ダックスフントの珍しいミックス犬とは?失敗することもあるの?

ダックスフントの珍しいミックス犬とは?失敗することもあるの?

両親ともに犬種がはっきりしている仔犬がミックス犬と呼ばれ人気を集め繁殖も盛んにおこなわれています。ダックスフントのミックス犬はどんな種類がいるのか特徴などを調べてみました。また珍しいミックス犬や失敗例などについてもご説明します。

ダックスフントのミックス犬の種類は?珍しいミックス犬って?

ダックスフントのミックス犬にはどんな種類があるのでしょうか?人気のある犬種同士のミックスは別名ハーフ犬などと呼ばれています。

両親のいいところを受け継ぎ、飼いやすいと人気があるようです。

マルックス

マルックスと呼ばれるミックス犬はミニチュアダックスフントとマルチーズを両親に持つミックス犬です。

耳はダックスフント寄りで垂れ耳の子が多く、顔はマルチーズよりで長い毛に覆われています。足は個体差があるようですが、ダックスフントに似て短い子もいるようです。

毛質はマルチーズのシングルコートを受け継ぎ、長毛です。抜け毛は少ないのですが、日々のブラッシングはとても大切です。

性格はマルチーズの穏やかなおっとりした感じとダックスフントの遊び好きな面が共存しています。甘えん坊な子が多いようです。

マルックスの成犬時のサイズは4kg前後と小さめです。ダックスフントではミニチュアサイズより少し小さめなサイズと言えます。

チワックス

チワックスはミニチュアダックスフントとチワワを両親に持つミックス犬です。

超小型犬のチワワとミニチュアダックスフントのミックス犬なので、サイズは小さめで成犬になっても4kg以内と言われていますが、両親のサイズによって違ってきたりと個体差はあります。

チワワのクリクリした目、小さなサイズとダックスフントの長めの胴と短い足を引き継ぐ事が多く、その見た目の可愛さでミックス犬の中では人気犬種です。

耳はチワワに似て立ち耳の子もダックスフントに似て垂れ耳の子もいるようです。性格は好奇心旺盛で甘えん坊な子が多いようです。

とても可愛いチワックスですが、椎間板ヘルニアなどを発症しやすいダックスフントの体型と華奢で小さなチワワのサイズを引き継いでいるため、関節の病気などには注意が必要です。

ペキックス

ぺキックスはミニチュアダックスフントとペキニーズを両親に持つミックス犬です。

ぺキックスはダックスフントの長い胴と短かい足を受け継ぐ以外はペキニーズに近い外見です。胴が長く足の短いペキニーズと言った感じでしょう。

性格はとても穏やかで優しい性格の子が多く、他の犬や子供とも仲良くできる社交性の高い性格をしています。穏やかで温和なペキニーズの性格と遊び好きで飼い主に忠実なダックスフントの性格を受け継いでいると思われます。

ぺキックスのサイズは平均体重が5~11kgとサイズに少し幅がありますが、小型犬から中型犬サイズです。

ダップー

ダップーはミニチュアダックスフントとトイプードルを両親に持つミックス犬です。

被毛はトイプードルのモコモコの毛を受け継ぎ、胴が長く足の短いダックスフントの体型を受け継ぐ子が多いのですが、外見は両親のどちらに寄るか個体差があるようです。

性格はフレンドリーで誰とでも仲良くできるので飼いやすい性格と言えるでしょう。いたずら好きなやんちゃな一面もありますが、とても賢いのでしつけはしやすいと言われています。

ダップーのサイズは体重5kg前後です。小型犬に分類されます。
ダックスフントもトイプードルも運動好きな子が多いですが、関節などが弱い面もあるので注意が必要です。

トイプードルとダックスフントの特徴、ミックス犬ダップーとは?

トイプードルとダックスフントの特徴、ミックス犬ダップーとは?

2018年12月14日

ダッキー

ダッキーはミニチュアダックスフント(又はカニンヘンダックスフント)とヨークシャテリアを両親に持つミックス犬です。

他にダックテリアなどと呼ばれていたりします。残念ながら詳しい情報は見つける事ができませんでしたが、販売されているサイトはあったので、存在します。

見た目はヨークシャテリア寄りの子もいましたし、ダックスフントのお顔の子もいました。顔周りの毛はテリアの長い毛を引き継いでいる子が多いようです。

ダックスフントのワイヤーヘアを小ぶりにした感じのイメージでした。

シークス(シーダックス)

シークスはミニチュアダックスフントとシーズーを両親に持つミックス犬です。シーダックスやシダックスと呼ばれることもあります。

性格はマイペースでフレンドリーな子が多いようです。被毛はシーズーのシルキーで柔らかい長毛で顔の周りもダックスフントの様な短毛ではありません。

体格は長い胴と短い足を引き継ぐ子が多く、胴長短足のふわふわなぬいぐるみといったイメージです。体重は5kg前後と言われていますが、親犬の体格によって個体差があります。

シークスは毛が長いのでトリミングが必要です。

珍しいミックス

詳しい情報などは見つけられず、画像のみですがダックスフントとゴールデンレトリバーのミックス犬の画像を発見しました。

サイズの全く違うダックスフントとゴールデンレトリバーのミックス犬が存在することには驚きましたが、可愛いですね。

ダックスフントのスタンダードサイズは中型犬サイズなので、大型犬のゴールデンレトリバーとの交配も可能なのかもしれません。

ダックスフントのミックス犬の失敗例とは?

ダックスフントのミックス犬の失敗例とは、どんな意味で失敗と呼ぶのでしょうか?

違う犬種の交配によって誕生するミックス犬ですが、純血種と同じように遺伝についてしっかり知識を持つことが重要と思われます。

奇形で生まれてくる子なども存在します。本当に両親のいいところだけを持って生まれてくれば良いのでしょうが、両親の悪い面ばかりを引き継いで誕生する子もいるでしょう。

誕生するまでわからない点も多く、慎重に取り組む必要があります。人気犬種のレアカラーの誕生と同じように利益重視で乱暴な繁殖が行われると、遺伝病を伴って誕生する仔犬や奇形などの仔犬が誕生するリスクが高まります。

ミックス犬の魅力は成長の段階でたくさんの変化がある点です。仔犬の時にダックスフント寄りであった子が、成長と共にもう一つの犬種に近くなることもあります。その変化を楽しみ受け入れて育てる事が必要です。

性格なども両親のどちらの性格を引き継ぐのかは、成長していく中の環境でも変わるものです。育てにくい、しつけにくい点も出てくるかもしれません。

命に対しての責任を持って受け入れていく覚悟が必要です。

ダックスフントのミックス犬の平均寿命とは?

ダックスフントのミックス犬の平均寿命はサイズによって分かれるようです。通常、小型犬より中型犬、中型犬より大型犬と寿命が短くなっていくので、ミックス犬もサイズの小さい方が寿命が長いと考えられます。

体重5kg以下で14年、10kg以下で13年と言われていますが、ダックスフントのミックス犬はそれより少し長めです。

マルックスが14~16年、チワックスが12~15年、ぺキックスが12~15年、ダップーが10~15年、シークスも15歳前後とミックス全体の平均寿命よりいずれも長くなっています。

ダックスフントの平均寿命が12~16歳と犬種の中で長い方であるため、両親のどちらの体質を受け継ぐかによっても変わってくるのかもしれません。

平均寿命は目安であって、個体差のあるものです。健康的な生活を送らせてあげることで少しずつ延ばしてあげる事は可能だと思います。

ダックスフントのミックス犬って病気にかかりやすいの?

ダックスフントは狩猟犬としての歴史を持つ犬種で、短い足に長い胴とアンバランスな体格ではありますが、がっちりとした骨格を持つ犬種です。

ダックスフントがかかりやすい病気に椎間板ヘルニアがありますが、原因は長い胴の為に腰に負担がかかる事と考えられています。

そんなダックスフントの長い胴と短い足を受け継ぎながら、骨が細く華奢な体の犬が誕生したら、やはり椎間板ヘルニアなどのトラブルへのリスクは高まると考える必要があるでしょう。

ミックス犬はプラスな面ばかりではなく、マイナスな面もあることを十分に理解して、暮らしていく必要があります。

家族に迎えたミックス犬のリスクを理解して、病気を発症しないように普段から注意した生活を送る事で避けられる事もたくさんあります。

ダックスフントと交配した相手の犬種の性質を良く理解して考えられるリスクを最大限避ける努力をしてあげてください。

賛否両論のミックス犬

販売目的、利益重視の繁殖には避難の声が集まります。ミックス犬の繁殖についても非難の声はあがっています。

但し、純血種の繁殖においても利益重視の乱暴な繁殖をしているブリーダーは存在します。ミックス犬だけがいけないのではなく、遺伝によるリスクを十分に理解して犬への愛情を持って繁殖を行う事が大切だと思います。

筆者は16年という長い時間をミニチュアダックスフントと過ごし、老衰で亡くなるまで寄り添いました。父犬と息子犬を2年続けて見送りましたが、彼らに貰った愛情たっぷりの時間は今でも宝物です。

現在もミニチュアダックス1頭とミックス犬の仔犬と暮らしていますが、初めてのミックス犬に戸惑う事も多いです。

我が家のミックス犬は父犬がマルチーズとシーズーのミックス犬で母犬がミニチュアダックスフントですが、見た目や性格はマルックスに近いと感じています。

我が家に迎えた時とは顔もだいぶ変わりました。出逢ったときにはダックスフントに似ている点は垂れ耳のみでしたが、やはり足は少し短めで胴もマルチーズやシーズーに比べると長いです。

仔犬の時点でも骨太でがっしりした感じのダックスフントとは違い、綿菓子のようなふわふわした軽さがあります。このようなイメージの違いがミックス犬の魅力なのかもしれません。

ミックス犬を迎えたいと考えた時には、犬に愛情を持って大切に繁殖を行っている良質なブリーダーを見つけて、信頼して譲り受ける事が一番大切だと思います。

そして、仔犬が変化をしても愛情を持って受け入れて家族として末永く愛してあげてください。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


ダックスフントの珍しいミックス犬とは?失敗することもあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA