犬の口の中の病気ってどんなものがあるの?

犬の口の中の病気ってどんなものがあるの?

犬の歯磨きはしていますか?犬の口腔内の疾患は、とてもかかることが多い疾患です。

犬の唾液には、酵素が含まれていて抗菌作用を、発揮することができています。
しかし、食べる物の変化や、犬が長生きするようになったことで、歯周病などが増加しています。
こちらでは、犬の歯について、口腔内の疾患について、紹介していきます。

 

犬の歯って?

 

犬の歯は、4種類に分類されます。

切歯

前歯のことで、獲物を捕らえたり、咬み切ったりするときに、使います。乳歯も永久歯も、上下6本ずつあります。

 

犬歯

犬歯は、獲物を切り裂く時に使います。

尖っていて、長くて、よくキバと言われている歯です。
乳歯も永久歯も、上下4本ずつあります。

前臼歯

犬歯側にある、奥歯のことです。
獲物を咬み切ったり、切り取る時に使います。
こちは、乳歯のときにはありません。
永久歯では上下8本ずつあります。

後臼歯

一番奥に生えている奥歯です。
ごはんをすり潰すときに使います。
乳歯の時は、上下6本ずつ生えていて、永久歯では上に4本、下に6本生えています。

乳歯から永久歯に変わる時は?

乳歯は合計で28本、永久歯に生え変わると、42本になります。
生後3週間くらいから、乳歯が生え始めます。
永久歯には、3ヶ月~7ヶ月の間に永久歯に生え変わります。
この頃、歯がむずがゆくて、家具などいろいろなものを、かじります。
ゴールデンレトリバーなどの大型犬ですと、椅子や木製の家具などを壊されてしまう時もあります。気をつけましょう。
この時期から、甘咬みも許してはいけません。
甘咬みのしつけも、しっかりしてあげましょう。

どんな口腔疾患があるの?

 

犬が、よくなる口腔疾患に、歯周病があります。
歯肉や歯槽骨など、歯の組織の病気のことです。
この歯周病の原因になるのが歯垢です。
どんどんたまっていく歯垢に、唾液に含まれているカルシウムなどをとりこみ、石灰化します。
そして、それを繰り返し歯石になります。
歯石にはたくさんの菌が付着してしまいますし、口臭の原因にもなります。
そして、細菌が感染して炎症が起こります。

この歯周病がひどくなっていくと、歯根の炎症が進み、目の下ののあたりに膿がたまったり、そこの皮膚に穴が開いてしまうこともあります。
下の歯の場合、あごの骨がとけて、骨が折れ、ご飯が食べられなくなってしまうということもあります。

歯周病になってしまうと、血管から細菌が入ってしまい全身に散らばります。
それが原因で、心臓病、肝臓病、腎臓病なども引き起こしてしまうのです。

歯石が溜まってしまったら

 

 

歯石が溜まってしまったら、動物病院で綺麗に除去する事ができます。超音波スケーラーで、綺麗に除去したあとに、ポリッシングといって、歯をつるつるに磨き、これから歯石が付きにくくする処置もあります。

犬の不正咬合って防げるの?

 

犬の不正咬合も、歯周病の原因となります。
歯並びが悪いと、その隙間に歯石が出来やすくなります。
犬種によって、もともと歯並びが悪い犬もいますが、乳歯が抜けないで残っている残存乳歯も、歯並びが悪くなる原因の一つです。

 

この残存乳歯は、6ヶ月頃までに抜けていないと、もう自然に抜けることはありません。ですから、動物病院で全身麻酔をかけて乳歯を抜く処置をします。
ちょうど、この時期が去勢手術と避妊手術をする時期なので、まとめて一回の麻酔でしてしまう子がほとんどです。

歯石による歯周病は、毎日歯磨きをしてあげる事で、防ぐ事ができます。
歯磨きは、子犬の頃からきちんとしつけてあげる事が大切です。大人になってから始めると、嫌がってさせない子がほとんどです。
「歯磨きは怖くないよ」「気持ちのいい事なんだよ」と、教えてあげましょう。

乳歯が残っている事にも、気がつかない飼い主さんもいます。定期的に動物病院へ通い、犬のお口の中の健康チェックもしてもらいましょう。

犬の口の中の病気ってどんなものがあるの?