犬を飼うには必要知識!ペットの保険について

犬の混合ワクチンで防げる病気って?

犬のペット保険とは

「ペット保険」って聞いたことありますよね?
大体は加入していると思います。
ケガ、病気がしやすい子犬の時だけっていう方も
いますし、加入していない方でも
ペット保険はわかりますよね?
簡単にペットを説明しますと、
「ケガ、病気などが補償される」です。
最近では契約する方々も昔に比べて増え、ペット保険の
種類もたくさんあると獣医さんが言ってました!
ペット保険は私も気になっていたので
ペット保険についてまとめてみたいと思います。

まずはペット保険の加入について

ペット保険に加入できるのは、主に犬、猫です。
保険会社によってはウサギなどの小動物、爬虫類を
取り扱っている会社もあるそうですよ。
加入対象年齢は、1番早くて生後30日くらいで、
高齢になると加入が難しくなると言われています。
しかし、高齢に合わせた保険会社もあるので
絶対加入が無理だとは限りません。
過去に重病を患っている場合は病気の種類によっては
ペット保険を加入するのが困難だそうです。

次はペット保険加入後に補償について

基本的にペット保険加入後に補償されるものは、
1、動物病院に通院に関する補償
2、動物病院に入院に関する補償
3、動物病院にて手術に関する補償
4、他人への損害賠償に関する補償
5、ペットの葬儀に関する補償
6、診断書作成に関する補償
7、動物病院にて病気、ケガの処置に関する補償
基本的によく飼い主様たちが使われるのが、
病気、ケガに関することです。
特に子犬や子猫の時は人間の赤ちゃんと同じで
活発で好奇心旺盛です。
そのため、ケガや予期せぬトラブルが起こりやすいので、
ペット保険加入者は多いそうです。
他人への損害賠償に関する補償は滅多に
使われていないと思います。

この記事を書いている時、人間の保険によく似てると
思い改めてペット保険について考えなくてはいけないと、
思いました。
いろんな補償がされるので愛犬などの急の病気やケガに
も安心していられますし加入してない方はした方がいいですよ!
種類はたくさんあると獣医さんが言ってたので
インターネットに飼い主が調べていただいて
愛犬などに合うペット保険会社を見つけてあげてください。
インターネットのペット保険会社の口コミやランキングは
ペット保険会社を選ぶ時や保険会社を比べるとき
とても便利ですよ。
実際私はインターネットの口コミと獣医さんの
お話でペット保険を、選びました!
先輩、後輩の犬友さんに聞いてみるのもオススメです。

私が知っているペット保険については以上です!
今後ペット保険加入を考えている飼い主様たちの
参考になれたなら嬉しいです。
基本的な知識ですが改めてペット保険について私も
考え、見直していきたいと思いました。

犬の混合ワクチンで防げる病気って?