犬も水分補給が重要!1日どのくらいの水が必要なの?

ペットのヘルスケアを考える

犬やねこちゃんの体は体重の60~70%は水分です。
この、体の水分量が10%なくなってしまっただけでも、死亡してしまうと言われています。それでは、犬には1日どのくらいの水が必要なのでしょうか?

犬やねこちゃんの体は体重の60~70%は水分です。
この、体の水分量が10%なくなってしまっただけでも、死亡してしまうと言われています。

この体内の水分は、おしっこやうんち、唾液などから、失われ続けています。
犬、ねこちゃんが飲む水の量ですが、個体差もありますし、その日の運動量、天気にも左右されます。
もともと乾燥地帯で進化したねこちゃんは、水を節約する能力を持っていて、飲水量が少ないです。
小さい頃から飲水量が少ない犬もいます。
ですから体重だけを見て、この子の飲水量はこのくらいですとは、言い切れないのです。

健康である状態で、自分のおうちの犬ねこちゃんがどれくらいお水を飲んでいるか、をしっかり把握しておく必要があります。

なぜかというと、急にお水をたくさん飲み、おしっこをたくさんする、多飲多尿という症状が出る、子宮蓄膿症やホルモンの病気などもありますので、早期発見のために、日頃から、飲水量を気にして把握しておきましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


ペットのヘルスケアを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA