チワワのオスとメスのそれぞれの特徴、飼育方法の違いをご紹介!

小さな体に大きな瞳を持つチワワは小型犬のなかでも人気の犬種で、初めて犬を飼うという人もチワワを選ぶ人が多いようです。そんなチワワのオスとメスによって異なる性格や体の特徴、またそれぞれに適切な飼育方法やかかりやすい病気などについて紹介します。

チワワのオス・メスそれぞれの性格に差はあるの?

チワワも他の犬種と同様、オスとメスによって性格に多少の違いが表れます。もちろん個体差などもありますが、主な違いとして次のようなことが挙げられます。

オスのチワワの主な性格と飼育方法

オスのチワワの性格は攻撃性が強く活発なところがあります。そのため自分よりも大きな体の大型犬にも臆さず立ち向かっていきます。またリーダー意識も強く、飼い主やその家族よりも優位に立ちたがるところがあります。

このような性格を持つオスのチワワを飼うのであれば、まず飼い主や家族に対する服従心を持たせるトレーニングが必要です。そのトレーニングを怠るとチワワ自身がリーダーだと判断し、飼い主の指示を聞き入れなくなります。

一方でオスのチワワは甘えん坊な面もあり、飼い主や家族には良く甘え人懐っこいところがありますが、家族以外の人に対しては吠えたり噛み付いたり懐かない態度をとるような警戒心の強さが目立ちます。

チワワが甘える時の行動や仕草とは?原因は何?

2019年1月27日
そのような警戒心や縄張り意識の強さから番犬として良い働きをしてくれますが、その反面吠えやすいため飼い主や家族以外の人また他の犬に対して慣れさせるための社会化や無駄吠え防止のトレーニングも必要になります。
チワワが夜中に遠吠えをする理由とは?救急車のサイレンの音に反応?

チワワが夜中に遠吠えをする理由とは?救急車のサイレンの音に反応?

2019年2月9日

チワワの威嚇吠えの原因、しつけの方法とは?

2019年1月29日
他にも、オスの場合はマーキング行動をとるため部屋中どこにでもおしっこをされないようにトイレトレーニングもしっかりと行っておく必要があります。

メスのチワワの主な性格と飼育方法

メスのチワワの性格は穏やかで大人しいところが特徴的です。またメスは飼い主や家族に対して従順さや独立心のあるところが目立ちます。そのためメスの方が知能が高いと思われてもいます。

メスのチワワを飼うのであれば、飼い主や家族に従順であるためオス犬ほど手間はかかりません。しかし、それはしつけの必要がないというわけではありません。

メス犬もオス犬と同じように飼い主や家族間での主従関係を学ばせ、他の人や犬などに対して攻撃的にならないように社会化のトレーニングをしっかりと行うことが必要です。

またメスのチワワは成長するにつれて独立心が高くマイペースなところがあるため、過剰なまでにかまったり世話を焼いたりすることは避けましょう。愛情不足も問題ですが、愛情過多もストレスの原因になりかねません。

他にもメスの場合、日頃は落ち着いていて穏やかな性格をしていますが、生理期間になると攻撃的な一面を表します。そのため、飼い主や家族はこのような生理期間中の状況を把握した上で接するようにしましょう。

チワワのオス・メスの体重や体格の差はあるの?

チワワのオスとメスにも他の犬種と同じように体重や体格には違いがあるといえます。もちろん体の特徴にも個体差は生じますが、オスとメスにみられる平均的な体重や体格は次のような違いが挙げられます。

オスのチワワの成犬時の平均体重は2kg以上で、体高は15~23cmとされています。オスの体のサイズはメスのそれに比べて大きくなる傾向があります。

一方、メスのチワワの成犬時の平均体重は1kg以上で、体高は12~20cmとされています。メスの体のサイズはオスの体よりもやや小さく体重も軽いのが特徴的といえます。

チワワは小型犬のなかで最も体の小さな犬種であり、成犬時のオスとメスどちらの体重や体高をみてもその小ささは際立っています。

JAPAN KENNEL CLUB(ジャパンケネルクラブ)によれば、チワワの理想体重は1.5~3kgと提示されています。しかし、チワワ犬のなかには平均的かつ理想的な体重を下回る子もいれば上回る子もいます。

ここで紹介した平均的かつ理想的な体重はあくまでも目安でしかありません。そのため愛犬にとっての理想的な体重はその子の体の大きさに見合った体重であることが大切です。

そして、その健康的で理想的な体型を維持するためにも定期的な検診と飼い主の体調管理が必須条件となります。

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?適切な睡眠時間や食事量は?

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?適切な睡眠時間や食事量は?

2019年2月6日

生後7ヶ月のチワワのあるべき姿は?食事や睡眠の適切な量は?

2019年1月24日
生後2ヶ月のチワワの体重は?食事や睡眠の適切な量は?

生後2ヶ月のチワワの体重は?食事や睡眠の適切な量は?

2019年1月15日
8ヶ月チワワの年齢、平均体重、適切な食事量、しつけとは?

8ヶ月チワワの年齢、平均体重、適切な食事量、しつけとは?

2018年12月29日

チワワは避妊・去勢をすべき?

チワワのオスとメスの去勢または避妊をするか否かは、愛犬の身体や生き方に多大な影響をもたらす出来事です。以下、去勢や避妊をすることによって生じるメリットとデメリットについて紹介していきます。

オスのチワワの去勢手術に関するメリット・デメリット

オスのチワワを去勢することの1つ目のメリットは、オスに特有の生殖器関係の病気を予防できるということです。主に精巣腫瘍・精巣炎・肛門周囲腺腫・前立腺肥大・会陰ヘルニアなど生殖器関係の病気を予防できます。

2つ目のメリットは、他のオス犬に対する攻撃性や闘争心が軽減されます。去勢後は攻撃性が弱まることで落ち着いた態度をとるようになり、多少は大人しくなります。

3つ目のメリットは、発情期にみられるマウンティング行動やメス犬への性的興奮を抑制できます。また、発情に伴う生理的欲求が満たされないときに生じるストレスの軽減にもつながります。

4つ目のメリットは、望まない繁殖を防ぐことができます。繁殖能力を失わせることによって、飼い主の予期せぬ妊娠・出産を防ぐことができます。また最悪子犬の殺処分をする必要性もなくなります。

5つ目のメリットは、マーキング行動を抑制できます。去勢後は比較的マーキング行動が軽減されたり、しなくなることもあります。また去勢を行う時期が早ければ、マーキング行動自体もとらなくなります。

一方、去勢することによって生じるデメリットとして、1つ目は手術によるリスクが挙げられます。去勢手術は全身麻酔を行う必要があるため手術中に死亡するなどの事故が生じる可能性もあり得るということです。

2つ目のデメリットは、肥満になる確率が高まるということです。去勢によりホルモンバランスが崩れ太りやすくなるため肥満や糖尿病などの予防に備えて、食事や運動量の管理を怠らないよう注意する必要があります。

3つ目のデメリットは、犬種にもよりますが、発症リスクが高まる病気もあるということです。主に甲状腺機能低下症・骨肉腫・血管内腫などの発症率が去勢をしていないオス犬に比べて多少高まるといわれています。

4つ目のデメリットは、繁殖ができなくなるということです。去勢後は、周知の通り繁殖能力を失うことになるので、繁殖させたいと望んでも愛犬の子孫を得ることはできなくなります。

メスのチワワの避妊手術に関するメリット・デメリット

メスのチワワを避妊することの1つ目のメリットは、メスに特有の生殖器関係の病気を予防できるということです。主に子宮蓄膿症・子宮癌・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍など生殖器に関する病気の発症リスクを抑制できます。

とりわけ初めての発情期を経験する前に避妊手術を行うことで、先に示したメス特有のさまざまな病気の発症率を最大限に予防することができます。

2つ目のメリットは、生理期間中のケアをする必要がなくなります。生理期間中は出血により部屋が汚れてしまうこともあります。そのため生理用パンツを履かせるなど対処が必要ですが、避妊後はその心配もなくなります。

また生理がなくなるということは、その期間中に引き起こされる攻撃的な態度もなくなるため飼い主も愛犬自身も穏やかな生活を送ることができます。

3つ目のメリットは、発情期にみられる性的興奮を抑制でき、またそのような発情に伴う繁殖行動が叶わないときに生じるストレスからも解放されます。そのため攻撃性も緩和され、大人しくなります。

4つ目のメリットは、望まない妊娠や繁殖を防ぐことができます。繁殖能力が失くなることで予期せぬ妊娠・出産を回避することができるため、メス犬の体を守るだけでなく子犬を殺処分するといった最悪な状況も避けられます。

一方、避妊することによって生じるデメリットとして、1つ目は手術によるリスクが挙げられます。オス犬と同じように避妊手術は全身麻酔のため手術中に事故死するなどの危険性が伴います。

またメス犬の場合、オス犬と異なり開腹手術であるため手術ミスの確率も高まります。避妊手術に限らずいかなる手術にも予期せぬ問題が生じる可能性があることを念頭に置きながら、手術に挑む必要があるでしょう。

2つ目のデメリットは、肥満になる確率が高まるということです。オス犬と同じようにホルモンの影響により太りやすくなるため食事や運動量の管理をしっかり行い、肥満や糖尿病などにならないよう注意しなければなりません。

3つ目のデメリットは、犬種にもよりますが、避妊手術により他の病気の発症リスクが高まることもあり得るということです。主に血管内腫・膀胱、尿管および尿道の移行上皮癌などの発症率が多少高まるといわれています。

他にも、犬種によってはホルモンの影響により尿失禁を引き起こす確率が高まるともいわれています。

4つ目のデメリットは、妊娠・繁殖ができなくなるということです。避妊後は、オス犬と同じように当然繁殖能力を失うことになるので愛犬の子どもを望んでもそれが叶うことはありません。

チワワにはオス・メスそれぞれどんな名前がつけられるの?

オスのチワワの名前は「ココ」「レオ」「むぎ」「福」「こたろう」といった名前に人気があるようです。

メスのチワワの名前は「くるみ」「もも」「あんず」「まる」「ルナ」といった名前をつけることが多いようです。

チワワのオス・メスそれぞれのかかりやすい病気は?

チワワも他の犬種と同じように、オスとメスとでかかりやすい病気に違いがあります。また、一方でチワワ特有のかかりやすい病気もあります。以下、オスとメスそれぞれにかかりやすい病気とチワワ特有の病気をみていきます。

オスのチワワがかかりやすい病気

オスのチワワがかかりやすい病気は前立腺腫瘍、前立腺肥大、 精巣腫瘍、尿道結石、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどが挙げられます。

オスのかかりやすい病気の多くが生殖器や男性ホルモンに関係するものであるため、先述したように去勢手術をすることによって発症を抑制することができます。

メスのチワワがかかりやすい病気

メスのチワワがかかりやすい病気は、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺炎、乳腺腫瘍、膀胱炎、免疫介在性溶血性貧血、偽妊娠などが挙げられます。

オス犬と同じように、メス犬のかかりやすい病気の多くが生殖器や女性ホルモンに関係するものであるため、先述したように避妊手術をすることによって発症率を下げることができます。

しかし、なかには去勢手術や避妊手術では予防できない病気もあります。飼い主は日頃から愛犬の生活習慣や体質に気を配り、自分たちができる病気の予防対策や初期症状などを見逃さないよう十分に気をつけましょう。

チワワがかかりやすい病気

チワワのオスとメスどちらともがかかりやすい主な病気は膝蓋骨脱臼、水頭症、角膜炎の3つが挙げられます。

これら3つの病気はオス・メス関係なくチワワであれば発症する可能性が高い病気といわれています。そのためチワワ犬の飼い主はこれらの病気にも気をつける必要があります。

愛犬が少しでも元気に長生きできるよう健康には十分配慮しましょう


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA