知ってる?犬の種類と性格の違い

知ってる?犬の種類と性格の違い

犬の性格って大事?

「どの犬種が性格のいいコかな?」と友人に聞かれたことがあります。いいコになるかならないかは、飼い主のしつけ次第です。この犬種がオススメだということはありません。ただ、やっぱりその犬種のもつ特徴的性格は存在するような気がします。性格というよりは、ニュアンス的には「傾向」に近いですが・・・

いぬの性格が迎え入れる環境に適しているということは、快適な犬との共同生活を送る上では大切なポイントになります。
また、有効なしつけ方法も性格によって若干違います。問題行動に対しても、その原因を理解しやすいので性格を把握しておくことは大切なのではないでしょうか。

その犬のもつ傾向をしっかりと押さえ、合理的なしつけをしていくことが素敵な飼い主への近道です!

小型代表のあの子の性格は?

小型犬の代表格といえばトイ・プードル、チワワ、ダックスフンドですね。

「とにかく人間大好き!」「飼い主を喜ばせたい!」そんなコが多い、それがトイ・プードルです。フレンドリーなコが多いため、吠え癖で悩まされることが少ないようです。運動能力・学習能力も高いです。ただし、運動能力が高いので、遊ぶときは怪我に注意が必要です。

世界一の小型犬と言えば、チワワです。あの愛らしいつぶらな瞳とは裏腹に、縄張り意識も強く忠誠心も高いことから番犬としても優秀です。警戒心が高いコが多いため、吠えやすい傾向がありますが、しっかりと教えてあげれば大丈夫です。

世界一かわいい短足の持ち主といえば、ミニチュアダックスフンドです。その短足をものともしない、好奇心旺盛で活発な性格のコが多いようです。人間にもフレンドリーです。狩猟犬の名残で、吠え声が大きいという特徴があります。

無駄ぼえは性格に因るところも多いので、そこを理解して根気よくしつけをしてください。

中型・大型代表のあの子の性格は?

中型犬の代表といえば柴犬、大型犬といえばゴールデンレトリーバー、ラブラードールレトリーバーですね。

今や世界一の忠犬といっても過言ではない、それが柴犬です。警戒心・縄張り意識が強いため、番犬として優秀です。リーダーに従うという傾向が強いため、しっかりとした飼い主にならなければ、絶対的な信頼関係は得られません。吠えやすい傾向もあるので、しっかりとしたしつけが必要となります。

優秀な盲導犬の代表がラブラドールレトリーバーです。そこからもわかるように、知能が高く、従順で無駄吠えが少ないコが多いです。人の役に立つことが大好きで、飼い主や家族に対し絶対的な信頼で応えてくれます。

大型犬の代表といえばゴールデンレトリーバー!そんな方も多いのではないでしょうか。元狩猟犬というだけあって迫力のあるボディですが、温和で辛抱強いコが多いようです。家族にも絶対的な忠誠を持ち、家庭犬としても優秀です。

大型犬は立派なリーダーであることを示せれば、最も頼りになる相棒になってくれます。頑張りましょう!

知ってる?犬の種類と性格の違い