トイプードルの歯磨きの仕方とは?おすすめの歯磨きガムは?

犬のマダニの予防ってしてる?マダニに咬まれるとどうなるの?

歯磨きはトイプードルを飼う上で大変重要です。しかし正しい方法が分からず、してはいけない行動を取っている飼い主さんも多く見受けられます。そこで今回は、ご自宅でのトイプードルの歯磨きの仕方やおすすめの歯磨きガム等についてご紹介します。

トイプードルの歯磨きの仕方とは?内側を磨くコツは?

まずは一般的な歯磨きの仕方についてご説明します。人間と同様に犬も歯ブラシを使って歯磨きすることが一般的です。また歯ブラシは犬専用のアイテムもありますが、子供用の小さくて柔らかい歯ブラシでも問題ありません。

歯磨きの手順

歯を磨く際、まずは飼い犬の口を持って上唇をめくり、歯の外側を手前の歯から奥歯にかけて磨きます。力を入れて磨くと歯や歯茎に強い刺激を与えるので嫌がる子も多く、歯磨きを嫌う原因にもなります。

そのため、歯磨きをする際は優しく撫でる様に磨くことを念頭に入れ、なるべく柔らかい歯ブラシで磨く配慮をしてあげて下さい。

歯の表面が磨けたら、続いて歯の内側を磨きます。トイプードルに限らず、小型犬は口が小さく、大きく開かないので歯ブラシでキレイに磨くことは難しいケースが多いです。

もちろん歯ブラシで磨けることが最良ですが、外側と違って口を開かせて磨かなければならないため、大半の子は嫌がります。この場合、歯ブラシのヘッドが360度ブラシになっているもので磨いて下さい。

このタイプの歯ブラシは口の中に入れることができれば、歯ブラシを転がしたり、上下に動かしたり、犬が噛んでくれたりすることで自然と歯が磨けるので、内側の歯を磨くことはそれ程難しくはありません。

また歯ブラシを口に入れたがらない子には歯磨きシートがおすすめです。これは飼い主さんの指に巻き付けて使うもので、指を咥えさせてしまえば簡単に歯の内側を磨くことができます。

指サック状になっている歯ブラシや手袋状になっている歯磨きシートもあり、ペットショップやホームセンター等で容易に手に入れることができます。歯磨きシートでは心もとない場合はこちらも試して下さい。

トイプードルの歯磨きはいつから始めるべき?頻度はどのくらい?

トイプードルは人間に愛される手段を熟知したとても賢い品種です。そのため、トイプードルが嫌がることは避け、甘やかしてしまう飼い主さんもいます。そして、その甘やかしの一環が歯磨きをしないことです。

この項ではトイプードルが歯磨きを嫌がらないようになるために、歯磨きを始めるべき時期や、丈夫な歯を健康に保つために必要な歯磨きの頻度についてご紹介します。

トイプードルが歯磨きを始めるべき時期について

犬も人間と同様、初めは乳歯です。その乳歯はおよそ生後6ヶ月以内に抜け、永久歯に生え変わります。

乳歯は抜けてしまうため歯磨きは不要と話す獣医師もいます。しかし乳歯が生えている幼い時期から歯磨きに慣れさせるために、幼少期から歯磨きを始めるべきです。とはいえ乳歯は生え変わるので、練習程度で問題ありません。

あくまで永久歯に生え変わった際にスムーズに歯磨きするための練習期間なので、無理に抑えたり口を開かせたりといった強引な行動は控え、歯磨きは楽しいコミュニケーションであると教えることがポイントになります。

また歯磨きを始める時期については、歯磨きに慣れさせるという意味では早い方が望ましいのですが、急いで始めなければいけないということはありません。

飼育を始めたばかりで新しい環境や家族に慣れていなかったり、他に優先すべきしつけがあったりする場合は、子犬が新しい家に慣れるといわれている約1ヶ月が経過してから開始しても十分間に合います。

トイプードルの歯磨きの頻度について

歯磨きの頻度は1日1回が望ましいです。毎日の食事により歯に付いた食べカスが歯垢となり、いずれは歯石に変化します。一度付着した歯石は麻酔を使わなければ除去できないため、毎日の歯磨きが重要になります。

しかし飼い主さんの都合によっては、毎日飼い犬の歯磨きをすることは厳しいケースもあるでしょう。その場合、歯磨きは週に2~3回でも構いません。但し、その他の日は歯磨きガムを用いて口内ケアをしましょう。

犬の歯に付いた歯垢は数日で歯石になると言われています。歯石は固く、歯磨きでは取ることができないため、まずは歯垢を付けないために日頃のケアが大変重要です。

トイプードルの歯磨きを怠ると?歯石や口臭の原因に?

飼い主さんによっては「歯磨きのやり方が分からなくてやっていない。」「そもそも犬にも歯磨きが必要であることを知らない。」等のお話をされる場合があります。しかし飼い犬にとって歯磨きは必要不可欠です。

以下では飼い犬の歯磨きを怠ることで起こる主な結果を2パターンご紹介します。一緒に生活する上で飼い犬を不快に感じることとなる事由もあるので、ぜひ参考にして下さい。

歯磨きを怠った結果1.口臭

まず目に見えて分かりやすいのが歯垢と歯石であり、これらは口臭の原因になります。口臭は歯や歯茎に付着した食べかすや歯垢、歯石が原因により発生することもあり、飼い犬が口を鼻に近付けた時、強烈に臭う場合があります。

また歯垢はおよそ3~5日で歯石に変わると言われています。歯垢は歯磨きで落とせる一方歯石を落とすためには全身麻酔をかけてスケーラーによる除去が必要となり、犬の身体に大きな負担を掛けます。

最近では、麻酔を必要としない歯石除去を実施している動物病院もありますが、その数は少なく除去には通院が必要な上、費用は麻酔による歯石除去に比べて高額なため、日頃から歯石を付けないためのケアが重要になります。

歯磨きを怠った結果2.歯周病

歯垢や歯石が原因で歯の病気を引き起こすケースも多々あります。その代表的な病気が歯周病(ししゅうびょう)です。

歯周病とは歯周病菌によって起こる歯茎の炎症です。歯茎の炎症だけに留まっているものを歯肉炎(しにくえん)、骨まで達したものを歯周炎(ししゅうえん)または歯槽膿漏(しそうのうろう)と言います。

歯周病は歯垢や歯石を放置すると高確率で発生します。日本では3歳以上の犬の約8割が歯周病およびその予備軍だと言われており、酷くなると歯がぐらついたり、口臭が酷くなったりします。

歯周病は口の中の症状だけに留まらず、歯と歯茎の間の歯周ポケット深くに入り込んだ細菌が全身に回り、心臓や肝臓、腎臓等の臓器にダメージを与えることもあるため、大変注意が必要です。

歯肉炎に留まれば症状は歯茎の腫れのみが見られますが、歯周炎では骨が溶かされてしまうことがあるため顔や顎自体が腫れて膿が発生します。歯周病は加齢や病気が原因により症状が如実に悪化する病気です。

飼い犬の口臭が酷くなってきたと感じる場合は、歯磨きの仕方や頻度を見直してみましょう。

トイプードルの歯磨きで血が出る原因とは?

飼い犬に歯磨きをすると頻繁に出血が見られる場合、主に2つの原因が考えられます。どちらも今から改善できる事柄なので、今日の歯磨きから試してみて下さい。

歯磨きによる出血の原因1.歯茎が傷ついている

トイプードルの歯みがきで血が出る最も多い原因は、歯ブラシが硬過ぎるまたは歯磨きの際に力を入れ過ぎているというケースです。

この記事の冒頭でも歯ブラシはなるべくブラシ部分が柔らかいものを選択することが望ましく、トイプードル等の小型犬であればヘッドが小さいものがおすすめであるとご紹介しました。

しかし犬専用として販売されている歯ブラシの中には、高齢や病気等を理由に歯茎が弱くなった犬には硬過ぎる歯ブラシもあります。そのため、歯ブラシのヘッドを撫でた時に硬さや尖りを感じた時は注意して下さい。

また歯の磨き方にも注意して下さい。犬の歯磨きは円を描くように優しく磨き、歯茎を傷つけないようにすることがポイントです。自分の歯を磨く時の様に左右にゴシゴシと擦ると出血の原因になります。

歯磨きによる出血の原因2.歯肉炎が起こっている

柔らかい歯ブラシで優しく歯を磨いているにも関わらず歯磨きの際に出血をする場合や、歯磨きシートや指サック状のアイテムを使って歯磨きをしている時に出血する場合は、歯肉炎を起こしている可能性が高いです。

歯肉炎は歯周ポケットに雑菌が繁殖して炎症が起こっている状態です。炎症により歯茎が弱くなると少しの刺激で出血しやすくなります。しかし歯茎の出血を原因に歯磨きを止めると、歯肉炎が悪化するため不適切な対応です。

この場合、歯磨きは止めずに普段より優しく歯を磨いてあげましょう。この方法なら通常2週間ほどで出血することはなくなります。

犬用歯磨きガムって効果あるの?安全性は?

トイプードル等の小型犬は口が小さいため、歯ブラシや歯磨きシート等では口内を隅々までキレイに磨き上げることは難しいでしょう。また本来なら歯磨きは毎日すべきですが、現実的に対処できない飼い主さんも多いです。

この様な場合は、歯磨きガムを併用することで歯磨きに近い効果が得られます。以下では、歯磨きガムの具体的な効果を4つご紹介します。

歯磨きガムの効果1.歯垢を除去

歯磨きガムは噛むことで直接、歯垢を除去できます。歯垢は比較的落ちやすいため、歯磨きガムによる効果は大いに期待できます。しかし隅々まで落とすことは難しいので、歯磨きガムだけに頼ってはいけません。

歯磨きガムの効果2.唾液の分泌を促す

トイプードルに限らず犬は噛むことで唾液の分泌が促されます。また歯磨きガムの様な硬いものを噛むことで、より多くの唾液が分泌されます。

唾液は口腔内の細菌の増殖を抑え、口内を清潔に保つ役割があります。そのため、たくさん分泌されることで歯垢の付着を軽減する効果が期待できます。

但し、大量に唾液が分泌され、唇の周りに唾液が付いている時はキレイに拭いてあげましょう。トイプードル特有の巻き毛は汚れや埃が溜まりやすいので、注意して下さい。

歯磨きガムの効果3.歯茎を鍛える

歯磨きガムや牛皮等の硬い食べ物を噛むことで歯茎が刺激され、強化します。歯茎の強化は歯周病予防に大変重要であるため、日頃からガム等の固いものを噛ませることは大変効果的です。

但し、高齢により衰えた歯茎を鍛えることは難しく、歯が折れたり抜けたりする原因になります。そのため、7歳を超えている場合は高齢犬専用の比較的柔らかい歯磨きガムを与えましょう。

歯磨きガムの効果4.口臭予防

食べカスや歯垢による口臭予防を除き、口臭予防は全ての歯磨きガムに対応しているわけではありません。歯磨きガムの種類にもよっては口臭予防効果のある歯磨きガムがあります。

歯肉炎等の歯の病気がある犬は口臭が強烈な犬が多いため、歯茎に対応した歯磨きガムがあるので、飼い犬に合った口臭予防の効果がある歯磨きガムを選ぶのがおすすめです。

以上4点のように、歯磨きガムにはさまざまな効果が期待できますが、注意点が2つあるのでご紹介します。

歯磨きガムの注意点1.人間用のガムは与えない

人間用のガムの中には口内ケアを目的としたガムがありますが、犬には決して与えてはいけません。

歯磨き粉も同様ですが、人間用のガムはキシリトールが含まれているものが多くあります。人間の口内を清潔に保つためには心強いキシリトールですが、犬は中毒を起こすため、必ず犬用のガムを与えてください。

歯磨きガムの注意点2.歯磨きガムを丸飲みさせない

歯磨きガムによっては犬が目の色を変えて喜ぶものもあります。その場合、飼い犬が歯磨きガムを丸ごと飲み込んでしまう可能性があるため注意して下さい。

トイプードルは小型犬なので食道が細いため、大きな物を飲み込むと食道で詰まったり、消化不良になってしまったりすることがあります。

歯磨きガムを与えている間は飼い主さんが近くで観察し、丸飲みしそうであれば小さくしてから与えたり、歯磨きガムの端を持った状態で噛ませたりする等の対応が望ましいです。

おすすめの犬用歯磨きガムをご紹介!

ここまで歯磨きガムの効果についてご紹介しましたが、具体的にどの様な歯磨きガムを与えるべきか分からない人に向けて、おすすめの歯磨きガムを5つご紹介します。飼い犬に合った歯磨きガムを探す際の参考にして下さい。

1.PETKISS 食後の歯磨きガム 小型犬用(LION)

http://www.lion-pet.jp/product/petkiss/oral_syokugo_k.htm

この歯磨きガムはブラッシング形状になっているため、5回噛むだけ歯垢の除去が大いに期待できます。超小型犬用と小型犬用に分かれているため、飼育しているトイプードルの体重や体格に適したサイズを選べます。

また1袋あたり200円(税込)程度でペットショップやネット通販等で販売されているので、他の歯磨きガムと比べて安い値段で購入できます。

2.グリニーズプラス 超小型犬用(MARS)

http://greenies.jp/lineup/

この歯磨きガムは日本で生活している犬に合わせて作られた歯磨きガムです。また原産国であるアメリカだけでなく日本でも試験を行い、厳しい品質の管理と検査により安全性を確保しています。

サイズは超小型犬用ミニ(体重1.3~4㎏)、超小型犬用(体重2~7㎏)、小型犬用(体重7~11㎏)、中型犬用、大型犬用の5種類があり、体格が良くて平均体重をオーバーしているトイプードルも選びやすいラインナップです。

3.ドギーマン 無添加良品 アキレススティック(ドギーマンハヤシ株式会社)

http://www.doggyman.com/?p=showroom&category=1-4-11-%E4%B9%BE%E7%87%A5%E7%B4%A0%E6%9D%90%EF%BC%88%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%83%BB%E7%AD%8B%E3%83%BB%E9%AA%A8%E3%83%BB%E9%AD%9A%EF%BC%89%E3%81%AA%E3%81%A9&id=172

こちらは歯磨きガムではありませんが、噛むことで歯垢を落とす効果があります。原材料には天然素材を使用しており、無添加にこだわる人におすすめです。

それぞれのスティックは小さいので小型犬にも適しており、好んで食べてくれる犬が多いです。犬から圧倒的な支持を受けているので、食べ過ぎや盗み食いには注意して下さい。

4.豚皮ロールガム ミルクの香り(アイリスオーヤマ)

https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=SHOSAI&SID=P520054F

この歯磨きガムは今回ご紹介している歯磨きガムの中で最もリーズナブルです。また牛アレルギーに配慮しているため、豚皮で作られています。骨型の商品もあるので、飼い犬の好みに合わせて与えることが可能です。

5. JPスタイル 和の究み 歯みがきガム ミニサイズ(日清ペットフード株式会社)

https://www.nisshin-pet.co.jp/products/dogfood/jpStyleSnackGum/jpStyleSnackGumSm01.html

この歯磨きガムは保存料不使用です。また腸内の健康にも配慮し、オリゴ糖と乾燥おからも配合しています。さらに、硬さを抑えた歯磨きガムもあるため、飼い犬の噛む力や歯茎の衰えに合わせて選ぶことが可能です。

但し、今回ご紹介しているスタンダードな硬さの歯磨きガムはかなり硬く、筆者が飼育している生後5歳の小型犬では噛み切ることができないため、「かたさ控えめ」の物を与えています。

歯磨きを嫌がるトイプードルには歯磨きおもちゃも効果的?

トイプードルの中には歯磨きが嫌いな犬が多いです。幼少期に歯磨きを慣れさせることができれば良いのですが、逆にトラウマになってしまい口を触られるのさえ嫌がる子もいます。

その様なトイプードルには歯磨きおもちゃを用いることで、歯磨きに近い効果を得ることができます。歯磨きおもちゃは愛犬にストレスを与えることなく楽しみながら歯磨きできるので有効です。

また歯磨きおもちゃは歯磨きガム同様、物理的に歯垢を除去する効果や歯茎を鍛える効果が期待できます。歯磨きおもちゃの中には、ブラシが付いているものや噛み砕いて食べてしまっても大丈夫なものもあります。

さらに、複雑な形状をしている歯磨きおもちゃもあり、それらは比較的歯垢を除去する効果が高いです。

しかし歯磨きおもちゃの効果は高くないので、隅々まで歯垢をキレイに落とすことはできません。あくまで歯ブラシによる歯磨きのおまけとして使うことが理想です。

トイプードルはトレーニングをしなければ歯磨きをさせることはできません。歯磨き後に大好きな歯磨きガムをおやつとして与え、まずは口を触られることに慣れさせると歯磨きをさせやすいです。

ご自宅のトイプードルのためにも、歯磨きの必要性や正しいやり方を飼い主さんが学ぶことはとても大切です。歯の汚れが原因で起こる病気にならないよう、日頃から愛犬のデンタルケアを欠かさないようにしましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬のマダニの予防ってしてる?マダニに咬まれるとどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA