ワンちゃんの服は必要なの?服を着せるメリットとデメリットは?

ワンちゃんの服は必要なの?服を着せるメリットとデメリットは?

あなたのお家のワンちゃんはいつも服を着せていますか?
さいきんではワンちゃん用の服は、本当にいろいろな種類のものが売られていて、とてもオシャレです。
ワンちゃんに服を着せる、メリットやデメリットなどについてお話しします。

ワンちゃんに服を着せるメリットは?

①雨の日に濡れない

雨の日に散歩へ連れて行く時に、カッパがあるととても便利ですよね。背中からお腹など、服を着ていない時に比べると、汚れや濡れている範囲が全く違います。
ビショビショで帰ってきた後、洗ったり、タオルで拭いたり乾かしたりする手間も省けます。

②抜け毛の予防にもなる

ワンちゃんに家の中で服を着せていると、抜け毛があまり抜け落ちないので、家の中に抜け落ちる毛の量が少なくなるので、家の中の汚れ方も違ってきます。

③傷などの怪我を、守ることができる

手術後のお腹などの傷がある時にも、そとでトイレをするワンちゃんも多いものです。
外へ出た時に傷にばい菌が入らないか心配になりますが、服を着せることによって、泥や汚れなどから、傷を守れます。
足を手術したり、足に傷がある場合は、靴下をはかせてもいいでしょう。
ワンちゃん用もありますが、人間の赤ちゃん用でも対応できます。
ワンちゃんの大きさに合わせたサイズを選びましょう。

④暑さや寒さから守ることができる

寒い冬の散歩の時はもちろんのこと、冬に家の中で暖かい服を着ていると、寒さ対策になります。フリース生地など、冬用の服が多く売られています。
反対に、夏の暑い季節にも、暑さ対策にもなるのをご存知ですか?
夏の強い日差しから、直射日光が当たらないように体にを守ることが出来るのです。
熱いアスファルトの照り返しも、直接体に受けないので、守ることができます。

⑤オシャレを楽しむことができる

服をたくさん持っていれば、オシャレを楽しむことができます。季節に合わせて服を選んだり、お正月やハロウィーン、クリスマスなど、イベントに合わせたワンちゃん用の衣装もたくさん売られていますよね。

ワンちゃんに服を着せるデメリットは?

①被毛に毛玉ができてしまう

ワンちゃんが服を着ていると体を動かした時の摩擦で、毛玉が出来やすくなってしまいます。
毛の短いパグ、スムースチワワ、スムースダックス、フレンチブルドッグなどは出来ませんが、シーズーやトイプードル、ロングコートチワワ、ミニチュアシュナウザーなどは、脇などに毛玉が出来やすいので、毛玉が出来ていないかを、日頃からチェックしてあげるといいでしょう。

②ストレスになっているかもしれない

ワンちゃんは、服を着るときに嫌がるような行動は見せていませんか?
服に慣れてくれて、ストレスを感じないワンちゃんもいますが、服を着ることを嫌がるワンちゃんには、ストレスになってしまいます。
服を着ることにより、きつくて、拘束されている気分になっめしまうこともあるのです。
ミニチュアダックスや、コーギーのように足が短いワンちゃんは、足が穴から抜けて服の中に入ってしまい、足を出せなくなってしまうということもあります。
気をつけて見てあげていて、足が出せなくなったら、すぐに助けてあげましょう。

③服についているものを誤飲してしまうこともある

ワンちゃんが着ている服に、ボタンやパール、ファスナーや飾りなどがついていませんか?
そのような服は、犬がボタンなどを、かじってしまうことがあります。
かじってしまたというだけなら、まだ危険はありませんが、ボタンや飾りの金具などを、誤って飲み込んでしまっては大変です。
かじりそうなワンちゃんの場合は、危険そうな飾りがついていないものを選んで着せましょう。

④洋服代がかかるということ

ワンちゃんの服は、意外に高く、安いものであれば、1000〜2000円のものもありますが、4000〜6000円ほどするものもあります。
散歩へ連れて行くと汚れますし、一度買っても、かじってしまったり汚れて、新しいものを購入しなければいけなくなります。
大型犬ですと、もっと洋服代がかかってしまうでしょう。

ワンちゃんの洋服についてのメリットとデメリット、理解頂けましたか?
ワンちゃんの服は、着せたほうがいいとは、言い切れません。
雨の日や寒い日の散歩の時だけ着て、家の中では脱いでいるという習慣が、犬にとって安全でストレスもないでしょう。
ワンちゃんの服のメリットとデメリット理解して、自分のうちのワンちゃんには、服が必要なのかどうか、よく考えてから着せてあげましょう。

ワンちゃんの服は必要なの?服を着せるメリットとデメリットは?