一人暮らしにおすすめ飼いやすい犬種ベスト5

知ってる?犬の種類と性格の違い

貴方が飼いたい犬は?

犬を飼おうと思っている方は犬との暮らしに夢が膨らみますよね。一緒にお散歩したり、ブラッシングしたり。どんな犬を飼おうかとペットショップなどに行くと小さくてかわいい犬がいっぱいで悩んでしまいますよね。大切な家族になる犬なので、しっかりじっくり選ぶのが大切です。どんなにかわいくて一目ぼれしたとしても、犬の犬種や性格などで貴方のお家や貴方のライフスタイルに適さない場合もあります。そこを見極めて選ばないとせっかくの犬との生活がストレスになってしまうことも。そこで今回は、人気の犬種をランキングにしました。人気なのにはわけがあるんです。ぜひ今後犬と暮らすことを検討している方は参考にしてみてください。

おすすめの飼いやすさとは?

基本的に、犬は飼い主至上主義、忠実です。みんないいコです。「この犬種は性格がいいから、同棲生活に向いてますよ。」なんてlことはありません。立派な犬になるかどうかは、飼い主次第です。

ただし、一人暮らしでも大丈夫な犬と、おすすめしない犬の違いはあります。これは、犬の違いではなく、単純に飼い主の環境の違いです。1人暮らしで犬を迎えるということは、全責任が飼い主1人にのしかかるということです。犬にとって不相応な環境で暮らす飼い主に迎え入れられるということは、犬にとっても飼い主にとっても、あまりいいこととは言えません。

「犬の性質と、生活する環境が合致しているかどうか」これが、一人暮らしにおすすめの飼いやすい犬の判断基準になります。

具体的に言うと・・・

基準1:犬のサイズ
小型・中型・大型、と大まかに分けて犬のサイズは3つです。住んでいる家の広さと、犬のサイズの合致は必須事項です。一人暮らし用ワンルームなのに、大型犬を迎え入れてしまったら・・・犬にとっては、「ちょっと歩けば棒にあたる。」です。

基準2:散歩にいける時間
一人暮らしだと、散歩に行ける時間も限られていますよね。大型犬になればなるほど必要な運動量が増えるため、必要な散歩時間も長くなります。小型犬であれば10~15分程度で十分なので、負担は軽減されますね。

基準3:毛のお手入れ
衛生上、抜け毛がそこらじゅうに落ちている環境は良くないですね。毎日の掃除が大変だという人には、抜け毛が少ない犬が相性ばっちりかもしれません。

適切な家に迎えられるということは、犬にとっても切実な願いです。自分の環境で犬を幸せに生活できるのか、じっくり考えてみてください。

一人暮らしでも幸せにしてあげられそうな犬は?

「独身用ワンルームマンション」という基準から、相性の良さそうな犬種を紹介します。

・トイプードル
抜け毛が少ない小型犬の代表格です。警察犬に合格するなど賢さも高さも折り紙つきで、しつけもしやすいようです。

・シーズー
ブラッシングの必要はありますが、抜け毛は少な目です。中国の宮廷で優雅に生活をしていた犬種なので、散歩が少なくてものんびり家で過ごせるようです。

・チワワ
小型犬の中でも、群を抜いて小さい犬種がチワワです。部屋が狭くてもちょろちょろ動き回ることができるため、運動不足になりにくいです。

・ダックスフンド
猟犬の性質を色濃く継いでいるため、学習能力が早くしつけがしやすいようです。

・ヨークシャーテリア
番犬としての資質を持つ、賢い犬です。抜け毛が少なく、運動量も多くないので飼い主への負担も少ないです。

緊急で病院へ連れていくという時も、1人で抱っこして運べる大きさじゃないと困ります。部屋の広さ、一日の運動量等を考慮しても、圧倒的に小型犬がオススメですね。

一人暮らしでも飼いやすい犬種は?

まず第1位はやっぱりトイプードル!
かわいいだけでなく、学習能力が高く、しつけもしやすい傾向にあります。性格は温厚で人懐っこい個が多いので、初めて犬を飼う方、家族がいる方でも飼いやすい傾向にあります。更に抜け毛が少なく、臭いも少なく、体長も50cm程しか成長しないので一人暮らしの方でも飼いやすいといえます。
ただ、人気の為、購入金額は高い傾向にあります。更に、頻繁にトリミングなどしてあげる必要があります。

2位は、シーズー!
おとなしく、人懐っこい性格の子が多いのが特徴です。コミュニケーション能力も高い傾向にありますので、犬といっぱい触れ合いたい人にお勧めです。たくさん運動させる必要がないので、散歩も楽です。大きさは、30cm程にしか成長しません。無駄吠えが少なく、体臭も少ないので室内で飼われる方に人気の犬種といえます。老化や肥満が原因となる気管虚脱という病気にかかりやすい特徴がありますので、老年期には注意が必要ですし、肥満にならないように注意してあげましょう。

3位はマルチーズ!
従順でしつけもしやすい賢い犬種といえるマルチーズは体長も30cmと小さく、一人暮らしの室内で飼うにも飼いやすいサイズです。

4位はヨークシャテリア!
抜け毛が少なく、運動量も少なくて済むのでマンションやアパートでも飼育ができますが、警戒心が強く活発な性格の傾向がありますので、吠える子が多いです。吠えることに対してのしつけをしっかりする必要がありますね。

5位はハピヨン!
大きな耳が特徴のパピヨンは、抜け毛と臭いが少ないのが特徴です。賢く、人懐っこい従順なタイプの傾向がありますので、飼いやすいといえます。活発なタイプの子が多いので、きちんとしつけをしてあげる必要がある場合もあります。

知ってる?犬の種類と性格の違い