ダックスフントの人気毛色、ダップルってどんな色?寿命は?

ダックスフントの毛色の一種のダップルですが、家族に迎え入れる時の注意点や寿命について調べてみました。また、ダップルには遺伝子疾患があるのでしょうか?毛色遺伝子と危険な組み合わせについてもご説明します。

ダックスフントの人気毛色、ダップルってどんな色?

毛色の種類が多いダックスフントの中でも人気の高いダップルカラー。「dapple」とは英語で「まだら、ぶち、ぶちのある動物」という意味があります。

その名の通り、斑模様のあるダックスフントがダップルカラーです。ベースの色によって、シルバーダップル、チョコダップル、レッドダップルと呼ばれています。

ダックスフントのダップルはどのようにして誕生するのか?

ダックスフントに限らず、犬のカラーは色素細胞と毛色遺伝子によって決まります。

ダックスフントのダップルカラーは毛色遺伝子の中のマール遺伝子の作用で誕生します。マール遺伝子は柄に関する遺伝子で、斑模様を作ります。ダックスフントの遺伝の説明の時にはダップル遺伝子と呼ばれることもあります。

このマール遺伝子は「M」優性と「m」劣性があり、「M」がダップルの遺伝子です。この遺伝子の働きは部分的に毛色を脱色させます。その働きによって、斑模様となるのです。

遺伝子は両親それぞれから一つずつもらいます。組み合わせは「Mm」「MM」「mm」となります。「M」が含まれる「Mm」と「MM」はダップルに、「mm」はそのほかのカラーになります。

このような結果になるのは「M」が優性遺伝子のためです。

ダップルのダックスントは遺伝子疾患が多い?

斑模様を生み出すマール遺伝子ですが、毛色を決めるもうひとつの物質である色素細胞に働きかけます。色素細胞とはメラニン細胞の事で、毛の色だけでなく体の色々な場所で働く細胞です。

マール遺伝子は別名「半致死遺伝子」とも呼ばれていて、部分的に毛色を脱色させるような働きが内臓などの大切な部分に働いてしまうと、重大な色素欠乏となり、目や耳、内臓などに障害や疾患を持った仔犬が誕生します。

そして死産のリスクも高まります。

両親ともにダップルで、「MM」の組み合わせとなる場合をダブルダップルと呼びますが、この組み合わせで誕生する子の死産の確率が50%と言われています。

また、片方の親がダップルの場合の「Mm」であっても、死産の確率は25%と言われています。無事に誕生したとしても、色素欠乏や内臓疾患などの障害があらわれる子もいます。

このような事から、ダップルのダックスフントには遺伝子疾患が多いと言われているのです。

半致死遺伝子とは?

致死遺伝子は受精卵の段階で死んでしまうものです。組み合わせによって発生しますが、胎児として育つことなく死んでしまいます。

半致死遺伝子は、致死遺伝子のように死んでしまう事はないですが、その危険性を十分に持っている遺伝子ということです。

死産の確率以外にも、成長に影響を及ぼす内臓疾患などの異常が出る確率が約40%とされています。

人気犬種の為、個人繁殖も多いダックスフント

ダックスフントは人気犬種であるため、素人による繁殖も多いのが実情です。

犬を繁殖する時には遺伝子などの危険性を理解していないと、とても危険です。ダップルの仔犬が欲しいからとダップル同士で掛け合わせてしまう事は、ダブルダップルとなり、死産や異常が出るなどのリスクを伴います。

また、利益重視でレアカラーを誕生させたいと考えるブリーダーも、残念ながら存在します。不幸な仔犬を減らすためにも、危険な繁殖は避けなければなりません。

ダップルのダックスントを迎え入れる時の注意点とは?

ダップルのダックスフントを少しでも安全に迎えるにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?

両親のカラーを確認しましょう

ダブルダップルでないかどうかの確認として、どのような毛色の両親から生まれた子なのかを販売者に聞きましょう。血統書(血統証明書)などがある場合は見せてもらう事が必要です。

血統書には両親のみではなく、祖父や祖母など両親の血統が記されています。少しでも安全性の高い繁殖によって誕生した子なのかを確認する事ができます。

ジャパンケネルクラブでは血統証明書の見方について説明されています。

血統証明書の見かた (ジャパンケネルクラブ)

目の色を確認しましょう

目の色が異常に薄いのは色素欠乏です。ブルーアイと呼ばれる青みがかったグレーの様な瞳の色の子が存在します。

美しい色なので、好む人もいますがおすすめしません。視力が弱いなどの目の障害がある可能性があります。現在は見えていても将来、失明してしまう可能性もあります。

健康状態を確認しましょう

内臓などの疾患は残念ながら、目に見える物ではありません。仔犬は元気に見えますか?性格もありますが、あまり元気のない子はどこかに不調があるかもしれません。

信頼できる獣医師による、健康診断を希望するのも良いと思います。

販売元は信頼できますか?

個人繁殖のダップルの仔犬はおすすめしません。遺伝などの知識なく繁殖してしまった可能性が高いからです。信頼できる相手であったとしても、専門家ではありません。

ペットショップやブリーダーは、確認事項に対してしっかり返事をもらえるか、獣医師の健康診断を適切に行っているかなどが大切になってきます。

ダックスフントに精通しているブリーダーから迎えるのが良いでしょう

一番のおすすめは、やはりブリーダーからです。遺伝の危険などを十分理解して、犬の事を一番に考えているブリーダーを探しましょう。

遺伝への不安についても、ひとつひとつ丁寧に説明してくれることが大切です。

リスクに関する覚悟

仔犬を迎える際に確認できる点はすべて確認しても、成長と共に症状が現れる可能性もゼロではありません。どのような状態になっても生涯、大切に寄り添いお世話をしてあげる覚悟はできていますか?

先天的に病気になりやすい部分はあっても、普段から信頼できる動物病院を見つけておくこと、愛犬の様子を見守る事で重症化を避けられる場合が多くあります。

ダップルのダックスントの寿命ってどのくらい?

ダックスフントの寿命は12~16歳と言われていますがリスクを持って生まれてくる確率が高いダップルは平均よりも短いと言われています。

寿命については個体差がありますが、遺伝性の疾患の多いと言われるダップルは健康上のトラブルが出る可能性が高く、平均より短命と言われています。

しかし、ダップルでも長生きしている子もいます。こればかりは飼う時点では、分からないことでもあります。

長生きしてもらう為にできる事

せっかく迎えた家族となる子と、長く暮らすためにできる事をしていきましょう。

ダップルに起きやすい疾患を知っておく

内臓疾患、目や耳のトラブルなど、ダップルに起きやすいトラブルについて知っておくことは大切です。また、トラブルが起きるとどのような症状が出るのかなどを確認しておくと、いざという時に素早い対応ができます。

普段から健康チェックを習慣にしましょう。目やにが出ていないか?耳は臭わないか?元気はあるか?歯の状態など、スキンシップをしながら愛犬の様子を確認してあげるようにしてください。

何か異常が起きた時、早く気付いて適切な処置をする事が明暗を分ける事もあります。ダップルの事を良く理解して、注意深く見守ってあげてください。

信頼できる動物病院を見つけましょう

信頼できる動物病院を見つけておくのは、愛犬の健康管理に欠かせないことです。病気になったときばかりでなく、フードの相談や健康管理についても相談に乗ってくれる動物病院もあります。

ダップルに起こりやすい疾患などについての不安も、最初にしっかり伝えておくと安心ですね。

定期的に健康診断を受ける事も、健康維持に有効です。健康診断は犬の年齢によって内容も変わってきます。病気の早期発見や予兆に気付くことにも役立ちます。

シニア期を迎えたら…

平均寿命は年々延びていますが、ずっと若いまま変化なく最期を迎えるわけではありません。長く健康な状態で過ごしてもらうには、年齢にあったケアが大切になってきます。

いつからがシニア期?

ダックスフントのような小型犬は7歳頃からシニア期となります。この時期になると少しずつ老化が始まります。ダックスフントの7歳は人間の年齢に換算すると44歳、そこから1年で4歳ずつ年を取っていきます。

高齢期は11歳頃からです。11歳のダックスフントは人間の年齢で60歳です。最初は緩やかに老化しますが、12~13歳になると認知症や白内障などのトラブルが多くみられるようになります。

老化のサインを見逃さない

  • 今まで大好きだったお散歩を喜ばなくなった
  • 立ち上がることがスムーズにできなくなった
  • 物にぶつかったりつまずくようになった
  • 寝ている事が多くなった
  • 夜鳴きをしたり、ご飯の時間以外にご飯を要求するようになった
  • 水を飲む量の変化
  • 咳をしている

夜鳴きなどは、ついつい叱ってしまいそうですが、認知症を発症しているかもしれません。お散歩に行きたがらないのは、どこか痛みがあるのかも?咳は老犬性のものもあります。

物にぶつかるのは視力が低下しているからかもしれません。水を飲む量は腎臓などに異常が出ている可能性があります。

飼い主の指示を聞けなくなることもあります。それは耳が遠くなって聞こえていなかったり、認知症の症状の場合もあります。

変化を受け入れて寄り添う

細かな様子の変化を見逃さず、適切な健康管理を行う事で寿命が延びる場合もあります。老化などの変化も受け入れて、寄り添ってあげてください。必要を感じたらすぐに受診しましょう。

また、高齢期になると歯のトラブルも多くなります。日頃から愛犬の様子を細かく見ることで、自ら言葉で伝える事のできない、犬の健康状態を理解してあげてください。

高齢犬になってから起きるトラブルを減らしたり、トラブルの起きる時期を遅らせるためにも、若いうちからしっかり健康管理をして、元気に過ごせる時間を長く持てるようにしてあげたいですね。