散歩で便利な犬のフン処理グッズ!まとめてみました!

散歩で便利な犬のフン処理グッズ!まとめてみました!

家のワンちゃんをお散歩に連れ出すのは、楽しいですよね。
お散歩はいいのですが、飼い主さんが悩むのはワンちゃんが
うんちをした時の処理問題ですね。
それでは、今人気が出ている「散歩での便利なうんち処理グッズ」を
まとめましたので、お困りの方は是非ご参考にしてくださいね。

家のワンちゃんをお散歩に連れ出すのは、楽しいですよね。
必ずお散歩で運動させないといけない子もいますが、やっぱり
犬とのお散歩は楽しいもの。

お散歩はいいのですが、飼い主さんが悩むのはワンちゃんが
うんちをした時の処理問題ですね。
放置すると罰金を取られる市もあるぐらいですから、うんちは
必ず持ち帰るのが鉄則なので、飼い主さんがスマートにうんちを
処理できるグッズは必要です。

それでは、今人気が出ている「散歩での便利なうんち処理グッズ」を
まとめましたので、お困りの方は是非ご参考にしてくださいね。

我が家のワンちゃんのうんちの持ち帰りはマナーです

筆者の家の前にもよくよそのワンちゃんのうんちが放置されていることが
多いです。
よそのワンちゃんのうんちなので、気持ちのいいものではありません。
仕方なくこちらで処理することになりますが、もしその子が何らかの
病気を持っている場合、親切に処理した人が感染する可能性はあります。

最近有名になったのが、大阪府泉佐野市の犬のフン放置に関する条例で、
放置しているのを見つけた場合は高額罰金を取られることになっています。

「犬のうんちを持ち帰る」というのは、飼い主さんの最低限マナーですから、
便利グッズも出ているので、必ず持ち帰りましょうね。

人気の散歩時のうんち処理グッズ

さて、お散歩の時に持って歩くということになりますので、
飼い主さんが持ち歩きしやすくて、しかも便利、そしてコスト面で
高額ではないかというのが、購入のポイントになります。
ビニールタイプ、スコップタイプ、金魚すくいのタモのような形状タイプと
大きく3つに分かれます。

どのタイプでもいいのですが、犬種によってはうんちの量が多いことが
あるので、そのことも考慮して購入する必要があります。

1. ビニールタイプ

手袋のようにカットされて裏を向けて持って帰るタイプと、袋の上に紙袋が
ついていて受け止めてから裏返しにして持ち帰るタイプ、器具で一旦拾い上げてから、
専用の袋に入れて持ち帰るタイプなどに分かれます。

ビニールタイプについては、匂い対策とコスト面と枚数が選ぶポイントに
されていて、今はさらにトイレに流せるかどうかも重要視されています。
今特に人気が高いのが、紙袋付きタイプです。

紙袋が水溶性のもので、散歩の時に2〜3枚持ち歩いておいて、うんちをした時、
紙袋部分でうんちを拾うか便意をもよおした時に、さっとうんちが落ちそうな
ところで受け止めて、裏返しにして持ち帰り、紙袋部分のみそのまま家庭の
トイレに流すというタイプが人気急上昇中です。

2. スコップタイプ

そのままの名前のタイプになりますが、スコップの形になっていて、
うんちをそれでキャッチして、袋にさっと入れるタイプです。

鳥のくちばしのように開いて受け止めるタイプのものが多く、
もし地面にうんちが落ちてしまっても、すくい上げて拾うことが
できるということから、まだまだ人気のあるタイプです。

ただし、園芸用のスコップでも代用できるのではということで、
最近このタイプを扱っているお店は少なくなりつつあります。

3.金魚のタモタイプ

持ち手が長くて、飼い主さんが立ったまま、わんちゃんが便意をもよおした時、
拾いやすいタイプで、このタイプが今はよく販売されています。
金魚のタモのような形状で、先の丸い部分にビニール袋(犬用のうんち袋でも
可能です)を取り付けて、もよおした時に先の丸い部分で受け止めてそのまま持ち帰るというタイプです。

持ち手の長さが短いものから長いものまでバリエーションが豊富で、
ビニール袋についても、市販のビニール袋やレジ袋でも使用可能というものが
一番よく売れています。
犬用のうんち処理袋だと、枚数が多くても毎日のことですから高いということで、市販のビニール袋やレジ袋が使えるタイプのものが好まれています。

持ち手の長さについては、飼い主さんの身長や体調と犬の大きさで
サイズ選びが重要になります。

腰を痛めやすい飼い主さんやご高齢の方だとかがむことが難しくなるので、
持ち手が長めのタイプがいいですね。

大型犬ではうんちの量は多くなるので、器具がどのぐらいの大きさの犬まで
耐えられるかもチェックする必要があります。

まとめ

筆者の愛犬(チワワ)は、なぜか不思議なことに外でトイレをしないという概念があるのか、
この手のグッズを念のため用意したのですが、活躍することが一切ありません。

たまに散歩の時にうんちをすることはありますが、念のために自分の手が入る
ビニール袋を持参しているので、手をビニール袋に入れて持ち帰っています。
普通ゴミとして出していますが、最近はゴミの匂いとうんちの匂いで嫌がる
方が多い為、水洗トイレに流せる袋を買い求める人が多いとペットショップの
方からお聞きしたことはあります。
専門家の指摘では、寄生虫問題もあるので、トイレに流すのはあまりよくないとも言われています。

自分はどのタイプが一番いいかということで、試してみて、使い方が
ご自身に合うものを購入してくださいね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


散歩で便利な犬のフン処理グッズ!まとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA