チワワのくしゃみや鼻水が止まらない!原因と予防・対処法は?

チワワは小型犬の中でも人気の犬種です。小さくてかわいらしいチワワがくしゃみをしていたり、鼻水が止まらないととても心配になりますよね。今回はチワワがくしゃみをする原因や予防法、またくしゃみをしている際の対処法をお伝えしていきます。

>チワワのくしゃみ・鼻水について

チワワをはじめ、犬はくしゃみや鼻水を出すことがあります。しかしすべてが病気の症状かと言われるとそうではありません。

人間もそうですが、多少鼻がむずがゆかったり異物が入ったりした際には反射的にくしゃみをすることがあります。

チワワは小型犬であり口も小さいので、くしゃみが分かりにくいことも多いです。

個体差があり、人間のような立派なくしゃみをするチワワもいれば、よく観察していないとくしゃみをしたと判断がつかないようなチワワもいるでしょう。

多くの場合は数回のくしゃみで終わることがほとんどになります。またくしゃみをしたときに鼻から鼻水を垂らすこともあるかもしれません。

鼻水の形状もサラサラとしたものから粘液が混じったものまで様々です。鼻水の形状によっては病気の症状の可能性もありますので注意が必要です。

チワワのくしゃみ・鼻水の原因って何?

チワワがくしゃみをしたり、鼻水を出したりすると何かの病気なのかと心配になる方も多いでしょう。

ではくしゃみや鼻水は何が原因となって引き起こされるのでしょうか?くしゃみや鼻水が出る原因や病気は様々ありますが、代表的なものをいくつかご紹介します。

異物排除のため

人間でもホコリが多く舞っているところなどに行くと反射的にくしゃみをすることがありますよね。

それと同じく犬も鼻の中にホコリやたばこの煙、砂などが入り込んでしまった際にはくしゃみをします。

犬の嗅覚は人間の数百倍~数千倍とも言われています。そのため人が心地よいと感じているアロマやハーブなどの香りも、犬にとってはきつい臭いになりくしゃみを引き起こすことがあるため注意が必要です。

また急に寒いところに行ったりして、冷気を吸い込むことでもくしゃみをすることがあります。

しかし反射的にくしゃみをすることで、鼻の中から体に侵入する前に異物を排除しようとする生理現象になるため多くの場合心配はいりません。

またよほど異物が多い環境にいない限り、連続して起こることもなく一過性のものになりますので様子を見てあげて大丈夫です。

故意的なくしゃみ

犬は「カーミングシグナル」と言って、行動や仕草で犬同士や人に対して気持ちを伝えることがあります。そのカーミングシグナルの中にくしゃみをするという行動も含まれているのです。

カーミングシグナルでくしゃみをする際は、自分自身がストレスを感じていてそれを軽減するために行ったり、相手が興奮しているときにそれを鎮めようとしてくしゃみをすると言われています。

また自分自身が興奮してしまった際にも落ち着かせるようにくしゃみをすることもあります。

犬は言葉を話せない分、このような行動で自分の気持ちを伝えているのです。

歯周病

小型犬のチワワは口腔内も小さく、歯周病になりやすい犬種になります。歯周病が進行すると、粘液性のある鼻水とともにくしゃみが出る事があります。

歯周病が進行して歯の根元の骨を溶かしてしまい、それが鼻腔まで達してしまうとそこで炎症が起きてしまうのです。ひどくなってしまうと大きな穴が開き、膿んでしまうこともあります。

目の下の辺りに穴が開くことが多いため、怪我をしたと思い病院に連れてくる飼い主も多いのですが、実は口腔内での歯周病が原因になっていることが多々あります。

歯周病は加齢とともに多くなってくる疾患になりますので、老齢期~シニア期のチワワに多発します。

アレルギー

人間でも花粉症に代表されるようなアレルギーは犬にもあります。アレルギーの原因となるものは植物から食べ物まで様々ですが、植物のアレルギーの場合くしゃみが主症状となることがあります。

またハウスダストなどがアレルゲンとなっている場合、くしゃみとともにサラサラの鼻水を出すことが特徴的です。

初期はアレルギーによるくしゃみでサラサラした鼻水でも、慢性鼻炎になってしまうとドロッとした粘液性のある鼻水を出すことがありますので注意が必要です。

ケンネルコフ

ケンネルコフは伝染性気管支炎とも呼ばれ、多頭飼育の場で流行しやすい感染症です。主な症状は咳になりますがそれとともにくしゃみや鼻水を出すことがあります。

多頭飼育の場、つまりブリーダーやペットショップで多く発生する病気で、多くの場合風邪のような症状が出ることが特徴です。

抵抗力の弱い子犬や老犬が感染しやすくなるため、ワクチンを打っていない犬は要注意な病気です。

ジステンパー

犬ジステンパーはジステンパーウイルスが原因となる致死率の高い感染症です。ジステンパーに感染した犬の唾液や鼻水で飛散したウイルスを吸い込んだり、触ったりすることで感染します。

膿性の鼻水が出ることが特徴的で、目やにも多く出ます。その他の症状としては40度以上の高熱、嘔吐や下痢など消化器症状も起こります。

子犬やワクチン未接種の犬に多く発症し、免疫力の低下した老犬でも発症することがあります。

ジステンパーウイルス自体に有効な治療薬は無く、治療は対症療法が中心になります。体力のない子犬や老犬などでは命に関わることも多い怖い病気です。

鼻腔内腫瘍

鼻腔内腫瘍とは鼻の穴の中に出来る腫瘍で、鼻の粘膜を刺激するため多くの場合くしゃみや鼻水などの症状が出ます。

猫の場合、鼻腔内腫瘍の多くは悪性のリンパ腫となりますが、犬の場合は良性であることもあるため鼻腔内腫瘍が出来た場合は精密検査が必要になります。

鼻腔内の検査方法は麻酔をかけて腫瘍の一部分を切り取り、細胞を調べることで確定診断となり、悪性の場合は抗がん剤治療や放射線治療などを行うことが多いでしょう。

病気が進行してくると鼻水の中に血が混ざったり、くしゃみをしたときに吐血したりすることがあります。

チワワのくしゃみや鼻水の予防・対処法は?

チワワのくしゃみの予防・対処法は、くしゃみの原因が何かによって大きく変わってきます。

異物やアレルギーによるくしゃみや鼻水の場合は、原因となっている物質をチワワの飼育環境に置かないことが大事になるでしょう。またホコリ等が舞わないように定期的な掃除をすることも重要です。

故意的にくしゃみをする分には大きく問題はありませんが、どうしても抑えたいようであればストレスを溜めない、また興奮させないように注意するなどの工夫で改善されることが多いでしょう。

病気が原因となっているくしゃみや鼻水の場合は、まずは病気の早期発見が何より大事になります。また、ワクチン接種で予防できる病気もありますので、定期的に予防してあげることも重要です。

日ごろからチワワの健康管理に気を配り、少しでも変わったことがあれば動物病院を受診しましょう。

チワワの逆くしゃみって何だろう?

チワワに多いと言われている逆くしゃみですが、実はどのようなものなのか知らない飼い主さんも多いことでしょう。

通常のくしゃみであれば、口や鼻から息を吸い込み口からくしゃみを出します。

しかし逆くしゃみは名前の通り、通常のくしゃみとは逆に空気を吸い込み、首を前後に振る仕草を取りながら連続で息を吸い込みます。

発作のように見えることもあり、犬が苦しそうな様子から心配されることも多いのですが、逆くしゃみは多くの場合医学的に問題はないとされています。

逆くしゃみは小型犬や短頭種に多いとされていて、チワワも好発犬種になります。一般的には若いときに症状が表れることが多く、老齢期になるにつれて治まってくることもありますが個体差があるでしょう。

しかしてんかん発作の症状として逆くしゃみが出ることがあります。その際には犬の意識が朦朧(もうろう)としたり倒れたりという症状が伴います。

てんかんが原因の逆くしゃみの場合はてんかんの治療が必要になりますので、早急に治療を開始しましょう。

チワワの逆くしゃみの原因は?

チワワが逆くしゃみをする原因は、実はまだ解明されていない部分も多くはっきりとはわかっていません。

逆くしゃみが表れる場面は、寝起きの状態から遊んでいるときやリラックスしているときなど様々な場面で突然起こることが多いでしょう。

犬が苦しんでいるように見えてしまうことから多くの飼い主は驚き、何かの病気なのではないかと思ってしまう方も多くいます。

しかしこの逆くしゃみは犬にとって苦しいものではなく、数秒~1分程度で治まりますので大きく心配はいりません。

原因が分かってない以上予防も難しい逆くしゃみですが、医学的には問題ありませんのでそっと見守ってあげてください。

しかしあまりにも頻回に逆くしゃみをしたり、逆くしゃみとともに嘔吐や吐血などの症状が出てしまう場合は何かしらの病気である可能性が出てきますので動物病院を受診しましょう。

その際、逆くしゃみの動画を撮っておいて診察時に見せることで逆くしゃみが症状の一環であるかどうかを獣医師に確認することが出来ます。

愛犬のためにも、逆くしゃみかな?と思うようなくしゃみが出た場合には、一度獣医師に動画を見せ、問題の無い逆くしゃみかどうかを確認しておくと良いでしょう。

チワワの逆くしゃみの対処法は?

医学的に問題はないと言われても、やはり逆くしゃみをしているときは苦しそうですし何かしてあげられることは無いかと心配になりますよね。

前述の通り多くの場合は1分以内には治まることが多いのですが、早く落ち着かせてあげたい場合には「唾を飲み込む」ことが有効であると言われています。

そのため愛犬が逆くしゃみをし始めて苦しそうな様子が見られる場合には、鼻に息をそっと吹きかけ、さらに喉元を優しくさすってあげることで、落ち着かせることが出来るでしょう。

何よりも逆くしゃみのメカニズムをしっかりと理解し、飼い主が慌てずに落ち着いて様子を観察出来るようになることが大事になります。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA