トイプードルが歯周病になった!その原因・治療や予防方法とは!?

トイプードルが歯周病になった!その原因・治療や予防方法とは!?

トイプードルの歯周病の症状とは?

愛犬のトイプードルの口から嫌な臭いが…。口臭は歯周病の代表的なサインですので、愛犬から口臭を感じたら歯周病を疑っていいかもしれません。

日本では3歳以上の犬の約8割が歯周病もしくは歯周病予備軍と言われており、歯周病にかかること自体は実はそれほど珍しくありません。ですが、たかが歯周病と軽く見ていると取り返しがつかない結果になることもあります。

愛犬に以下のような症状が見られるようでしたら歯周病が進行している可能性がありますので、注意が必要です。

口臭がする

歯周病の原因となる歯垢や歯石が溜まると、そこから生臭いニオイが発生します。歯垢や歯石はエサの食べかすを元に細菌が繁殖することで発生します。歯周病を疑って動物病院を訪れる飼い主さんの最も多い理由は「愛犬から口臭を感じ取った」ことで、口臭は歯周病の分かりやすいサインだと言えます。

歯茎が赤い、腫れている

歯垢や歯石を放置していると細菌の繁殖が進み、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目の溝がどんどん深くなります。細菌が歯周ポケットに入り込むことで炎症が発生し、歯茎が赤くなったり、腫れたりします。

食事時に痛がるようなそぶりを見せる、硬いものが噛めない

歯周病菌が歯茎にも進行すると、硬いものを噛むときなどに痛みを感じることがあります。

歯がぐらつく、抜ける

炎症により歯茎が痩せてしまい、歯の根元が露出するようになります。さらに重症化すると、歯を支える歯茎が退縮し、歯がぐらついたり抜けたりします。

くしゃみ、鼻水が多い

歯周病菌が顎の骨を溶かして鼻まで到達することで鼻腔炎となり、膿性(黄色い膿)の鼻水が出たり、くしゃみが多発したりすることがあります。

顔や目の下の腫れ

歯周病が重症化すると炎症が目の下まで広がり、膿が溜まって腫れます。さらに重症化すると腫れた部分が破裂し、皮膚に穴が開いてしまいます。

また、歯周病はこのような口内や顔周りの症状だけでなく、放置して重症化した場合は菌が血液中に入り込み、心臓などの臓器で炎症を引き起こすことがあります。

この炎症が原因で心臓病や細菌性肺炎など命に関わる病気にかかってしまうこともありますので、たかが歯周病と侮ってはいけません。

トイプードルの歯周病の原因とは

なぜトイプードルは歯周病にかかりやすいと言われているのでしょうか?その原因は主に二つあります。

トイプードルが歯周病にかかりやすい原因① 歯の生え方

トイプードルは他の犬種に比べ歯と歯の間が狭く、密集して歯が生えています。歯同士が密着していると隙間に歯垢が溜まりやすく、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすい環境となります。

トイプードルが歯周病にかかりやすい原因② 口の小ささ

小型犬に分類されるトイプードルの口はとても小さいため、歯磨きなどの口腔ケアを行おうにも歯ブラシが大きく、奥まで十分に磨くことが難しいです。結果として歯垢が溜まりがちになり、歯周病を引き起こす原因となります。

トイプードルの歯周病の治療法とは?

犬の歯周病は人間の虫歯のように、歯を削ったり磨いたりしたら治るというものではありません。原因は歯垢や歯石などですが、歯茎や歯の根っこが菌に侵されており、外からは見えない部分で病気が進行していることもあるため、全身麻酔を行った上でレントゲン検査や治療が行われます。

治療法は歯周病の進行具合によって異なります。比較的軽度な場合は歯周病の原因となる歯石を「スケーラー」と呼ばれる先の尖った器具で除去し、歯周ポケットの洗浄を行います。さらに重度の歯周病の場合は抜歯を選択することもあります。

近年、「無麻酔スケーリング(歯石除去)」を実施するペットサロンや動物病院が増えています。体に負担をかける恐れのある麻酔をせずに歯石を除去し、歯の表面を美しく整えてくれるため人気が高まっていますが、歯周病の予防や治療に重要な歯周ポケット内の処置は出来ません。

無麻酔スケーリングを行ったため見た目はキレイだけど、実は内部で歯周病が進行していたというケースも報告されていますので、無麻酔スケーリングと歯周病の治療は別物だと考えてください。

トイプードルが歯周病にならないようにするには?

では愛犬のトイプードルが歯周病にならないようにするため、私たちが出来ることは何でしょうか?最も効果的なのは「歯ブラシを使った歯磨き」です。

歯磨き効果を謳ったガムやおやつもありますが、こうしたものは歯の表面の汚れをある程度除去する効果はありますが、歯周ポケットなどを磨く効果はありません。

歯周病予防に大切なのは歯の表面だけでなく、歯と歯の間や歯周ポケットについた歯垢を落としてあげることです。トイプードルは先述したように口が小さく、奥歯までしっかり磨くのが難しい犬種のため、歯ブラシのヘッドが出来るだけ小さいものを選んであげてください。

しかし、今まで歯磨きをする習慣がなく今日から突然始めようとしても、犬にとって口や鼻周りは大変敏感な部分ですので、触られるのさえ嫌がるケースがほとんどかと思います。毎回無理やり押さえつけて歯磨きをするのは大変ですし、歯ブラシを見るだけで逃げ出したり、飼い主を噛んだりする原因になりかねません。

そんな場合はまずはスキンシップの延長として、手や指で口周りに触れる機会を増やすことから始めましょう。

初めは短い時間、優しく触れるだけに留め、慣れてきたら少しずつ触る時間を延ばしていきましょう。嫌がる様子を見せなくなってきたら、口唇をそっとめくり、前歯や歯肉、奥歯と段階的に触る範囲を増やしていってください。

口先や口内を触らせてくれたらたくさん褒め、おやつをあげたりして「口周りを触られる時に大人しくしているとご褒美がもらえる」と愛犬が覚えるよう、根気よく続けていってください。

口の中まで触れるようになったら、次は歯磨きシートやガーゼを飼い主の指に巻いて、実際に犬の歯に付いた汚れを除去してみましょう。この磨き方にも慣れてきたら、いよいよ歯ブラシの出番です。

まずは歯ブラシを見せ、舐めたり匂いを嗅がせたりして歯ブラシに慣れさせます。最初から全部の歯を磨こうとせず、前歯だけだったり、一本だけでも大人しく磨かせてくれたら褒めてあげましょう。

全部の歯を磨けるようになるまでには時間がかかるかもしれませんが、愛犬の健康のためにも我慢強く続けてください。毎食後の歯磨きが理想ですが、就寝前の1回だけでも歯周病予防に十分効果があります。

歯周病は日頃からの予防が大切です。歯磨きに慣れさせるまでは根気がいりますが、可愛い愛犬と健やかな日々を過ごせるよう諦めずにしつけを行い、歯磨きを欠かさず行ってくださいね。

トイプードルが歯周病になった!その原因・治療や予防方法とは!?