トイプードルの涙やけの原因と対策を徹底解明!

トイプードルの涙やけの原因と対策を徹底解明!

トイプードルの愛らしい目のふちが茶色く汚れている症状を「涙やけ」と言います。涙やけはなぜ起こってしまうのでしょうか?放っておいても大丈夫?今回はトイプードルの飼い主さんを悩ませる涙やけの原因とその予防法、治療法についてご紹介していきます。

涙やけって何?

トイプードルによく見られる涙やけとは、涙があふれて目のふちが汚れている状態をさします。白毛のトイプードルの場合は目の周りが茶色く染まるので、目にされる方も多いのではないでしょうか。

この涙やけは毛が涙で汚れるだけでなく、まぶたの炎症や結膜炎を併発させる原因となるので注意が必要なのです。

トイプードルの涙やけの原因は?

トイプードルの涙やけの原因となっているのは、「流涙症(りゅうるいしょう)」という、涙があふれてとまらない目の疾患となります。

本来涙は、目の汚れを落としたり結膜や角膜を潤す役割を持っており、眼頭にある穴(涙点(るいてん))に吸収され鼻の先の穴(鼻涙点(びるいてん))から排出される仕組みとなっています。

しかし、角膜炎や結膜炎などの症状で一時的に涙の量が増えたり、涙が通るはずの管が詰まったりすることで涙の排出がうまくいかなくなると、目から涙があふれてしまい涙やけを起こすことになります。

トイプードルの涙やけを予防する方法は?

トイプードルの涙やけを予防するには、こまめに涙をふき取ってやることが大切です。
涙をそのままにしていると汚れがたまり、皮膚炎や結膜炎の原因となってしまいます。

しかし、鼻炎などで鼻に問題があり、涙の排出が上手くいっていない場合には、涙をふき取るだけでは症状は改善されません。
涙やけの症状がひどい場合には、早めに動物病院を受診しましょう。

トイプードルが涙やけになってしまったら?治療法は?

トイプードルが涙やけになってしまったら、動物病院で流涙症の原因がどこにあるのか調べる必要があります。

目や鼻の炎症が原因で、涙が通るはずの管が詰まっている場合には、トイプードルに麻酔をかけ、細い管を涙の通る管にさしこみ洗浄することになります。

目やにが多く結膜炎を引き起こしそうな場合には、合わせて点眼薬で治療する必要があるでしょう。

涙やけの原因である流涙症は、一度発症すると完治しにくい場合があるので、その後も良く症状を観察するようにしましょう。

涙やけを放置すると病気を引き起こす??

涙やけをおこしていると、目の周囲が汚れやすくなります。
そのため、汚れを放置していると結膜炎を引き起こし、さらに目の症状を悪化させる原因となってしまいます。

また、涙といっしょに出た目やにが鼻のわきに流れる事で、皮膚が腫れたり湿疹が出たりすることもあります。
そうなると痛みや痒みが生じるため、犬が患部をこすり皮膚炎の原因となってしまいます。

涙やけにならないよう対策・予防をしましょう!

涙やけの原因となる流涙症は、一度発症すると、完治しにくい病気です。
症状を悪化させないためには、まぶたを清潔に保ち涙をこまめにふき取るようにしましょう。

愛犬の健康を保つためには、早期発見、早期治療が大切です。
目やになどの症状が出た時には早めに動物病院を受診し、涙があふれる原因をつきとめ適切な治療を受けるようにしましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


トイプードルの涙やけの原因と対策を徹底解明!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA