理解している?犬を飼うのに必要なお金の話

理解している?犬を飼うのに必要なお金の話

犬との生活は素敵です。癒されます。

でも、実際はそれだけでは済みません。命を預かるわけですから、お金が掛かります。
ではおおよそいくらぐらいかかるのでしょうか。

可愛いだけじゃ暮らせない!

犬との生活は素敵です。癒されます。

でも、実際はそれだけでは済みません。命を預かるわけですから、お金が掛かります。

ブリーダー、ペットショップから譲り受ける時に、かなりの金額を払いますよね。なかには、30万円近く払うこともあります。その金額が大きすぎるせいか、迎え入れた後掛かる費用計算を忘れてしまっていないですか?大病を患わない限り、一気に数十万円支払うということはありません。

けれど、ご飯代、病院代等、諸々の費用は、積もりに積もってあっという間に高額になります。

「お金がかかる・・・こんなはずじゃなかったのに・・・」というネガティブな気持ちにならないためにも、きちんとしたシミュレーションは大切です。

結構お金がかかるんです~生活編~

日常的な出費は月いくらぐらいでしょうか?ざっくりと計算します。購入商品の値段はピンキリであり、表示した金額はあくまで目安です。

小型犬

  • 食費:3,000円
  • おやつ:1,000円
  • トイレシーツ:1,000円
  • おもちゃ等消耗品:500円
  • トリミング:10,000円

合計 15,500円

大型犬

  • 食費:6,000円
  • おやつ:2,000円
  • トイレシーツ:1,000円
  • おもちゃ等消耗品:500円
  • トリミング:10,000円

合計 19,500円

1年だと、少なくとも20万円前後はかかる計算ですね。
ちなみに、引き取り時は上記金額+での出費が生まれます。
例えば・・・

  • ハウス:7,000円
  • トイレ:2,000円
  • リード・胴輪:4,000円
  • エサ入れ・水入れ:2,000円
  • 床対策(フローリングでの室内飼いの場合):10,000円~

引き取る際は、最初は少なくとも3万円ぐらいはかかると覚悟してください。

結構お金がかかるんです~医療編~

医療費は、命を預かるには必須です。

最近ではペット保険もメジャーになってきましたが、医療にかかる費用はまだまだ高額です。

例えば、骨折は、保険に加入していても20万円前後はかかります。料金設定は病院が好きに設定していいので、はっきとした数字は出せませんが、だいたいの平均費用を紹介します。

  • ワクチン接種5種混合(1回):4,000円~6,000円
  • ワクチン接種8種混合(1回):6,000円~9,000円
  • 狂犬病:3,000円~3,500円
  • フィラリア:10,000円~12,000円
  • ノミダニ予防:12,000円
  • 去勢手術(メス):20,000円~40,000円
  • 去勢手術(オス):10,000円~20,000円

月に1度の健康診断を受ける場合、「基本は触診・体温測定等の通常診察のみで、心配がある場合だけ追加検査」というパターンが多いです。

  • 血液検査込み:診察料+5,000円~6,000円
  • 心電図込み:診察料+2,500円~3,000円

当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


理解している?犬を飼うのに必要なお金の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA