オーダーメイドの犬グッズはどんなものがあるの

オーダーメイドの犬グッズはどんなものがあるの

最近は、「ワンちゃんは家族!」という意識が高いせいか、
様々なこだわりをお持ちになる飼い主さんが増えています。

自作できるものもありますが、ゴージャスなものはもちろん
「自分の飼っているワンちゃん専用のもの」「飼っている子に
どうしても必要なもの」は、どうしても専門の人に作ってもらう
必要があります。

では、オーダーメイドの犬グッズは、どのようなものがあるか?
ご検討の資料としてお読み頂ければ幸いです。

最近は、「ワンちゃんは家族!」という意識が高いせいか、
様々なこだわりをお持ちになる飼い主さんが増えています。

自作できるものもありますが、ゴージャスなものはもちろん
「自分の飼っているワンちゃん専用のもの」「飼っている子に
どうしても必要なもの」は、どうしても専門の人に作ってもらう
必要があります。

では、オーダーメイドの犬グッズは、どのようなものがあるか?
ご検討の資料としてお読み頂ければ幸いです。

オーダーメイド品は多少割高にはなります

ペットショップでも手に入る品物はありますが、「この子専用」と作ってもらうものについては、ペットショップより割高になってしまいます。

最近は、ハンドメイドサイトでも、犬好きの方が「犬の目線」から
作った作品や多少のオーダーメイドに応じてくれる場合があるので、
ハンドメイドサイトで検索してみて、作家さんに交渉してみても
いいでしょう。
「minne」は特にハンドメイドの犬グッズを扱っているので、
セミオーダー品ですが、オーダーメイドに応じてくれる作家さんも
いらっしゃいますね。

オーダーメイドで対応してくれる品物

1,首輪やハーネス、リード

首輪やハーネスとリードは、オーダーメイドに応じてくれるお店が
多く、皮膚病などの都合で既製品は無理なワンちゃんに応じて、
デザインを考えてくれたり、かわいいおしゃれな首輪やリードを
買い求めたいという方は多いです。
海外製品で日本で代理店が扱っている首輪などもありますが、
それ以上のこだわりを持って、「我が子用」とお考えの方も
あるので、オーダーメイドに応じてくれるお店もしくは
個人営業の作家さんは多いです。

2.迷子札

犬を引き取る際に、首のあたりに小さなICチップを入れるのが、
今は常識になっていますが、ICチップを使うケースは、
迷子犬の判定や災害時の確認ぐらいで、専門家しか普段は
持っていません。

簡単に飼い主さんを見つけてもらうには、首輪に迷子札をつけて
おくのがいいのですが、市販品でも名入れをしてくれてから
引き渡してくれる迷子札はあります。

飼い主さんの好みの問題になりますが、首輪一体型とタグタイプ
があり、気に入ったデザインがみつからないということはありがちです。

そこで、ハンドメイドサイドで犬グッズ専門の方が
素敵な迷子札を作られていて、市販品よりもデザインがよく、
値段も割安なので、制作依頼をする方は多いです。

様々なタイプの迷子札が販売されているので、とても楽しいです。

3.洋服

自分の飼っているワンちゃんが短毛種でどうしても既製品では合わない、
市販服でもかわいい服を着せてみたいという方などのニーズから、
オーダーメイドの飼っている子への洋服作りの依頼はできます。

お家で着丈、胴回り、そで丈、前身頃、首回りを測って欲しいという
お願いを受けますが、慣れていない場合は、そのお店に
連れて行くことができれば、測定してもらうことはできます。
もしくは、手持ちの服のサイズでちょうどいいサイズから着丈などを
測ってサイズをお伝えすることもできます。

中には、犬ちゃんの性格などを知った上で、面会をしてからサイズや
フィッティングをさせて欲しいというお店おあります。
生地などで、せっかく作っても気に入ってくれないケースも
あるので、面会の上作らせて欲しいという店主さんはいらっしゃいます。

飼い主さんのそばでなら、採寸がしやすいということもありますので、
実はそういうお店の方が安心でお任せできるということはあります。

最近の傾向としては、超小型犬や小型犬には、ロリーター系を着せる方も
いらっしゃる方もいますが、市販品ではまず見かけないので、
オーダーメイドになり、高額商品にはなります。

4.食器やトレースタンド

首にあまり負担をかけてはいけない犬種や老犬で病気の都合で、
平置きでは食べにくい、多少の傾斜がないと食べられないという
ことが出てきます。

そこで、その子が食べやすい角度などを聞いてくれて、食器を作って
くれる方やトレースタンドを制作してくれる作家さんがいらっしゃいます。

特に、大型犬や首の角度をあまり食事の時につけない方がいいと
ご存知の方なら、オーダーメイドでお願いする時に、
ご自身の経験から使いやすいフードトレーの角度や、スタンドの高さも
計算してくださいます。

5.歩行器

老犬や病気でどうしても必要になってくるワンちゃんは出てきます。
長時間使うものですので、動物病院で紹介してくれるか、レンタル品に
なりますが、体にフィットしている歩行器の方がいいです。
市販品もありますが、「前足のみで自立可能」という条件がつくことが
あるので、オーダーメイドでお願いする方が安心です。

全国的にオーダーメイドで作れる方は徐々に増えていますが、
その子の症状に合わせた歩行器を作ってくださって、丁寧に作って
くださる方にお願いしましょう。

まとめ

ワンちゃんのオーダーメイドグッズとしては、「その子が一番かわいい」と
いう気持ちからなのですが、オーダーメイド品の中には、その子の体の
都合や病気の都合で、オーダーメイド品をお願いするケースはあります。

ぴったりと似合っているもしくは役に立っているというグッズは
オーダーメイド品としてはとてもいいのではないのでしょうか?

オーダーメイドの犬グッズはどんなものがあるの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA