犬の血統の鑑定だけじゃない!遺伝子検査について知っておこう

犬の血統の鑑定だけじゃない!遺伝子検査について知っておこう

犬の遺伝子検査って知っていますか?
DNA検査といったほうがなじみがあるのかもしれませんね。
唾液や毛髪から犯人と思われるDNAが・・・なんて推理小説の話ではなく、犬のDNA検査のお話です。

犬のDNA検査は必要?

我が家の愛犬は血統書つきなのでDNA検査は必要ない!なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬のDNA検査はもちろん血統も調べられますが、それだけではなく、遺伝性疾患の検査を行うことができるのです。

犬の遺伝子疾患って何?

では、遺伝子疾患ってなんでしょうか?
「遺伝子や染色体の変異によって起こる病気」のことです。
親犬が遺伝子や染色体の変異がある場合はもちろん、親犬が正常でも純血種の犬が近親交配を繰り返してきたために変異遺伝子もしくは染色体が長年受け継がれ、各犬種特有の遺伝性疾患を発生するなどとも考えられていますので、血統書つきの犬を飼っていらっしゃる方でもぜひ遺伝子検査をお勧めします。

遺伝子疾患の予防はできるの?

残念ながら予防接種などと違い、遺伝子検査をしたからといって、遺伝子疾患の予防ができるわけではありません。
また、全ての遺伝子疾患を検査することもできません。
しかし、検査することで、染色体の異常などが見つかれば、こまめに病院に行き、早期発見、早期治療できるように努力することは可能です。

DNA採取は痛みもなく手軽に行えるものが多く、金額も安価なものが多いです。
ぜひ一度検討してみてください。

犬の血統の鑑定だけじゃない!遺伝子検査について知っておこう