パピヨンの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

パピヨンの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて

ちょうちょの様な耳が特徴的で、優美なパピヨンは、小型で室内犬にぴったりです。
パピヨンの特徴や、かかりやすい病気などを紹介します。

 

 

◎パピヨンってどんな犬種?

 

パピヨンの原産国は、フランスとされています。
パピヨンの先祖はスパニエルの一種で、小さいスパニエルなので、一寸法師のスパニエルと呼ばれていたそうです。
16世紀にフランスの上流社会でもてはやされていていました。イタリアのボローニャ地方でたくさん繁殖されていて、高額で売られていました。
パピヨンという名前は、耳がちょうちょの羽のように見えることからつけられました。パピヨンは、フランス語で蝶のことです。
他には、バタフライ スパニエルとも言われています。

鼻や足など体が、長かったり短かったりせず、とてもバランスのとれた標準的な体型をしています。歩くと長い毛が揺れ、気品があります。

 

⚪︎性格
とても活発で優美で気品があります。
軽快でエレガントな歩き方をします。
少しわがままな一面もあり、怒ると咬んでしまう子も中にはいます。

 

 

◎かかりやすい病気

①膝蓋骨脱臼
パピヨンだけではなく、小型犬にとても多くみられる脱臼です。
こちらの脱臼は遺伝的なものが多い、後ろ足の膝の脱臼です。子犬のころから、すでに脱臼しているパピヨンの子もいます。脱臼したまま戻らないくらい重症の場合は、手術をすることもあります。
②進行性網膜萎縮症
進行性網膜萎縮症は、先天性の目の病気です。
網膜の細胞が萎縮してしまうことで、どんどん見えにくくなり、最後には失明していましいます。犬が壁や物にぶつかるようになったり、うまくアイコンタクトがとれなくなったら、動物病院へ連れて行ってあげましょう。
犬は目が見えなくても、嗅覚や聴覚が優れているので、家の中でいままでどおり生活出来ることが多いです。
障害物をなくして、部屋の模様替えをしなければ、犬はきちんと覚えています。
③白内障
目の中の水晶体が透明ではなくなり、白く濁ってしまう病気です。こちらは、パピヨンだけに多くかかる病気ではなく、老齢の犬には比較的多くみられる病気です。
白内障は初めは視力に障害は見られませんが、程度が進めば進むほど視力が悪くなっていきます。よく見えなくなると、壁や物にぶつかるようになっていきます。
進行すると、緑内障を併発することもあります。
緑内障になると、目の中の液体が多くたまり、眼圧が高くなります。傷みも伴い、放置すると失明してしまいます。

④眼瞼内反症
人間でいう、逆さまつげのことです。下まぶたが反り返ってしまい、目にまつげが入って傷ついてしまいます。
まつげで傷つけられることにより、角膜炎や結膜炎になってしまいます。
目を前足で掻いたり、気にしてカーペットや壁に目を擦ったりしてしまいます。
重症の場合は、手術をすることがあります。
パピヨンの眼瞼内反症は、肥満が原因の場合もあります。
⑤脱毛症
長くてエレガントな被毛のパピヨンですが、脱毛症など、被毛のトラブルが起こることも多いです。
内分泌系のホルモンの異常や、アレルギーや、ストレスからなどの原因で、脱毛することがあります。

 

◎気をつけてあげること

 

 

①床は滑りにくいカーペットや絨毯に
パピヨンは、膝蓋骨脱臼になりやすいので、フローリングはとても滑りやすく危険です。滑ったことで膝蓋骨を脱臼してしまうこともあります。
フローリングのお家では、カーペットや絨毯を敷き、パピヨンが滑りにくい床にして、十分に走り回れるようにしてあげましょう。
足裏の毛が伸びすぎていても、滑りやすくなります。足裏の毛のカットも定期的にしてあげましょう。
②しつけは、甘やかさず厳しく
パピヨンは、利口で賢いので、しつけが甘いと、飼い主さんよりも自分が優位だと勘違いしてしまいます。
犬が自分のことを、家族の中のリーダーだとら思い込んでしまうと、家族の言うことを聞かなくなったり、咬んでしまったり、犬の方から命令するようになってしまいます。
一度そうなってしまうと、なかなかしつけし直すのが難しいので、小さい子犬のころから、しっかりと家族みんなで徹底して、しつけてあげましょう。

 

 

他には、パピヨンは活発なので、毎日散歩に連れ出して運動をさせてあげましょう。
長い綺麗な被毛も、毎日のブラッシングや、定期的にトリミングすることで、美しさを保つことができます。
パピヨンは室内犬ですが、フィラリアや狂犬病の予防も必要です。忘れずに、しっかりと予防してあげましょう。

パピヨンの子犬を飼いたい!特徴や性格、飼い方を教えて