チワワとのおすすめの遊び方やグッズをご紹介!

猫よりも小さくて愛らしいチワワの姿には、心を奪われている人も多いのではないでしょうか。ただ、あまりの小ささ故に過保護に育てられ、わがままになる傾向がある犬種でもあります。愛犬を健康で賢く育てるため、飼い主さんも楽しめるおすすめの遊び方やグッズをご紹介します。

チワワとのおすすめの遊び方をご紹介!<室内編>

小さくて可愛らしいチワワですが、見た目とは裏腹に気が強く活発な一面があります。

そのため運動量は20分前後の室内遊びで十分なのですが、「お人形遊び」や「軽いかけっこ」では満足しません。

活発で気が強い犬種であるチワワのおすすめの遊び方は「ボール遊び」と「綱引き」です。

筆者はチワワを飼育しており、飼育当初は手の平サイズのぬいぐるみを手元で小さく動かして遊んでいました。

しかし、生後半年を過ぎた頃から愛犬は物足りなさを感じ始めた様で、そのぬいぐるみを咥えては宙に投げて遊んでいました。

もし、チワワと一緒にぬいぐるみ遊びをするのなら、ぬいぐるみをボールやロープの代わりにして、投げたり引っ張ったりして遊ばせることをおすすめします。

以下では、チワワと楽しく安全にボールやロープで遊ぶ方法をご紹介します。

お気に入りのボール等で楽しく遊ぼう!

チワワは骨が細いので、勢いよく走った結果、滑ったり転んだりしただけでも骨折してしまいます。

そのため、チワワとボール遊びをする際は、遊ぶ場所にはカーペット等を敷き、走っても滑りにくい環境を用意してあげましょう。

またボールは、クッションやゴム等を使用した柔らかい素材の物を選ぶと良いです。
その他の種類は、超小型犬用の綱でできたボールもあり、転がして遊ぶだけなら問題ありません。

但し、筆者の経験上、ボールで遊ぶと転がすよりも投げた方がチワワは楽しそうに遊ぶので、人間も投げて遊びたくなります。

投げて遊ぶ場合、誤って頭や体の上にボールが落下する可能性があり、脳震とうや骨折等の原因となるため、固いボールで遊ぶ場合は、飼い主さんの加減が大切です。

また、ボールでなくても、愛犬のお気に入りのぬいぐるみを代用しても構いません。先程もご紹介しましたが、筆者が飼育しているチワワは小さなぬいぐるみをボールの代わりにして楽しそうに遊んでいます。

そして、ボール遊びをする際は、飼い主さんが声掛けをして、ボール等を取りに行かせる遊び方がおすすめです。

ボールを上手に取って戻れたら、思いっきり褒めてあげることで、チワワは飼い主さんの愛情を感じ、達成感を得らます。その結果、チワワに自信を持たせることができるので、トレーニングにも進んで取り組む様になります。

また、遊びとはいえ飼い主が出した指示に従わせることで、上下関係を示すこともできるので一石二鳥です。

愛犬と楽しみながら綱引きで遊ぼう!

次におすすめの遊び方は、ロープ等による綱引きです。

使用するグッズは、犬用のおもちゃとして販売されているロープを始め、ヘビ型のぬいぐるみや使い古しのタオルでも構いません。

むしろ柔らかいタオルはチワワにとっては噛みやすい様で、筆者のチワワは遊ぶ時間になるとマイタオルを持参します。

ロープ等で引っ張り合う行為はトレーニングにおいて、飼い主と犬の上下関係を示すために用いられていることから、飼い主はロープ遊びで愛犬に負けてはいけないといわれています。

しかし、上下関係をしっかりしつけているチワワであれば、飼い主が負けるパターンがあっても問題ありません。お互いに勝ったり負けたりして楽しむことで、信頼関係が深まります。

ただし、チワワはお調子者の側面もあるため、頻繁に負けてあげると勘違いをするので、負けるのは10回に1回程度がおすすめです。

ちなみに、ロープ等の先を追わせて遊ばせても喜ぶので、適度に遊び方を変えるのも良いでしょう。

室内でチワワと遊ぶ時の注意点!

慣れ親しんだ住居である室内でも、遊ぶ時には注意が必要です。

チワワは遊びに夢中になりやすい性質のため、加減が分からなくなり、無茶をしてケガをすることがあります。

些細な事で骨折をしてしまう可能性は十分あるので、チワワが室内で遊んでいる時に怪我をしやすい行動と注意点を2つご紹介します。

ソファやベッドから飛び降りさせない

ボールやぬいぐるみ等を投げて遊ぶ場合は、ソファやベッド等、ジャンプをしそうな場所を避けましょう。

日頃、そのソファ等からジャンプをしていたとしても、遊びに夢中になっている時は興奮のあまり、勢いよく飛び、着地に失敗する場合があります。

また運動になるからと、階段にボールを投げるのは危険です。
階段へ転がっていったボールを追い掛けたチワワが、段差に躓いて転がり落ち、気絶した事例もあるので、注意してください。

足裏の被毛や爪をこまめにケアしましょう

室内で飼育されている犬は地面を歩く機会が少ないので、爪が伸びやすいです。

長い爪では踏ん張りがきかず、どのような場所であっても滑りやすくなります。
そのため、こまめに爪や足裏の被毛をカットしてあげましょう。

特に、ロングコートのチワワは足裏の被毛が伸びやすいので、こまめにチェックする必要があります。

また、「肉球を切ってしまいそうで怖い」「爪が小さくてよく見えない」という飼い主さんは、トリマーや動物看護士に頼んでカットしてもらうと良いです。

筆者の愛犬のかかりつけ医は、カット1回につき500円で対応しています。
プロへ依頼する際の価格として参考にして下さい。

チワワとのおすすめの遊び方をご紹介!<屋外編>

超小型犬のチワワは室内で遊ぶだけでも、必要な運動量を十分に得ることが出来ます。

しかし、愛犬の社会性を育むため、たまには公園などへ散歩に出かることも大切です。室内だけで生活をしていると、王様の様な態度を取ったり、ちょっとした物音に過敏に反応したりしてしまいます。

外へ出かけることはチワワにとって良い社会勉強になるので、屋外でのおすすめの遊び方と、遊ぶ際の注意点をご紹介します。

お天気のいい日は、公園へ出かけましょう!

筆者は以前、ロングコートのチワワと一緒にマラソンをしている飼い主さんを見かけたことがあります。

お揃いのランニングシャツを着て、一見微笑ましい光景にも見えましたが、小さなチワワはご主人について行くのがやっとで、リードとカラーによって首を引っ張られていました。

愛犬とマラソンをしたい飼い主さんの気持ちはよく分かりますが、小柄なチワワが人間のスピードに合わせて走り続けるのは大変です。

チワワと散歩に出かける際は、首へ負担を掛けない胴輪やハーネスを装着して、チワワの歩調に合わせると、快適に散歩をさせることができます。

また、公園や空き地では犬のリードを離して遊ばせている飼い主さんを見かけることがありますが、ドッグランを除き、必ずリードをして遊ばせましょう。

広場ならロングリードを活用すれば、リードをしている感覚をあまりせずにボール遊びをさせられます。

ドッグランに出かけてお友達を作りましょう!

愛犬を自由に走らせたいのなら、ドッグランが最もおすすめです。犬は本来、集団生活をする動物なので、気の合ったお友達が出来れば一緒にかけっこをして遊ぶこともできます。

しかし、全ての犬と気が合うわけではありません。小さなチワワは攻撃されれば、命取りにもなりかねないので、新しいお友達と一緒に遊ばせる場合は様子を見ながら、徐々に慣らしていきましょう。

筆者が飼育しているチワワはとても社交的なのですが、相手の犬の出方をあまり気にしない性格のため、相手のポメラニアンが少し迷惑そうな態度を取っているのに、遊びに誘い続けていることがありました。

この様な場合は、飼い主さんが愛犬を制止し、気が合いそうな犬のところへ誘導したり、お友達作りは諦めて飼い主さんが一緒に遊んだりして下さい。

ドッグランでは様々な性格の犬が遊んでいるので、愛犬の性格を理解しておくことは大切です。

また、ドッグランによってはボール等のおもちゃの持ち込みが禁止されていることがあります。

民間で運営しているドッグランの場合はスタッフが案内をしてくれますが、市区町村やボランティア団体等が運営している場合、注意事項がサイトや現地の掲示板等に張り出されているので、よく確認してから利用して下さい。

屋外でチワワと遊ぶ時の注意点!

愛犬と屋外へ出かける際は、必ずエチケット袋と飲み水を持っていきましょう。
運動をした後は、犬も喉が渇くので、水分補給を忘れないようにして下さい。

また、屋外では命に関わる病気に感染する可能性があるため、混合ワクチンの接種やフィラリアの予防は必ずしておきましょう。さらに、ノミやマダニを避けるためにも、駆除剤を点薬しておくと安心です。

チワワが喜ぶ遊びってどんなものがある?

小さな天使のように見えるチワワですが、実はとても活発な犬種です。
愛情深い犬種ではありますが警戒心が強いので、原産国のメキシコでは家族を守る小さな番犬として今も活躍しています。

この頼もしい犬種のチワワは、一体どのような遊びを喜ぶのでしょうか?
チワワが喜ぶ遊びを2つご紹介します。

1.宝探し

宝探しとは、数個ある紙コップの1つにおやつを入れて、犬に探し当てさせる遊びです。

最初から当てられる犬は少ないので、犬がおやつの入った紙コップを当てた時はたくさん褒めてあげましょう。

おやつが食べられる上、飼い主さんに褒めてもらえるので、チワワはとても喜びます。

ちなみに、紙コップが無いときは、飼い主さんが片方の手の平に隠し持っても遊んでも喜びます。

チワワは小柄なため、室内飼いをしている家庭が大半を占め、飼い主さんと触れ合う時間が多く、いつもお世話をしてくれる飼い主さんに褒められるととても喜びます。

ぜひ一度、遊んでみてください。

2.ハンターごっこ

ハンターごっことは、小型犬用のロープやタオルを使って、噛んだり、追い掛けたりして遊ばせるゲームです。

小さな体のチワワですが、彼らも立派な犬です。
現在は愛玩犬として改良されていますが、元は野生の犬であり、狩猟本能が色濃く残っています。

そこで、「追い掛ける」「噛む」を重視した遊びをすることで、ストレスを発散できます。

小型犬用のロープや、使い古しのタオルなどを使って引っ張り合うのも喜びますが、
音の鳴るおもちゃや、犬用の動物パペットで遊んであげても、獲物を捕まえる感覚を得られ、とても喜びます。

但し、この遊びは獲物を捕まえた時の様にチワワが高揚するので、興奮し過ぎて飼い主さんを噛んでしまったら制止し、注意して下さい。

犬によってはおもちゃの音や、大きな口を開けるパペットに怯えてしまう事があるので、飼い主さんは愛犬の様子を観察しながら一緒に遊んで下さい。

また、おもちゃ等の誤飲は腸閉塞を引き起こし命取りになる危険性があるので、愛犬が食い千切ったおもちゃの破片は放置せず、捨てたり、補修したりして、管理を徹底して下さい。

チワワと遊びながらしつけができる遊び方をご紹介!

超小型犬のチワワはその可愛らしい姿のため、甘やかされて育つ傾向があります。
気が付くと、飼い主さんにも噛みつく犬に成長してしまったとの話もよく耳にします。

とある飼い主さんは、「噛みつくので、手入れをさせてくれない」というチワワの飼育に悩まされていました。確かに、誰に対しても今にも噛みつきそうな勢いがあるチワワでした。

しかし、「人間に対して歯を見せることはいけない」と教えたところ、一般的なチワワと変わらず、陽気で楽しく振舞ってくれるようになりました。

本当はこのチワワは素直で賢い性格ですが、正しいしつけを受けてこなかったため、社交性が培われずに育った結果、手を焼く事になったのです。

このような結果にならないためには、楽しくスキンシップが取れる遊びの時間を有効活用し、きちんとしつけをしてあげることが重要です。

以下では、チワワと遊びながらしつけが出来る遊び方を2つご紹介します。

1.上手に出来たら大げさに褒めましょう

室内・屋外を問わず愛犬と遊ぶ際は、上手にできたら、大げさと思えるぐらい褒めてあげましょう。

例えば、飼い主さんが投げたボールやおもちゃ等を愛犬がくわえて戻って来たら、たくさん褒めて撫でてあげて下さい。

楽しく遊べた上、飼い主さんにも喜ばれ、犬は達成感を得られます。その結果、チワワは嬉しくて仕方がなくなります。これにより、飼い主さんとの信頼関係を築くことが出来き、遊びの中で知能も行動もスキルアップします。

2.遊びの主導権は、飼い主さんが握りましょう

遊びの中では、愛犬は目を輝かせて喜びに満ち溢れていると思いますが、いつまでも好きに遊ばせてはいけません。

遊びの時間が過ぎたら、飼い主さんは声掛けをして制止しましょう。
そうすることで、上下関係が生まれ飼い主さんをリーダーとして認識します。

まだ遊びたがる犬を途中で止めると、興奮して噛みついたり、吠えたりすることがあります。

この場合、しつけが行き届いている犬は「やってしまった!」と言わんばかりの表情をします。その時は、厳しい口調で一言、叱る程度で十分です。

しかし、いつまでも遊びたがる場合は、愛犬を専用のケージやキャリーケースに入れましょう。そして落ち着いて大人しくなったら褒めてあげましょう。
そうすることで、自然に飼い主さんの言いつけを守れるようになります。

ちなみに、日頃からケージやキャリーケースを、愛犬の落ち着ける場所に設置しておくと、旅行や緊急時などにいつもの居場所を持ち運べるので犬は安心できます。

チワワが喜ぶ遊びグッズ・おもちゃのおすすめ5選!

可愛い愛犬と遊ぶためには、おもちゃは欠かせません。そこで、多数あるグッズやおもちゃの中から賢いチワワでも満足できる遊びグッズを5種類ご紹介します。

1. JW Pet Companyホーリーローラーボールミニ

https://www.amazon.co.jp/JW-Pet-Company-犬用おもちゃ-ホーリーローラーボール/dp/B01BHGAEC4/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1544429218&sr=8-2&keywords=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%2Bl&th=1

このボールは柔らかいゴム製で丈夫に出来ており、中にフードやお気に入りのぬいぐるみを入れて遊ぶことができます。

また、汚れてもすぐに洗浄できるので、いつでも清潔な状態で遊ばせられる優れ物です。

ボール遊びで運動も出来るうえ、知育グッズにもなるおもちゃです。

2.ペッツルート まんまるズーズーヒツジ

http://petz-route.co.jp/syouhin/dog/02omocha/01nunosei/660529.html

モコモコしたまるいヒツジは、ぬいぐるみとしてだけでなく、ボールのように転がして室内で遊ばせることもできます。

また、柔らかい布製なので、小型犬でも噛みつきやすい商品です。

噛むと「ピューピュー」と音がするので、愛犬は獲物を捕まえた気分になれます。

3.PULLER

https://skydog.cart.fc2.com/ca3/1734/p-r-s/

PULLERは1つで、ボール、ロープ、ディスクの3役をこなす優れ物です。

公園や空き地でボール遊びをするとボールを無くしてしまいがちですが、この製品なら見つけやすく、屋外で遊ぶにも適したグッズです。

この製品は一般的なディスクと違って柔らかい素材で出来ているため、チワワでもキャッチがしやすいのでおすすめです。

4.コング パピーコングXS

https://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=01&catId=4058570000&itemId=189180

菓子パンのコロネの様な形状をしているため、ボールの様に転がり続けることがなく、不規則な動きをするおもちゃです。

また、100%柔らかい天然ゴムで出来ており、中心部の空洞にオヤツを入れれば知育にもなります。素材のゴムは丈夫で安全なので、犬だけで遊ばせるのにも向いているおもちゃです。

5.ドギーマン みえる!IQステップボールS

http://www.doggyman.com/?p=showroom&category=1-15-17-%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%A3&id=557

ボールを転がしながら、中のおやつを取り出す知育おもちゃです。
ボールの中は二重構造になっており、中に入れたおやつが簡単に出てこない仕組みになっています。

また、ボールの中のフードは外から見える仕組みになっているので、愛犬は考えながらフードを取り出します。

これからチワワを家族に迎え入れようと考えている方、また家族として暮らしている方もいらっしゃると思います。

楽しくコミュニケーションをとることで、ゆるぎない信頼関係を築くことができるので、飼い主さんも一緒に楽しんで下さい。


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA