なんであるの?ペット用のベビーカー。深いわけもあるのです

なんであるの?ペット用のベビーカー。深いわけもあるのです

時々、ベビーカーと思って見ていると、たくさんの犬が乗っている姿や、ゴールデンレトリバーが乗っていてびっくりすることがありませんか?

 

最近では、ペットショップで人間の赤ちゃんが乗ってもよさそうな可愛いベビーカーが販売されていて、購入される方も案外多いです。
必要なさそうで、必要な飼主さんもいらっしゃるのですが、どうして必要になってきているのでしょう?
深いわけがあるので、是非ご一読いただければ幸いです。

 

【犬と飼い主さんの高齢化での散歩問題】

あまりペットに興味のない人だと「なんで犬がベビーカーに乗ってるの?」と

不思議に思われますよね?
実は、犬の平均寿命が延びたことと、飼い主さんの高齢化とが関係しています。

犬の飼育環境(フード・医療技術など)がよくなったので、
普通に最低限の予防をしていれば10~15歳生きる犬もいます。
しかし、白内障で目が見えない・認知症・体が不自由な子が急増してきています。
れだせるベビーカーで犬と飼い主さんが外出できるようになりました。

【多頭飼いをしている人からのニーズも】

 

犬を「我が子」と思っている人は、同じ犬種を5頭以上飼育しているということもあります。

多頭飼いをしている人が、リードをつけて一斉に散歩に連れ出すとなると、犬種によって、走るのが大好きな子だと、リードがもつれて、
飼い主さんが危険な目をすることもあります。

若い飼い主さんでも、引きずられてしまうこともあるので、多頭飼いをしている方のニーズもあって、一気に「ペットのベビーカー」が普及しました。

 

【便利は便利だけれども、周りへの配慮は大切】

 

多頭飼いをしていたり、老犬を連れ出すというのには大変便利ですね。
このペット用のベビーカーは、災害避難時に案外役に立つことがあって、避難の時と避難所でのクレートがわりになってくれます。

便利なのですが、まだまだ理解されていないのがペット用のベビーカーです。

マンションによっては、このベビーカーの使用を禁止しているところもありますので、使用を検討している方は管理人さんや自治会に確認してくださいね。

なんであるの?ペット用のベビーカー。深いわけもあるのです