犬の車酔いに効く便利グッズはありますか?

犬の車酔いに効く便利グッズはありますか?

愛犬とドライブって楽しいですよね。
ただ、犬は車酔いをしやすい子が多く、「どうすればいいんだろう」と
悩む飼い主さんも少なくありません。

犬の体のことを理解してあげれば、グッズを使いながらも
ワンちゃんにつらい思いをさせずに、安心して車に乗せることができますよ。
では、まずは犬の車酔いのメカニズムなどからいきましょう。

愛犬とドライブって楽しいですよね。私の愛犬も1匹での留守番が
かわいそうで家族ででかける時や、病院に連れて行く時は、
車に乗せていきます。

ただ、犬は車酔いをしやすい子が多く、「どうすればいいんだろう」と
悩む飼い主さんも少なくありません。

犬の体のことを理解してあげれば、グッズを使いながらも
ワンちゃんにつらい思いをさせずに、安心して車に乗せることができますよ。
では、まずは犬の車酔いのメカニズムなどからいきましょう。

犬の車酔いの理論は人間とほぼ一緒

人間でも、車やバスなどで酔ってしまって吐いてしまう方は
いらっしゃるはずで、全く酔わない人もいますよね。

それは耳の中にある三半規管が重要な役割を果たしているからです。
耳の中は外耳、中耳、内耳とお部屋が分かれています。
内耳は頭蓋骨の中にある部屋で蝸牛と前庭と三半規管という構成で
成り立っています。

生き物の平行バランスを保っているのが、三半規管で三半規管には
リンパ液が入っています。
リンパ液の移動で、平行バランスを保っているのですが、内耳にある3つの器官のバランスが悪く、
三半規管に誤った情報伝達がされることで、車酔いが
発生します。

ここまでは、人間と同じ車酔いの理論ですが、犬は視覚による錯覚と
車内の匂いにも敏感で、スピードが上がると景色を無意識に追いかける習性が
ある犬にとって、とてつもない刺激ですので、自律神経が乱れてしまい、
車酔いの原因にもなります。
併せて、車内の匂いにも敏感で、タバコの匂いはもちろんですが、
家の中の匂いと違うと気がつくと、落ち着きをなくします。

また、車はカーブを走ることや、急ブレーキをかけることもありますから、
個体が小さな子にとっては、三半規管への影響は大きいものです。
そして、不安定なシートだと、ますます転げ落ちやすく安定性のある
ところに座らせてあげることが大切です。

車酔いに効く便利グッズを教えて!

座席に落ち着いて一緒に居させるには、三半規管の振動を極力
避けるようにするイコール固定ということが大切になってきます。

揺れに対してぐらぐらさせないことや、適度な休憩などは必要です。
まずは、グッズから見ましょう。

1.クレート

緊急避難の時にも使用できますが、ひとつあると非常に便利ですね。
クレートをシートベルトで固定しておくと、しっかりと固定されますから、
多少の揺れに対してもワンちゃんも大丈夫です。

2.キャリーバッグ

クレートよりは頑丈ではありませんが、布製で小型犬を車で移動させる時に
気軽に使えて、お出かけ先でも歩いて一緒に移動できるので、便利です。

最近は、車での移動を配慮して、シートベルトにしっかりと固定できる器具が
ついたキャリーバッグが販売されています。

3.ケージ

犬は長時間の移動には大変弱いので、こまめに休憩をしてあげて、外の
空気を入れてあげるのが大切です。

その休憩の時に、例えば高速道路のパーキングエリアなどでケージを
広げてあげると、休憩の場所になって、外へ飛び出す心配もなく、
食事やお水を与えてあげることができます。

4.車用空気清浄機

最近、ペットを飼っていなくても家族で車酔いをされる方のために、
空気清浄機を買い求める方は多いですね。

ですが、犬を飼っている方でも買い求める方は非常に増えています。
なぜかというと、「車酔いには少し窓を開けるといい」というのが
定番になっていましたが、最近は危険だということで、
やめられる方が多いですし、危険です。

室内の空気が悪いと酔ってしまう子は多いので、
ひとつあると、人間のみのでのお出かけでも役に立つし、
なんだか清々しい気持ちにもあるので、一つ購入しておくのもいいですよ。

5.犬用車酔い止め薬

動物病院で処方していただいてもいいのですが、緊急用で
市販の犬用の車酔い止め薬を持っておくと便利です。
チュアブル錠タイプですけれど、飲みにくそうなら、割って
与えてあげるといいです。

服用は、一度薬なしで乗せてから、その子が車酔いしやすいかどうかを
確かめてから、服用すべきかどうかを決めてくださいね。

これは必ず守って欲しいこと

車で一緒にドライブというのは楽しいですよね。
しかし、ワンちゃんは人間よりも非常に車酔いがしやすく、
せっかくのドライブに連れ出そうとすると、車酔いをした恐怖から
嫌がる子も出てきます。

一度車酔いがひどかった子に対して特にこまめな休憩と
水分補給は重要です。

ごく稀に、車のドアを全開にして犬を箱乗りにさせてる方もいらっしゃいますが、これは大変危険です。
急ブレーキやカーブなどで、ワンちゃんをクレートやキャリーバッグに
固定していなかったために、窓から落ちてしまうという悲しいことも
あります。
通販サイトで、飛び出しガードは売られて居ますが、適合しない車も
まれにありますので、このグッズの使用はオススメしません。

まとめ

簡易式の犬用シートベルトも販売されていますが、
ご家庭のワンちゃんが快適にドライブするには、車酔いのメカニズムを
しっておくと、じっとさせてあげることや、こまめな休憩で
気長にドライブというのがいいでしょう。
犬もひとつの命ですから、安全運転で一緒にドライブを楽しんでくださいね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬の車酔いに効く便利グッズはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA