チワワに靴、靴下は必要?注意点はある?

チワワに靴、靴下は必要?注意点はある?

世界で一番小さい犬種でありながら飼い主への忠誠心が強く、その潤んだ瞳がとってもかわいいチワワ。最近チワワに靴や靴下を履かせて散歩してる飼い主が増えていることは知っていますか?今回はそのチワワに靴、靴下を履かせるメリットや注意点を紹介します。

そもそもチワワに靴、靴下は必要なの?

愛犬のチワワが靴や靴下を履いていると可愛いくて胸がキュンキュンしますよね。

最近の風潮で馴染みのない人も多いですが、靴や靴下の効果を理解することによってチワワの怪我や病気などの原因を防ぐ事も出来ます。

洋服やオムツに比べて実用例が少なく、足に違和感を与える事からストレスを心配する飼い主もいますが、有効に使う事で怪我の防止にもつながる事は事実です。

靴や靴下の実用性を理解するためにここではメリットやデメリットの他にどうしたらチワワが靴下に慣れてくれるのかを紹介していきます!

チワワに靴、靴下を履かせるメリットとは?散歩や滑るフローリングにおすすめ?

足先が冷える時期になると寒いんじゃないかな?と心配している飼い主もいるかもしれませんが、靴や靴下の効果は防寒対策だけではありません。

もちろん、被毛が短く身体の小さいチワワは体温調節が苦手で冬場の散歩は洋服の着用を気にする事もありますが、用途に沿った使い方を知る事で靴下の本来の効果を十分に発揮できます。

ここでは寒さに弱いチワワに靴や靴下を履かせるメリットを紹介します。

防寒対策として

短毛犬種のチワワに靴や靴下を履かせることで、病気や風邪の防止に効果があります。

室内では床に接することの多い犬にとって底冷え対策になります。特に体温調節が苦手な老犬にとって靴や靴下を履かせる事で冷え性や体調不良などを未然に防ぐ事も可能です。

屋外では雪道や氷の上を歩く際に足を保護して凍傷や身体全体の冷えを予防する効果も得られます。

チワワは冬は寒がりって本当?防寒対策も紹介!

2019年3月19日

肉球の保護による怪我の予防

室内で遊んでいる時や屋外で散歩している際に床や地面に破片や鋭利な物が落ちていても、靴や靴下を履いていれば足を保護する事が出来ます。

災害時に避難を余儀無くされる時も、瓦礫や破片からチワワの足を保護する事も出来ます。

愛犬用の防災グッズとして準備する事も視野に入れましょう。

また、散歩した後に足を拭く手間を靴を履く事で簡略化する事が出来ます。

真夏の暑い時期にアスファルトを裸足で散歩させてしまうと火傷をしてしまう可能性もあるので、環境に沿って愛犬に靴や靴下を履かせることを検討してみましょう。

チワワの暑さ対策や健康管理法をご紹介!一緒に夏を乗り越えよう!

2018年12月26日

遊びまわる際の滑り止めとして

犬種により室内で飼育している飼い主さんが多いですが、体重が軽く骨や関節が細いチワワの場合はフローリングの上で滑ってしまい、脱臼や骨折などのリスクが生じてしまいます。

若いチワワは元気に遊びまわって飼い主とコミュニケーションを取りたがるので室内の怪我の予防として靴下を履かせるのは効果的です。

性格や生活環境によって靴や靴下はチワワの健康を守る為にも重要になる事もあります!

チワワに靴、靴下を履かせるデメリットとは?

チワワに靴、靴下を履かせることによって怪我の防止や防寒対策などのメリットを紹介してきましたが、デメリットがある事も忘れてはいけません。

愛犬が嫌がっているのに履かせようとすると、嫌な事をされていると感じて靴下を極度に嫌がったり、飼い主との信頼関係を崩してしまい問題行動やストレスによる病気の原因を作り出します。

ここでは靴や靴下を履かせる事でチワワにとってどんなデメリットがあるのかを説明します。
 

履き始めは嫌がる

肉球は痛覚、触覚、温度などの情報を得る為の重要な感覚器官です。この器官を覆い隠してしまう事は慣れていない愛犬にとって違和感を与えてしまいストレスの原因になってしまいます。

また、チワワは性格が頑固で改善するにはかなり時間がかかってしまう事が挙げられ、すぐに靴下を利用するのは難しく徐々に慣れてもらう必要があります。

最初は着用に時間がかかったり、愛犬が不機嫌になったりと日々の負担がかかり靴下を諦める飼い主も少なくありません。

サイズを選び難い

洋服のサイズは胴回り、首周り、背丈を測りますが靴下のサイズは洋服に比べてまだまだ測る事を重要視されていない為、適正なサイズを選びにくい点が挙げられます。

需要が少ない靴下では参考にするブリーダーの情報も少ないのが難点で、チワワ用のサイズに対応していない事もあります。

サイズを間違えるとすぐに脱げてしまうため、ストレスを与えたり靴下を噛んでおもちゃにしてしまいます。

また、成長に合わせたサイズを用意しないと小さい事で足周りの締め付けや大きすぎると肉球と靴下の間で滑ってしまう為、怪我の原因を作り出します。

素材の通気性が悪いと雑菌が繁殖

怪我の予防や防寒対策として有効な靴下ですが、夏場や梅雨の時期は着用を避けて肌に空気と触れていられる時間を増やさなければいけません。

この理由は通気性の悪い素材は熱を逃さない効果がありますが、同時に湿気も溜めてしまい雑菌の繁殖を招く為です。

夏場などの暑い時期には肉球から汗を排出する事で体温を調節しますが、靴下を履いている状態だと過剰に肉球からの汗を吸収してしまい、皮膚の炎症や脱毛、臭いの原因になります。

チワワの皮膚病の症状?かさぶた、臭さ、フケがサイン?

チワワの皮膚病の症状?かさぶた、臭さ、フケがサイン?

2019年2月28日

チワワに靴、靴下を履かせる際の注意点を解説!

靴や靴下のメリットを得る為には飼い主が正しい使い方を知る事が重要ですが、災害時や特定の時期だけの着用は愛犬は慣れていないので嫌がって履かない傾向があります。

せっかく購入した靴や靴下が無駄になってしまう事を避ける為に徐々に慣れさせて、ストレスを与えないようにしなければなりません。

ここではチワワが靴や靴下を履いてもらう為に注意したい点や徐々に慣れてもらう為の方法を紹介します。

嫌な部位を触られても暴れないように子犬の頃からハンドリング

犬の社交性は社会化期(生後4週齢~13週齢)によって大きく左右されます。この期間でチワワは人や他の犬との接し方を覚えてコミュニケーションや人見知りを改善させる機会になるため、ハンドリングは必要です。

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?適切な睡眠時間や食事量は?

生後3ヶ月のチワワのしつけ方とは?適切な睡眠時間や食事量は?

2019年2月6日
生後2ヶ月のチワワの体重は?食事や睡眠の適切な量は?

生後2ヶ月のチワワの体重は?食事や睡眠の適切な量は?

2019年1月15日
ハンドリングの目的は犬の身体に触る事でしつけや嫌な部位に慣れさせるためです。股下や腹部を触る事でブラッシングをしやすくなったり、肉球を触られる事によって足回りの違和感にも抵抗が少なくなる効果が得られます。

この効果は成犬や老犬になっても有効で社会化期の適切なハンドリングの機会を逃してしまうとしつけが難しく改善出来なくなってしまいます。

この時に注意して欲しいのは無言で行う事、愛犬が暴れても止めない事を忘れないようにしてください。

社会化期は学習の時期であるため、甘やかし過ぎるとわがままになってしまうのでハンドリングを習慣化しましょう。

1日に行うハンドリングは1回につき5〜10分程度で数回に分けて行なってください。終わったらご褒美をあげる事も忘れずに行いましょう。

必ず落ち着いている状態で履かせる

チワワが元気で落ち着いてくれない時は落ち着いてくれるまで靴や靴下の着用は避けましょう。

正しく履かせられない点も挙げられますが、靴下をおもちゃとして認識してしまったり無理矢理履かせようとすると嫌な物と認識してしまい見ただけで嫌がってしまう事もあります。

これらの状況を防ぐ為にも必ず落ち着いている事を確認してから手早く靴下を履かせてあげましょう。

時間がかかってしまうと暴れたり、靴下を噛み始めるのであらかじめ飼い主が靴下を履かせられるように準備してください。

履き終わったら必ずご褒美を忘れずに与える

しつけをする際に必要な物は愛犬が喜んでくれるご褒美を用意する事で靴や靴下が履き終わったら必ず与えましょう。

ご褒美を与える事を習慣化しないと、愛犬に負担がかかっているのに何もご褒美が貰えない、飼い主に喜んで貰えないと認識してしまい良い事と悪い事が分からなくなってしまいます。

特に成犬になったチワワは頑固で融通が利かない事でしつけに困っている飼い主が多く、靴や靴下を履いたことが良い行動だったと覚えてもらう為にもご褒美は必ず必要になります。

履かずに暴れてしまう時に罰を与えるのは靴や靴下に悪い印象を与えてしまうので避けてください。徐々に慣れてもらう為にも根気が必要になります。

チワワの靴、靴下の選び方、サイズの測り方とは?

靴や靴下を履く事で得られる様々なメリットを紹介をしてきましたが、目的に合わせた物を選ぶ事で身体を守る重要なアイテムにもなります。

ここでは目的別に靴や靴下の正しい選び方やサイズを測る方法を紹介します。

夏場や梅雨には通気性の良い物を選ぶ

冬と夏では目的が違うため違った素材の靴や靴下を選ばなければなりません。

特に気温や湿気がある夏や梅雨の時期では通気性が高い靴や靴下を選ぶ事で皮膚のトラブルや体温調節を防ぐ事が出来ます。

コンクリートの熱を遮る素材や通気性の良いメッシュを使った靴や靴下がこの時期には効果的になります。

フローリングには滑り止め付きがオススメ

人にとってフローリングは掃除がしやすく身近な物ですが、愛犬が生活する場合は怪我が付きまといます。

この問題を解決するには滑り止め付きの靴下がオススメです。素材によっては散歩にそのまま行ける事も利点に挙げられます。

室内で長時間履いていられるように伸縮性のある素材を選んだり、履き心地も視野に入れて選びましょう。

保湿性があれば冬場の散歩に最適

足の霜焼けなどの凍傷を防ぐ役割を持つ靴や靴下は熱を逃さない素材の物を選びましょう。

特に雪の降る地域は雪や氷の上を歩くことになり寒さに弱いチワワに必要になる事があります。

肉球が冷える事で発汗量が少なくなったり血行不良や乾燥、あかぎれなどの症状が表れるなど様々な問題を引き起こします。

雨の日はレインブーツ

梅雨の時期は雨が多く散歩に出かけられない日が多くなってしまい、排便を我慢したり運動不足やストレスなど様々な問題が生じます。

雨の日でも散歩出来るようにレインブーツの着用を考えましょう。

ゴム製のため伸縮性が少なく慣れにくいのが難点ですが、足周りの泥や土を家に入る前に拭く手間が省ける他、レインコートを一緒に着れば更に楽になります。

靴、靴下のサイズの測り方を紹介!

靴や靴下は返品が出来ない事が多く間違ったサイズを選んでしまうと使う事なく終わってしまいます。

もしサイズに関して不安があるのなら、愛犬に適切なサイズを測る事から始めましょう。

まず、メジャー(定規)、画用紙、油性ペンを用意してチワワが落ち着くまで待ちます。

落ち着いた事を確認したら画用紙を足の下に置きます。(柔らかい紙の場合、動いてしまうとシワになるので厚めの紙にしましょう)

画用紙の上に足を固定したら一番横幅のある位置に油性ペンで線を引いて印をつけます

次に縦幅に線を引いて印をつけます、この際に測る位置は足の接地面(肉球の最後方の部分から爪先)です。どうしても動いてしまう場合はマテをしましょう。

この動作を前足、後足で行って最後に印をつけた横幅と縦幅をメジャー、または定規で測って終了です。

一連の動作が終わって測り終わったら愛犬にご褒美をあげましょう。

チワワの靴、靴下にはどんな種類がある?

靴や靴下の使用は目的によって違います。

室内や外出先で違った役割を持つ靴を履かせることはチワワにとっても効果的で生活して行く上で重要です。

ここでは靴や靴下の種類と役割について説明していきます。

防水ブーツ、レインブーツ

防水ブーツは足首を柔軟な素材で作ることによって犬が履きやすくなることを目的に設計されています。

レインブーツは防水ブーツに比べてゴム全体が足首を覆うため履きごごちが悪くなってしまう点が挙げられますが、メッシュから水を吸ってしまう事が無い利点が挙げられます。

滑り止めブーツ

フローリングなどの滑り止めとして室内で活用できる靴ですが、散歩の際に肉球の保護をする役割もあります。

素材によっては通気性が良く夏や梅雨でも履いていられる物や空気や熱を逃さない冬用の滑り止めブーツなど様々な目的で使用することも可能です。

メッシュシューズ

暑い時期にはコンクリートの熱で足を火傷したり、予防として靴を履かせたら蒸れて皮膚炎になってしまったなどのトラブルを避けるのに必要なのがメッシュシューズです。

軽く通気性が良いため皮膚のトラブルを防ぎ、火傷や破片などから肉球を守る役割を持ちます。

冬用ブーツ

冬季の乾燥や凍傷などの症状から守るには冬用のブーツがオススメです。
氷の上を歩くための滑り止めもついていますが、内側に起毛素材を使う事で暖かく熱を逃さない設計になっています。

身体が小さく短毛で寒さに弱いチワワは冬用ブーツを履かせる事で雪の上でも元気に遊びまわる事が出来ます。

チワワにおすすめの靴、靴下3選!

様々な種類を持つ靴や靴下ですが、どんな物を選んだら良いのかは迷いますね。

目的はもちろんですが、愛犬が好むように素材や履き心地にこだわった物を選ぶ事も忘れてはいけません。

ここで、目的や犬が履きやすい素材に合わせた3つのオススメの靴、靴下を紹介します!

Petaccペット用靴 犬用レインブーツ

ゴム製で凹凸のある底が雨だけではなく雪の上でも滑る事なく遊びまわる事が出来る設計の靴です。

足首を固定するマジックテープは脱げるのを防ぐ他に反射材が入っていて暗い時間帯の散歩も安心してする事が出来ます。

レインブーツ特有のゴムによる履きごごちの悪さが無く、天候の悪い日にはオススメです。

https://www.amazon.co.jp/Petacc-%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E7%94%A8-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-%E8%B6%B3%E9%A6%96%E8%AA%BF%E7%AF%80%E5%8F%AF-%EF%BC%94%E5%80%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B06XKKCBC3

【Anzudog】【犬服】 犬用カラフルレインブーツ 長靴

伸縮性のあるゴムを素材にすることによって、レインブーツのゴワつきを軽減した商品です。

足首のマジックテープとゴムの伸縮性によって固定しやすく脱げにくくなっています。また単色でファッション性もあるレインブーツです。

https://item.rakuten.co.jp/auc-youmore/pw426/

Zunea 犬 シューズ 4足 犬靴 メッシュ サンダル

夏のアスファルトの火傷から守るためにメッシュシューズはいかがでしょうか?

メッシュを使う事で軽く通気性がある設計になっていて、ジッパーとマジックテープによって履きやすく固定出来る点が魅力的です。

皮膚の病気の予防にもなり、火傷や破片から足を守るオススメの商品です。

https://www.amazon.co.jp/Zunea-%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-%E7%8A%AC%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84/dp/B072MGCH2H

チワワの靴、靴下の使用も考えてみましょう!

チワワにとって靴や靴下を履かせることには、ファッション性以外にも沢山のメリットがあります。

洋服や靴を組み合わせてファッションとして楽しむ事も出来ますが、環境によって靴や靴下が必要になる事もあります。

チワワだけではなく犬も足に違和感があるのは嫌な感覚で徐々に慣れてもらう事が大切です。

チワワは性格の問題上で特にしつけや慣れに時間がかかるため、飼い主には根気が必要とされます。

最初は手がかかるかもしれませんが、必要になる事も考えて靴の準備をしてみてはいかがでしょうか?


当サイト限定!今だけウェブカメラを無料贈呈

ペットみるんはご自宅に設置したネットワークカメラのデータから、AIのディープラーニングの技術を活用しペットが写っている映像だけを飼い主様のスマートフォンにお届けするアプリサービスです。

アンケートに答えることでこのウェブカメラを無料贈呈するキャンペーンを行っていますので、ご不在時のお家でのワンちゃんの様子が気になる方はぜひご応募ください!


チワワに靴、靴下は必要?注意点はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA