犬が、飲み込んじゃった!誤飲してはいけない危険なものとは

犬が、飲み込んじゃった!誤飲してはいけない危険なものとは

犬が、いたずらしたり、遊んでる間に、何かを飲み込んでしまったということは、少なくありません。
こちらでは、どのようなものが危険なのか、飲み込んでしまったら、この先どうなってしまう恐れがあるのか、を紹介します。
小さいものだから、喉を通ったから、うんちとして出てくると思い込んではいけません。
小さなものでも、とても危険なものがあります。

飲み込んだら危険なもの

 

テニスボールなど、ボール類

 

犬と遊ぶおもちゃの定番ですが、大型犬だと飲み込んでしまうことが出来ます。

胃を通過することが出来たとしても、腸の太さよりも大きいと、腸の中で止まってしまい、腸閉塞を起こします。

 

靴下

 

飼い主さんのニオイが染み付いていて、犬が大好きな靴下です。こちらも、飲み込むと、腸の中で止まってしまい腸閉塞になってしまいます。

うめぼしの種や、ももの種

 

うめぼしやももの種は、美味しそうなニオイが強く、犬もよく食べてしまいます。うめぼしの種は、小さく思いますが、小型犬の腸は、通過することが出来ません。うめぼしの種も腸閉塞を起こしてしまいます。

電池

 

小さなボタン電池は、簡単に飲み込むことが出来ます。重い症状だと、胃潰瘍になってしまうことまあります。

靴紐や包帯など、ひも状のもの

 

靴紐や包帯などの流しものを飲み込むと、腸重積になってしまいます。タイツやストッキングなどにも注意が必要です。

鶏の骨や、縫い針など

 

犬は、ものを噛まずに丸飲みする習性があります。鶏の骨や針などの尖った物を丸飲みしていますと、食道に刺さってしまいます。

人間用の飲み薬

 

すぐに動物病院に行きましょう!

 

誤飲によって、引き起こす主な疾患

 

 

腸重積

 

 

腸が、肛門側へ吸い込まれるように重責していく病気です。
食欲がなくなり、激しい嘔吐、脱水などの症状がみられます。
犬の、腸重積の進行ははやく、どんどん嵌入していってしまいます。

 

腸閉塞

 

異物を飲み込むことにより、腸のなかで異物が
それ以上進まなくなり、腸を塞いでしまう病気です。
食欲がなくなり、嘔吐がみられます。
閉塞されることで、腸内で毒素がつくられ、その毒素を吸収することにより、犬は衰弱してしまいます。

食道狭窄

 

犬の飲み込んだ異物が食道に刺さり、損傷してしまいます。食べたものをすぐ吐き出します。この時は嘔吐とは違い、胃から吐き出すのではなく、食道から吐き出ししているので、胃液は含まれることはありません。

誤飲をしないようにする対策

 

 

家の中はいつも片付けておく

 

犬が生活する、家の中はいつも片付けておきましょう。
もし、何か食べてしまっても、あれが失くなったなど、すぐ気がつくことが出来ます。
靴下やストッキングを入れる洗濯カゴも、高いところへ置くようにします。

目の届く範囲で遊ばせる

 

ドッグランや公園など、何が落ちているかわかりません。飼い主さんの目の届かないところで、ボールやタバコなど、飲み込んでしまうところで大変です。
気がつかないところで、飲み込んでしまうとら発見も遅れ、何かあったときに、気が付いてみると、すでに重症化していたということもあります。

 

拾い食いを習慣にさせない

 

日頃から、キッチンや食卓で落ちてしまった食べ物を食べる事が許されていると、外でも拾い食いをするようになってしまう事があります。
犬には、ご飯の時間にご飯を食べる場所を決めて、その場所以外では与えないようにしましょう。

飲み込んでしまったら

 

異物を飲み込んでしまったら、すぐに動物病院に連絡します。
吐かせられるものであれば、吐かせる処置をしたり、内視鏡で摘出します。
レントゲンやエコーの検査で、異物が胃にあるのか、腸にいってしまっているのかを確認することもできます。

異物を飲み込んでしまった時は、早めの処置が大切です。まだ胃にあるうちに、嘔吐や摘出できる事が1番です。
腸まで行ってしまうと、そのままうんちとして出なければ、手術をしなければいけません。
犬が、怪しい行動をしていないか、日頃から注意して見てあげましょう。

犬が、飲み込んじゃった!誤飲してはいけない危険なものとは