チワワがベロを出す、出しっぱなしは危険?

チワワがベロを出す、出しっぱなしは危険?

小型犬の中でもひときわ小さい身体でクリクリとした目が可愛いチワワ。そんなチワワを見ていて「なぜベロを出すのか?」「健康状態には関係ないのか?」と疑問や不安に感じることはありませんか?ここではチワワがベロを出す、出しっぱなしにする理由や原因を紹介します!

チワワのベロが出ている原因とは?

チワワのベロが出る原因は様々です。

ベロが出る原因としては「体温調節」「興奮」「熱中症」「気管虚脱」「僧帽弁閉鎖不全症」「老化」「噛み合わせ」などがあげられます。

正常な反応でベロが出ることもありますし、病気が原因でベロが出ることもあります。

健康状態に問題がないもの、病気の可能性があるものを分けてベロを出す原因をまとめました。

チワワがベロを出して、ハァハァしている理由とは?

ここではチワワがハァハァと呼吸する理由の中で健康に問題がないものをまとめました。

体温調節

人は暑い時に汗をかくことで体温調節をしますが、犬は汗腺が少ないため汗をかいて体温を調節することができません。

そのためベロを出してハァハァと息をすることで唾液を蒸発させ、体温調節をしています。

これはチワワが熱中症にならないために大切な行為です。

チワワの暑さ対策や健康管理法をご紹介!一緒に夏を乗り越えよう!

2018年12月26日

チワワにとっての適温、最適な湿度とは?

2018年12月11日

興奮している

おやつをあげる時や飼い主様が帰宅される時などによく見られます。興奮して脈拍数が上がり、呼吸数が増えることが原因でベロを出します。

この時はハァハァと呼吸をしていますが、正常な反応なので健康には問題ありません。

チワワにおやつを与えてもいいの?時期や量、回数は?

2019年1月10日

チワワがベロを出しているが、ハァハァしていない理由とは?

上記ではチワワがベロを出してハァハァしている理由を紹介させていただきました。ここでは、ベロを出しているがハァハァしていない理由を紹介させていただきます。

リラックスしている

リラックスしていると口元の筋肉が緩み、ベロが出ます。よく犬が寝ている時に見られます。

この時はハァハァといった呼吸はなく、ダランとした状態でゆっくりとした呼吸をしています。健康状態には問題ありません。

疲れている

いつもは寝ている時にベロを出さない犬が、ドッグランに行ってたくさん運動した後や、一緒に旅行などに出かけた後にベロを出して寝ていることがあります。

これは疲労により、ベロの筋肉の収縮が弱まることで寝ている時にベロが出てしまうのです。寝ている時なので、呼吸はゆっくりとした呼吸です。健康状態に問題はありません。

カーミングシグナル

カーミングシグナルとは直訳すると「落ち着かせる信号」という意味です。

犬が自分自身を落ち着かせようとしたり、相手を落ち着かせようとする時に見せる行為のことです。

ベロを出す行為は相手に落ち着いてほしいという時に出る行為です。この時は呼吸がハァハァとならず、ペロペロとベロを出します。

口を舐めてくる行為も「敵意がない」ということを表現している行為です。

余談ですが、あくびをするのは眠いからではなくストレスを感じた時に自分自身を落ち着かせるための行為であると言われています。

どのチワワにも起こる反応ですので健康状態には問題ありません。

ベロが出ていることはチワワの生活にどのように影響する?

ベロを出す理由のほとんどは体温調節のためです。しかし中にはベロが出しっぱなしになっているチワワもいます。これは「噛み合わせ」が原因だと考えられます。

犬の成犬の歯の数は42本です。大型犬でも小型犬でも歯の本数は変わりません。チワワは小型犬の中でも小さい犬で、口の大きさもとても小さいです。

口が小さいということは歯が生えてくるスペースも少なくなるので、噛み合わせが悪くなったりします。

噛み合わせが悪いために歯の間に隙間ができ、その隙間からベロが出てしまうのです。

ちゃんとごはんを食べれていれば健康状態に問題はありませんが、噛み合わせが悪いと溝がたくさんできるため歯垢がたまりやすくなります。

歯石がついて歯肉炎になるのを避けるためにもデンタルケアはしっかり行ってあげましょう。

またベロが出っぱなしになっているので口周りがよだれで汚れてしまいます。

口周りがよだれで汚れたままになってしまうと、皮膚が常に濡れている状態になってしまうため、細菌繁殖がしやすい状態になっています。

皮膚炎を起こしてしまわないように、こまめに拭いて清潔に保ってあげましょう。ベロが出しっぱなしになっているチワワは、ベロの状態をよく観察してあげることも大切です。

少しでも心配になる症状が出たら動物病院で診てもらいましょう。

チワワのベロが出ているときの注意点、対処法とは?

チワワでベロが出ている時にもっとも注意すべきなのが「熱中症」です。

熱中症とは体温の上昇により脱水を起こす病気です。処置が遅れ進行すると、脱水によって血液の循環が悪くなり多臓器不全を引き起こします。

体温調節でも述べたように、犬は汗腺が少ないのでベロを出して体温調節をします。汗腺が少なく、全身から汗をかいて冷やすことができないので体に熱がこもりやすく熱中症にかかりやすいです。

夏の暑い時期ですと、アスファルトからの熱の照り返しも強く影響を与えます。

小型犬であるチワワは体高も低いので、体表で感じる温度はかなりの高温になります。小型犬の場合は、より熱中症には注意した方が良いでしょう。

また、お散歩の時だけではなく室内でも熱中症にかかる可能性はあります。室内にいても様子をよく見てあげましょう。

お家の中でもチワワが涼しく過ごせるように、クーラーを付けたり、犬用のクールマットなどがあると良いでしょう。

熱中症になった犬は体温の上昇に体温調節が追いつかずベロが出しっぱなしになりぐったりした状態になります。

対処法としては、意識がある場合は体を冷やすことです。首周りや脇の下を冷やしてあげると効果的です。保冷剤をタオルで包み当ててあげましょう。

また流水で体を冷やしてあげることも有効です。水で濡らしたタオルでくるんであげるのも良いです。

氷水で冷やすという方法もよく耳にしますが、急激な温度の変化はかえって体に負担をかけてしまうので避けたほうが良いでしょう。

意識がない場合はすぐに動物病院に連れて行きましょう。熱中症は最悪の場合、死に至ります。そうならないためにも、愛犬の様子はしっかり見てあげましょう。

ベロを出しているチワワは危険?病気の可能性はある?

ここではベロを出している原因が病気のものをまとめました。

気管虚脱

気管虚脱は呼吸時に気管が潰れることで、空気の通りが悪くなってしまう病気です。

肥満や運動不足、老化によって好発しやすい病気です。症状としては、ガーガーといった咳をするようになったり、苦しそうにハァハァと呼吸をします。

症状が進行すると酸素不足を起こし、ベロが青くなります。大型犬より小型犬に多く見られる病気です。このような症状が見られたら動物病院での治療が必要です。

僧帽弁閉鎖不全症

心臓の弁の一つである僧帽弁がうまく閉じなくなってしまい、血液の循環に異常がでる病気です。

症状としては、散歩に行くのを嫌がったり、何かが喉に詰まったような咳をします。症状が進行すると肺水腫を起こします。

肺水腫とは肺に水が溜まってしまうことです。肺水腫になると呼吸が苦しくなるので、ハァーハァーと呼吸をします。

小型犬のシニア犬によく見られる病気です。動物病院での治療が必要になります。

シニア犬、老犬がベロを出している理由とは?

老犬になると歯茎が痩せ細くなったり、歯肉炎を起こしやすくなったりと、若い頃に比べて口腔内の健康状態が乱れやすくなります。

口腔内でトラブルが起きることで歯が抜けてしまったり、隙間が出来てしまいベロが出てしまうのです。

また、ベロは筋肉でできています。老化に伴い筋力が衰えることでさらにベロが出てしまうのです。

ベロが出っぱなしなので、口周りのケアとベロの色が変色していないか、乾燥による出血などがないかをこまめに確認してあげると良いでしょう。

ベロの色が変色しているなどの気になる変化が見られたら動物病院で診てもらいましょう。

シニアになっても健康的にいられるようにデンタルケアはしっかりと行ってあげたいですね。今はペットショップにたくさんの種類のデンタルケア用品があります。

お家のチワワに合ったデンタルケアをしてあげましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


チワワがベロを出す、出しっぱなしは危険?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA