犬の混合ワクチンで防げる病気って?

犬の混合ワクチンで防げる病気って?

犬の定期的にする予防の中には、ワクチンがあります。
犬のワクチンには、主に、狂犬病ワクチンと混合ワクチンの2種類があります。
こちらでは、混合ワクチンによって予防することができる病気を紹介します。

どんな病気?

 

 

ジステンパーウイルス

感染した犬に接触したり、うんちや、うんちが乾燥した粉塵を吸い込むことにより、感染します。
症状は鼻炎や発熱、肺炎などが起こります。
目が青色や緑色になったり、鼻鏡が硬くなったりします。
ジステンパーにかかると死亡率が高く、治ったとしても神経過敏や、けいれんなどの後遺症がみられることがあります。

イヌアデノウイルス感染症
感染した犬のうんちや唾液に接触したり、食器の共用でも感染します。
症状は、食欲不振や発熱、鼻水、嘔吐、下痢などがみられます。
こちらも、死亡率が高い危険な疾患です。

イヌ伝染性咽頭気管炎
感染した犬の、唾液、うんちが乾燥した粉塵を吸い込むと感染します。
症状は、乾いた咳、発熱、鼻水がみられます。
感染力が高いので隔離が必要になります。

イヌパラインフルエンザ
感染した犬の唾液、うんちなどから感染します。
症状はら食欲不振、発熱、多量の鼻水などがみられます。
こちらもかなり強い感染力なので、感染した犬は、隔離が必要です。

イヌパルボウイルス
感染した犬のうんちに接触したり、汚染された器具に接触しても感染します。
イヌパルボウイルスは、排出するウイルスがとても多く、数ヶ月間も感染力を持っています。

症状は虚脱や呼吸困難、心不全で死亡してしまうこともあります。
子犬や若い犬ほど症状が重くなります。
イヌコロナウイルス感染症
感染した犬のうんちに接触したり、汚染された器具に接触しても感染します。
症状は、オレンジ色の下痢がでたり、食欲不振や嘔吐がみられます。
パルボウイルスとともに感染してしまうと死亡してしまうこともあります。

レプトスピラ感染症
感染している犬のおしっこに病原体が排出され、接触することにより感染します。

感染してしまったら

感染した時は、動物病院での入院、点滴、投薬などの治療を始めます。
お世話をする人は、手袋をはめて、感染している犬のお世話をした後は、手袋を捨て、よく消毒し、着替えてから次の子のお世話をしたほうがいいでしょう。
ケージや、食器類の消毒も大切です。
これ以上、まわりの犬に広めないためにも、徹底して行わなければいけません。
特に、うんちやおしっこの始末は、慎重に、周りを汚さずに行います。
子犬の犬が感染してしまうと、助からずに、亡くなってしまうこともあります。
そうならないためにも、混合ワクチンを定期的に接種してあげて、病気から守ってあげましょう。

 

絶対に接種しないといけないの?

 

混合ワクチンの接種は、獣医師によって意見がさまざまですが、毎年1回の接種を勧めている獣医師が多いと思います。
しかし、ワクチンは、犬の体とって、悪い影響を及ぼすことがあります。

ワクチンを接種した犬が、アレルギー反応を起こしたり、自己免疫疾患、下痢や嘔吐をしてしまう子もいます。
中にはワクチンショックといって、ワクチンを打った後に、亡くなってしまう犬もいます。
ワクチンを接種した後は15分くらいは、動物病院の中で待ち、何も変わった症状が出ないことを、確認してから、おうちに帰ります。
おうちに帰った後も、犬をおいて出かけてはいけません。あとから、なにか具合が悪くなったり症状が現れることがあるので、ワクチンを打ったその日は、出かけたりせずに、犬と一緒にいてあげましょう。
ワクチンを接種するということは、病気を防げるというメリットだけでなく、そのような危険もあるので、よく獣医師と犬の体調などを相談してから接種しましょう。

犬の混合ワクチンで防げる病気って?