飼い犬が生ゴミをあさってしまうのは何故なのか?

飼い犬が生ゴミをあさってしまうのは何故なのか?

犬にゴミ箱をあさられてしまった、という経験はありますか?習慣になってしまっては、飼い主さんにとっても、犬にとっても大変です。
こちらでは、犬がゴミをあさってしまう原因や、どうしたらそれをやめさせる事が出来るのかを紹介します。

犬にゴミ箱をあさられてしまった、という経験はありますか?習慣になってしまっては、飼い主さんにとっても、犬にとっても大変です。
こちらでは、犬がゴミをあさってしまう原因や、どうしたらそれをやめさせる事が出来るのかを紹介します。

どうしてゴミをあさるの?

犬は、穴の中の獲物を狩って食べていたので、狭い穴に顔を突っ込み、獲物を探したいという本能があります。
ゴミ箱に限らず、家具の下やカバンの中など、中に何が入っているのか気になる動物です。
ゴミ箱には、いろいろな種類のものが入っているので、さまざまな臭いがします。
なので、生ゴミの臭いを嗅ぎ、どんなものが入っているのか、何かいいものがあるかもしれないと、あさってしまうのです。

以前いいものを見つけたことがある

ゴミを以前あさったことがあり、とても美味しいものを見つけて、食べたことがある場合です。「また同じようにゴミ箱をあされば、あの美味しい食べ物が食べれるかも」と学習してしまいます。まずは、犬がゴミをいたずらする事ができない環境にしてあげることが大切です。

 

どんな危険があるか

 

不衛生

ごみ箱は汚いので、そこに頭や足を突っ込んでしまうと、犬がかなり汚れてしまいます。犬がその体で家中を歩き回るのでとても不衛生です。お留守番中ですと、帰ってきた頃にはおうちの中が大変なことになっています。

食べてはいけない食べ物

チョコレートやたまねぎ、にんにくは、犬が食べると中毒を起こす危険があります。
タイミング悪く、ゴミ箱に入っていって、食べてしまうことがあります。
他にも、犬がぶどうやレーズンを食べて腎不全を起こしたという症例もあります。ぶどうを食べてしまい腎不全で亡くなったという犬もいます。ぶどうにも、気をつけてあげましょう。

腐った食べ物

腐った生ごみを食べてしまうと、犬が食中毒などを起こし、吐いたり下痢をしたり、具合が悪くなってしまうことがあります。

食べて約1時間以内であれば、動物病院で吐かせる処置をすることができます。消化される前に、急いで吐かせてあげるのです。
時間がたってしまうと、胃から腸へ食べたものが流れてしまっているので、もう吐かせることができません。
食べたものが、何なのかをチェックして、すぐに動物病院に連絡しましょう。

食べ物ではないもの

ゴミ箱には、美味しい匂いのするものとともに、食べ物ではないものも混ざっていることがあります。
焼き鳥の串、フライドチキンの骨、食べ物が入っていたビニールや、乾燥剤、など、美味しいにおいや、食べ物のカスがついていると、食べてはいけないものも、食べ物だと思い込み、食べてしまいます。
焼き鳥の串や骨は、吐かせるときに食道などを傷つけてしまうので、吐かせることが出来ません。
状況により、全身麻酔をかけて内視鏡でとるか、お腹を開けて手術をすることになってしまいます。
もし、危険なものを食べてしまった時には、すぐに動物病院に連絡しましょう。

生ゴミのいたずらの対策は

対策としては、ゴミは犬の届かないところに捨てるということです。
ゴミ箱は蓋つきのものにし、出来るだけ背の高いものにします。2段になっているものであれば、上段に生ゴミを捨てるようにします。
ゴミを置いているスペース(キッチンに置いているならキッチン)に、高さのあるゲートを設置し、犬が絶対には入れないようにします。
それか、家の外にゴミ箱を置き、そこに捨てるようにします。

ゴミのいたずらは、おうちが汚くなり、飼い主さんの仕事が増えるだけでなく、犬の病気や、命の危険もあるということを覚えておきましょう。飼い主さんの不注意から起こる盗み食いで、亡くなってしまう事もあります。

 

大切な家族である犬を、しっかり守ってあげましょう。

飼い犬が生ゴミをあさってしまうのは何故なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA