犬グッズでゲージはどんなのを買えばいいの?

犬グッズでゲージはどんなのを買えばいいの?

ンちゃんをお迎えすると、まず用意してあげたいのはケージです。
ケージを選ぼうと店員さんに案内はされるものの、どれを買えばいいのかわからない、
店員さんがあまり詳しくないなどで
困ってしまうケースはあります。

犬種ごとでいろいろと変わってきますので、どういうのがいいのかを
ざっと紹介していきますね。

ワンちゃんをお迎えすると、まず用意してあげたいのはケージです。
ケージを選ぼうと店員さんに案内はされるものの、どれを買えばいいのかわからない、
店員さんがあまり詳しくないなどで
困ってしまうケースはあります。

犬種ごとでいろいろと変わってきますので、どういうのがいいのかを
ざっと紹介していきますね。

どうしてワンちゃんにケージが必要なの

犬とは、元々は狼の血が混じっているのですから、どこか落ち着きたいところが
必要で、狼は特に暗い穴での生活をしてきたので、品種完了された
現代のワンちゃんにも、「どこかで落ち着きたい」という習性は残っています。

そこで、ケージを用意してあげると、「ケージは僕(私)の縄張りの場所」
「安心できる居場所」となるわけですから、用意をしてあげる方がいいわけです。

もうひとつ、最近地震や災害が多いので、ペットも連れて逃げなければ
いけないのですが、ずっとクレートという狭いところで過ごさせるのも
犬の精神状態にはよくありません。
サークルが用意できない時は、ケージを持っていけば、その中で過ごさせることができますから、安心できるというわけです。

ケージをトイレトレーニングで使っている場合

最近のしつけ本では、大きめのケージにトイレシーツを敷いて
トイレトレーニングをさせて、できるようになれば、トイレトレーに
切り替えるという方式が主流になっています。

一部のトレーナーからの指摘では、「これは間違っている」という
指摘もあります。
大きなケージにトイレシーツを敷いてのトイレトレーニングは、
ケージがその子のトイレと勘違いするケースも多少あるということで
トイレトレーニングにケージにトイレシーツを敷くことをやめてほしいと
いう方もいらっしゃいます。

筆者の犬は、大きなケージにトイレシーツを敷いて、トイレトレーニングをして、今は普通にトイレトレーでおしっこなどをしています。
反対される方はいらっしゃいますが、その子に応じたしつけでケージを
変えてやるといいでしょう。

どういう風なものがいいのでしょうか?

理想というよりゆっくりと休めることができるベッドと、十分に
遊べるスペース、トイレトレーを置いても狭くならないケージが
大きさとして理想であり、このぐらいのサイズは欲しいです。

ケージでも、将来的にトイレトレーも入れることができる大きめの
ケージがある方がトイレトレーニング終了後でも、自分の匂いが
染み付いた場所なら、引っ越しで環境が変わっても落ち着いてくれる
はずです。

1. 最初は出入りが自由にできるようにしてあげましょう。

ケージにいきなり閉じ込めると、今まで自由奔放にしていた犬にとっては、
不安要素になってしまいます。

ケージはある意味では密閉空間になるので、今までペットショップで
自由展示されていた犬にとっては、狭いお部屋で慣れない環境に
なり、問題行動を引き起こす原因になります。

ケージになれてくれるまでは、出入り自由にしてあげるために、
ケージのドアが取り外せるタイプのものがいいですね。

2.家族のそばにいつもいられる場所に設置できるサイズ

ペットショップの店員さんにいろいろと条件はいわれるかもしれませんが、
家族のそばにいつもいられる場所にケージを設置すると、ワンちゃんも
大変落ち着きます。

「一箇所に置かなければいけない」という概念は本当はなくて、
時には季節に応じて移動させてあげるというのも必要ですね。
窓際は確かにいいのですが、真夏はとても暑いし、冬は寒いので、
適度に移動させてみて、ワンちゃんの様子を見るのもいいです。

ところが、最近の家庭事情で大きなサイズのケージが置けないと
いうことはありますので、移動させる場合、その場所が人間にとって
少し困るというのは、避けましょう。

3.ケージのサイズなどはどういうのがいいの?

トイレシートを敷いているご家庭もいますが、それは、トイレトレーニングが
終了すれば、ワンちゃんの足の負担にならない素材のカーペットやキルティングシートを敷くといいですね。

サイズとしては、最低でも犬の体が3頭分入るもの、犬が4つ足で
立ち上がっても天井かなり余裕があって移動できるものです。

最初にも書きましたが、まずケージに慣れてもらうために、
ケージの扉を取り外しますが、「ハウス」という命令を覚えてもらうために、
いずれは扉を戻せるタイプでないといけませんね

「ハウス」は「家に入りなさい」という命令で、何か悪いことをした時などに
ケージに入ってもらう命令の合図で、この言葉をまず覚えてもらう必要が
あります。

まとめ

ケージでも、扉が取り外せないタイプや組み立てが大変なものはあります。
そこで最近は「カスタムケージ」タイプが登場していて、
自分の犬の飼育状況から、いろいろとサイズや扉などをカスタマイズできる
ケージも販売されています。
床も、プラスチックタイプが多いのですが、消臭機能が強いカーペットや
犬の足に優しいものあるので、「カスタムケージ」も一つの選択肢と
いうことでみてくださいね。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


犬グッズでゲージはどんなのを買えばいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA