットを着用させて遊ばせて下さい。

4 釣り人のそばで遊ばせない

釣竿の動きに反応してしまう子もいます。当然、針がついていますし飲み混むと命に関わります。釣り人とのトラブルを避けるためにも、近くで遊ばせないようにしましょう。

危険に気を付けていれば、海は楽しい遊び場です。特に水遊びの好きな子にとっては最高の思い出になるでしょう。安全確認をしっかりして、楽しい海遊びを。

犬の欲求には、どんなものがあるの?本能って?