犬のお洒落全般とこだわり

犬のお洒落全般とこだわり

・お洒落全般
ペットも人間と同じようにお洒落をさせたい!と
思っている、お洒落させている飼い主様は
多いと思います。
オシャレとはいろんな種類があります。
犬に可愛い服を着せたりなどあります。
今回紹介するオシャレとは、服によるオシャレと
トリミングによるオシャレです。

まずは犬用の服についてです。
街や地元などを散歩していると、服を着た犬を
見たりしますよね。
昔は服を着た犬はいませんでした。
基本的に首輪だけで、今は可愛い服や可愛い首輪など
オシャレ事情は大きく変わりました!

次は、トリミングによるオシャレです。
トリミングによるオシャレとは、
主にオシャレカットで犬に似合う個性的な
カットのことです。
テリア系なら口元や目の上の毛を長くするなど
ドックショーを基準に犬種別にきめられていましたが、
その犬に似合うカットが今では主流になりました。
例えば、トイ、プードルをテディベア風のベアカットなど
さまざまなオシャレカットがあります。
オシャレカット以外にもオシャレ染めもあります。
人間でいう髪の毛を染めることです。
オシャレ染めは、肌の弱い犬や体の弱い犬にはオススメできませんが、
オシャレ染めによる個性を出すにはオススメです。

次は、こだわりについてです。
皆さん飼い主様一人一人こだわりありますよね!
服だとハンドメイドのもので、
服で個性を出したい人にはオススメです
ハンドメイドは基本的には同じ服はないので、
目立ちますね!
オシャレカット、染めでのこだわりは
色や仕上がりはテディベア風などさまざまな
こだわりを持ってる飼い主様ばかりだと思います

しかし逆にありのままやドックショーを基準にしたカットで充分だ!って言う飼い主様め居ます。
実際私は服を愛犬に着せてませんし、
カットは必要最低限で済ませてますし、
首輪は外だけで、家ではしなかったり、リボンです。
ありのままが一番!というのが私なりのこだわりです!
皆さんのこだわりはどのようなものですか?
犬にオシャレカット、染めや服を着せたりする時は愛犬の様子を見て行ってあげて下さい。
犬には服が嫌いや染めは嫌や肌が弱いなど
さまざまな理由があります。
無理はいけません。
飼い主が愛犬にオシャレを強引に押し付けるのも
愛犬が可哀想です。飼い主様の自己満足になりますので、
嫌がってしまった場合は首輪やリボンなど軽くに
してあげて下さい。
無理にオシャレさせてしまうと、犬にとって
ストレスになってしまいます。
飼い主様と犬がお互い楽しめるオシャレをしましょう。

以上が今回紹介したオシャレ(服、トリミング)に
ついてです!
オシャレについて飼い主様たちに参考になれば
嬉しいです。

犬のお洒落全般とこだわり