ちゃんと打ってる?狂犬病ワクチン

ちゃんと打ってる?狂犬病ワクチン

狂犬病とは、すべての哺乳類に感染する、人と動物の共通感染症です。ここでは、狂犬病にかかったときや狂犬病のワクチンを摂取する時期についてご紹介します!

狂犬病は、すべての哺乳類に感染する、
人と動物の共通感染症です。
近年日本では発生していませんが、近隣の国では発生しています。しっかり予防してあげましょう。

 

狂犬病にかかったら

 

感染すると100%死亡してしまいます。
唾液にウイルスが排出されて、咬まれることにより感染します。

 

ワクチンを接種する時期

狂犬病予防法でも決められています。
生後91日を過ぎたら、接種してあげましょう。
その後は毎年1回、4~6月にワクチンを接種してあげましょう。

万が一、自分のおうちの犬のが、他のおうちの犬や、人をかじってしまった時も、狂犬病ワクチン証明書も必要になります。

外にあまり出ないし、狂犬病の犬も近くにいないから、と接種していない犬も多くいますが、大切な家族を守るためにも、しっかりと予防接種してあげましょう。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


ちゃんと打ってる?狂犬病ワクチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA