トイプードルのヘルニアの治療法と予防法を紹介!治療費はいくら?

小型犬で足の骨が細いトイプードルは、ヘルニアになりやすい犬種として知られています。今回は、トイプードルがヘルニアになってしまった際の治療法や予防法、またどのくらいの治療費がかかるのかをお伝えしていきます。

トイプードルのヘルニアの症状は?

トイプードルは小型犬に分類され、全身の骨が細めの犬種になります。そのため腰を痛めることが多く、なかでも椎間板ヘルニアになりやすい犬種として知られています。

椎間板ヘルニアは人間でいうぎっくり腰のような症状を示すことが多いのですが、初期のヘルニアは分かりにくいことも多く注意が必要です。

トイプードルが椎間板ヘルニアを発症すると、軽度であれば全身が震えたり、後ろ足がふらついたり立ち上がりにくかったりするなどという症状が出ます。

しかし重度になってしまうと、後ろ足が完全に動かなくなってしまい歩行不能になったり、下半身の感覚が麻痺してしまうことにより排泄が出来なくなるなど重篤な症状が表れます。

また目に見える症状が出ていなくても、運動を嫌がるようになったり抱っこを急に嫌がるようになったりした場合には、腰の痛みが原因になっている場合があるため注意が必要です。

トイプードルのヘルニアの原因は?

トイプードルがヘルニアを発症する原因はいくつかあります。

肥満

トイプードルは小さくてつぶらな瞳がとても可愛いため、どうしてもおやつなどをねだられると与えてしまう飼い主が多いようで、肥満になってしまうことも多いです。

肥満になると足や腰の骨に負担がかかってしまい、椎間板ヘルニアの発症リスクを高めてしまうのです。

オーダーメイドの犬グッズはどんなものがあるの

トイプードルのでぶの基準はどれくらいから?肥満解消の方法とは?

2019年1月1日

加齢

人間も歳を取ると足腰の骨が弱くなるように、犬も加齢によって椎間板ヘルニアにかかりやすくなってしまいます。

老化によって椎間板の変性が生じることで脊髄を圧迫してしまい、痛みを伴うヘルニアの状態になってしまうのです。また若齢期からの背中や腰への継続的な負担も、椎間板ヘルニアの大きな原因になります。

犬の内部寄生虫って、どんな種類があるの?

トイプードルが老犬になるサインは?病気や介護、長生きの秘訣も紹介

2019年2月23日

遺伝

詳しくは後述いたしますが、トイプードルは椎間板ヘルニアになりやすい遺伝子を持っており、それにより若齢期からヘルニアになりやすいと言われています。

トイプードルってヘルニアになりやすいの?

トイプードルは軟骨異栄養症犬種(なんこついえいようしょうけんしゅ)の一種で、生まれつき椎間板が編成する恐れのある遺伝子を持っている犬種です。

そのため遺伝的にも椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

しかし飼育環境を整えることである程度は予防が可能な病気になりますので、椎間板ヘルニアのことをしっかりと理解をし工夫をすることで発症リスクを減らすことが出来ます。

トイプードルがヘルニアになったらどうすればいいの?

トイプードルがヘルニアと診断されたら、まずは獣医師の指示通りに治療を開始しましょう。そのうえで、自宅で出来る注意点をお伝えします。

まずは散歩です。ヘルニアの症状により獣医師から散歩が禁止される可能性もありますので、必ず確認を取るようにしましょう。

散歩の許可が出ても、ドックランに行って遊んだり走り回ったりしてはいけません。ヘルニアが悪化する可能性が高いためです。

そして抱っこの仕方も注意が必要です。

脇を抱えて下から持ち上げたり、腰や背中を丸める体制での抱っこは厳禁です。ヘルニアが悪化してしまうだけでなく、痛みを伴うため犬にとっても負担が大きくなってしまいます。

抱っこをする際には必ず背中から腰の部分を優しく支え、包み込むように優しく抱き上げてあげましょう。

トイプードルの正しい抱っこの仕方とは?嫌がる理由は?

トイプードルの正しい抱っこの仕方とは?嫌がる理由は?

2018年12月27日
また、自宅の床材がフローリングである場合には滑ってしまう危険がありますので注意が必要です。

フローリングの上に滑り止めマットを敷いたり、犬のパットの裏の毛を定期的にカットするなどをして転倒を予防しましょう。

トイプードルのヘルニアの治療法は?費用はどれくらいかかるの?

トイプードルがヘルニアになってしまった際の治療法は、ヘルニアの症状や犬の年齢や状態などによって変わってきますが、大きく分けて2通りの治療法があります。

外科手術

一つ目は手術による治療法です。外科的に脊髄を圧迫しているものを取り除くことによって痛みを取る目的で行います。

全身麻酔下での大きな手術になりますので、費用は約10~30万円かかってくることが多いでしょう。

手術後はリハビリが必要になり、入院中、もしくは通院しながら行います。リハビリの種類は様々ですが、主にレーザーやアイシングなどのほか、近年では酸素カプセル療法などが行われています。

また直接的なリハビリではなくドックマッサージを行い、全身の血流を良くすることによって状態の改善を図ることもあるようです。

内科治療

内科治療では、主に投薬と安静にすることによって治療を行います。主に軽度のヘルニアの場合や初期に発見された場合に行われることが多い治療法です。痛み止めや炎症止めを使用し、運動制限を行いながら様子を見ていきます。

内科治療は2~4週間の投薬で、費用は1~3万円になることが多いでしょう。

そして内科治療で経過が良くなった場合も、多くはリハビリが必要になります。

トイプードルがヘルニアにならないために

トイプードルがヘルニアにならないためには、日ごろから注意が必要不可欠です。

まずは原因となる肥満にならないよう、食生活には充分気を配ってあげましょう。年齢や持病に合ったペットフードを与えることが重要です。またおやつなどのあげ過ぎにも注意しましょう。

そして背中や腰に負担がかかる運動は極力避けるようにしましょう。椅子にジャンプして登ったり、飼い主の膝に乗ってくるような動作は犬の腰や背中に大きな負担となりますので避けるようにしましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA