犬のリーダーウォークの利点は飼い主だけのものではなかった

犬のリーダーウォークの利点は飼い主だけのものではなかった

リーダーウォークを愛犬が覚えてくれるととっても楽ですよね。
まずリーダーウォークがわからない?リーダーウォークとは簡単に言うとリードがたゆんだ状態で散歩できている状態です。
つまり常に飼い主の横に寄り添うように愛犬が歩いてくれてる状態ですね。でもそれじゃ犬がかわいそう??そんなことはありませんよ。
今回はリーダーウォークの利点を犬の立場から考えてみたいと思います。

犬のリーダーウォークを知ってますか

リーダーウォークを愛犬が覚えてくれるととっても楽ですよね。
まずリーダーウォークがわからない?リーダーウォークとは簡単に言うとリードがたゆんだ状態で散歩できている状態です。
つまり常に飼い主の横に寄り添うように愛犬が歩いてくれてる状態ですね。でもそれじゃ犬がかわいそう??そんなことはありませんよ。
今回はリーダーウォークの利点を犬の立場から考えてみたいと思います。

リーダーウォークの仕方を知ろう

まずは、体の痛みがないこと!リードを引っ張って歩くことはそのリードがつながれている首輪やハーネスも引っ張られていることになります。
それは犬の首や脇が引っ張られていることになります。興奮していて痛みを感じてないかもしれませんが、すれて皮膚が傷ついたりしているのでやっぱり体にはよくありません。
また、引っ張ることで飼い主が転んだり怪我することも愛犬は望んでません。
引っ張った結果、リードが飼い主の手から離れ、拾い食いや車道への飛び出しなど愛犬の病気や怪我につながることもあります。
そのまま迷い犬になってしまうことも。
運動させてあげたい気持ちもわかりますが、それは飼い主さんが一緒に遊んであげたりドッグランなどで発散させてあげて、散歩はリーダーウォークで安全安心に行いましょう!


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬のリーダーウォークの利点は飼い主だけのものではなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA