犬だって夏バテする?!原因と対策とは?

犬だって夏バテする?!原因と対策とは?

8月末ともなると、残暑厳しい日々ですね。
人間も夏バテしやすい時期ですが、犬だって夏バテします。
犬は人間よりも暑さに弱い動物で、その子がしっかり自分でお水を
取っていればいいのですが、汗を出す箇所が少ないために、
熱中症になることもあります。

原因とそして、私たち飼い主ができることは何かを紹介しますね。

8月末ともなると、残暑厳しい日々ですね。
人間も夏バテしやすい時期ですが、犬だって夏バテします。
犬は人間よりも暑さに弱い動物で、その子がしっかり自分でお水を
取っていればいいのですが、汗を出す箇所が少ないために、
熱中症になることもあります。

原因とそして、私たち飼い主ができることは何かを紹介しますね。

犬の汗を出すところは少なくて、暑さに非常に弱いです

ワンちゃんをお散歩に出して走らせると、ハァハァと舌を出しますよね?
実は、ワンちゃんが汗を発散させられる場所は、足の裏(肉球)と舌しか
ありません。
体に汗腺というものが、人間と違ってないんですね。

だから、暑い日になると舌を出して、ハァハァとするのは、汗の発散とも
言えます。
自分でお水をしっかり取っていれば、大丈夫なのですが飲む量をチェック
しておく必要はあります。

1. 夏バテを起こすとどういう症状が出るか?

夏バテを起こしたワンちゃんに出る症状とは、
・食欲がなくなる
・動きが鈍くなる
・名前を呼んでも反応が悪い
が夏バテを起こしている初期のサインですね。
さらに、夏バテがひどくなると、フラフラとして倒れる、嘔吐、下痢、
血便になります。
そうなると、大至急で動物病院へ連れていく必要があります。

2. そもそも犬の夏バテの原因って?

犬はそもそも暑さに弱い動物です。
「暑さ」がそもそもの犬の夏バテの原因と言えます。
長毛種と短毛種で快適に過ごせる室温は違いますが、長毛種で15〜20度、
短毛種で20〜25度と言われています。
さらに湿度のことも考えると、50〜55%が最適と言われています。

日本の気候からいうと、ワンちゃんの夏の環境は過ごしにくい環境で、
夏バテを起こしやすい環境なのです。

原因から見えてくる夏バテ対策

「暑さ」は、人間に取ってもしんどいのに、ワンちゃんの適正室温などを
知ると、どれだけワンちゃんに対しての暑さ対策が重要かがわかりますよね?
では、私たち人間がワンちゃんにしてあげられる夏バテ対策を
見ましょう。

1. お散歩の時間を涼しい時間に変更してみる。

肉球は汗腺がつまっているところですから、暑い時間にアスファルトを
歩かせると、やけどを起こしてしまう場合があります。
夏だけ、ちょっと人間には大変なことになりますが、早朝と夜に気温が
下がってから散歩にでかけるといいです。

蚊の問題やアスファルトの暑さの問題は多少ありますが、ハンディの虫除けや
ワンちゃんようのブーツを履かせるのもいいですね。
ブーツは嫌がるようなら、脱がせてあげてください。
逆にストレスが溜まってしまいます。

2. クーラーの活用

人間でも、ニュースで「熱中症注意!」と告知が出た時は、クーラーをすぐに
つけますが、ワンちゃんに対しては、早めにクーラーの効いたお部屋で涼ませるようにしてあげましょう。

電気代も気になりますが、遮光カーテンの併用もいいですね。

3. 犬用の冷却グッズを使ってみる

夏前になると、アルミ製か大理石、もしくは保冷剤を入れることができる
ベッドやシートがペットショップで販売されます。

飼い主の好みでまずは一つ買って見て、乗ってくれるかを確かめてくださいね。
ワンちゃんにとっては、「これいやだ!」というのもありますので、
試行錯誤になりますが、冷却グッズを使うのも夏バテ対策になります。

どれもダメだったという場合は、ワンちゃんがよく寝ている所の下に
かじられないようにタオルを巻いたアイスノンを入れてあげると
いいですよ。

4. 長毛種限定。サマーカットにする。

トイプードルやポメラニアンなど、普段からトリミングでカットに連れて行っている子は、思い切ってサマーカットのもいいです。

トリミングサロンで相談してみると、かわいらしく見た目も涼しげな
カットをしてくれます。
ご自宅でされている方は、あまり短くしすぎると、
かわいそうになってしまう場合もあるので、夏だけトリミングサロンでカットも一つの案です。

5. 食事でも夏バテ防止

我が家の愛犬も今食欲が落ちていて、対応している最中ですが、
夏バテが起きると、食欲が落ちてしまいます。

あまりにもひどい場合は、動物病院で一度診察を受ける必要が
ありますが、ある程度普段のフードを食べていてくれているなら、
犬用の牛乳やを混ぜてあげる、ドライフードの子なら、
缶詰のウェットタイプをあげてみるなど、犬にとって安全でなおかつ大好きな食べ物を与えてあげるのも夏バテ防止です。

 

異常な行動をしめしたら、すぐに病院へ

最初にも書きましたが、夏バテからひどい脱水症状を起こすと、
フラフラとして突然倒れてしまったり、よだれが異常に出てくる、
血便、下痢、嘔吐が出れば、すぐに動物病院へ連絡した上で
連れて行ってあげてください。

病院で1泊入院することになりますが、点滴などの処置をしてくれますし、
夏バテ時のドッグフードも紹介してくれます。

まとめ

犬の夏バテは、人間よりも処置が遅れると大変なことになります。
個体が小さいので、弱るスピードも早く、汗腺が少ないので、
ちょっとした異常があれば、すぐに動物病院へ連れて行って
あげてください。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬だって夏バテする?!原因と対策とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA